ラッセル『結婚論』第五章 キリスト教倫理 n.9:

第五章 キリスト教倫理 n.9:告解(懺悔)すれば罪を赦免するという戦略

A woman with medium length red hair, wearing a pink shirt, light blue leggings and gray shoes, kneels on a kneeler with soft beige cushion, as she closes and bows her head to pray, both hands together in praying position and resting on top of a beige confessional, that is separating her from a seated priest with balding gray hair, wearing a black clergy gown, white collar, a violet stole worn around his neck, black pants and black shoes, both of his eyes are closed in concentration

このような極端に厳格な理論とともに,カトリック教義は,常に,教会が罪と考えるものに対して,ある程度の寛容さを有していた。カトリック教会は,普通の人間性では教会の戒律に基づいて行動をすることは期待できない,ということを認めてきた。そこで,たとえ姦通(私通)の罪を犯しても,当人がおのれの過ちを認め,告解(懺悔)をするなら,その罪を赦免する用意があった。この実際的な(実際上の)寛容さは,聖職者の権力を増大させる方法の一つとなった。なぜなら,聖職者のみが赦免を申しわたすことができたし,赦免がなければ,姦通(私通)には(来世において)必然的に永遠の地獄の責め苦を伴うから(課されることになるから)である。

新教(プロテスタント)の見方は,多少異なっていて,理論上はカトリックよりも厳しさが少ないけれども,実際上はある面ではカトリックよりもより厳しいものであった。ルターは,「情欲で身を焦がすよりも,結婚したほうがよりよい(ましである)」という聖書の句にいたく感銘しており,また,ある修道女と恋愛関係にも陥っていた。彼は,推論の結果,次のような結論を出した。即ち,独身の誓いを立てはしたが,自分と修道女とは結婚する権利がある,なぜなら,自分の情熱の強さにかんがみ,もしも結婚しなければ,自分は大罪(注:mortal sin = fatal sin)を犯すことになりかねないからである。

新教(プロテスタント/清教徒主義)は,そこで,カトリック教会の特色であった独身礼賛を放棄した。そして,新教運動の活発なところではどこでも,結婚は秘蹟であるという教義も放棄し,ある状況のもとでの離婚を容認した。しかし,新教徒(プロテスタント)は,姦通(私通)からはカトリック教徒以上に衝撃を受け,概して,もっと厳しい道徳的非難の対象とした。カトリック教会は,一定程度の罪は予想し,それに対処する方法も用意していた。これに反して,新教徒は,告解(懺悔)や赦免というカトリックの慣行を捨て,罪ある人を,カトリック教会の場合よりもはるかに絶望的な立場に追いやった。こうした態度は,その両面ともに,現代のアメリカに見ることができる。この国では,離婚はきわめて容易であるが,姦通は,大部分のカトリック教諸国よりもはるかに厳しく非難されるのである。

Chapter V Christian Ethics、n.9

Along with this extremely rigid theory, Catholicism has always had a certain degree of toleration for what it held to be sin. The Church has recognized that ordinary human nature could not be expected to live up to its precepts, and has been prepared to give absolution for fornication provided the sinner acknowledged his fault and did penance. This practical toleration was a method of increasing the power of the clergy, since they alone could pronounce absolution, and but for absolution fornication would entail eternal damnation.
The outlook of Protestantism has been somewhat different, in theory less severe, but in practice in some ways more so. Luther was much impressed by the text “It is better to marry than to burn”, and was also in love with a nun. He inferred that, in spite of vows of celibacy, he and the nun had a right to marry, since otherwise, given the strength of his passions, he would have been led into mortal sin. Protestantism accordingly abandoned the praise of celibacy, which had been characteristic of the Catholic Church, and wherever it was vigorous it also abandoned the doctrine that marriage is a sacrament, and tolerated divorce in certain circumstances. But Protestants were more shocked than Catholics by fornication, and altogether more rigid in their moral condemnations. The Catholic Church expected a certain amount of sin, and arranged methods for dealing with it; the Protestants, on the contrary, abandoned the Catholic practices of confessions and absolution, and left the sinner in a much more hopeless position than he occupies in the Catholic Church. One sees this attitude in both its aspects in modern America, where divorce is exceedingly easy, but adultery is condemned with far more severity than in most Catholic countries.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM05-090.HTM

<寸言>
アメリカのプロテスタントにおいては、離婚は比較的自由であるが、結婚中の不倫に対してどうしてあれほど厳しいかは、新教徒(プロテスタント)と旧教徒(カトリック)の違いを考えるとよく理解できる。

ラッセル『結婚論』第五章 キリスト教倫理 n.8

第五章 キリスト教倫理 n.8:カトリック教会の低俗な結婚観

 子供(をつくること)結婚の目的の一つと認めることは,カトリックの教義の中においてごく部分的なもの(一部を占めるだけ)である。その認識(注:安藤貞雄訳では it を「キリスト教義」と訳出しているが誤訳と思われる。)は,子供を生むことを意図しない性交は罪である,という結論(推論結果)を出すこと(だけ)で尽きてしまう。それは,不妊を理由に結婚を解消することを許すまでに決して至らなかった(至っていない)。どんなに熱心に男(夫)が子供を望んだとしても,妻がたまたま不妊症(子どもを産めない体)であったら,キリスト教倫理にはその男性(夫)には救済策はまったくない。
実は(事の真相は),結婚の積極的な目的,すなわち生殖(出産)は,きわめて従属的な役割を果たしているにすぎず,その主目的は,聖パウロの場合と同様,やはり罪の防止(不貞の防止)にある,ということである。姦淫(私通)やはり舞台の中心を占めており,結婚は依然として,本質的には姦淫(私通)よりはやや嘆かわしくない選択肢(代替案)とみなされている(のである)。
 カトリック教会は,この低俗な結婚観を,結婚は一つの秘蹟(sacrament 秘跡)であるという教義で覆い隠そうとしてきた。この教義の実際的な効力は,結婚は解消できないという結論(推論結果)にある。夫婦(カップル)のどちらがどうであっても,たとえば,一方が発狂したり,梅毒になったり,常習的な酔っぱらい(アルコール中毒)になったり,あるいは,おおっぴらに別の相手と同棲しようとも,二人の関係は依然として神聖のままである。そして,ある事情のもとでは,夫婦の別居(a seperation a mensa et foro)は許されても,再婚する権利は決して認められない。もちろん,多くの場合,このために大変な不幸が生じるが,この不幸は神の意志であるから,耐えなければならない(とされるのである)。

Chapter V Christian Ethics、n.8

The recognition of children as one of the purposes of marriage is very partial in Catholic doctrine. It exhausts itself in drawing the inference that intercourse not intended to lead to children is sin. It has never gone so far as to permit the dissolution of a marriage on the ground of sterility. However ardently a man may desire children, if it happens that his wife is barren he has no remedy in Christian ethics. The fact is that the positive purpose of marriage, namely procreation, plays a very subordinate part, and its main purpose remains, as with St. Paul, the prevention of sin. Fornication still holds the centre of the stage, and marriage is still regarded essentially as a somewhat less regrettable alternative.
The Catholic Church has tried to cover up this low view of marriage by the doctrine that marriage is a sacrament. The practical efficacy of this doctrine lies in the inference that marriage is indissoluble. No matter what either of the partners may do, if one of them becomes insane or syphilitic or an habitual drunkard, or lives openly with another partner, the relation of the two remains sacred, and although in certain circumstances a separation a mensa et foro may be granted, the right to remarry can never be granted. This causes, of course, in many cases a great deal of misery, but since this misery is God’s will it must be endured.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM05-080.HTM

<寸言>
ラッセルはカトリック教会の結婚観は低俗だと糾弾。
カトリック教会が、結婚に関して、どのようにして人々(信者)の心を支配してきたか、また現在支配しているか、あるいは不幸にしてきたか、また不幸にしているかは、カトリック教会の結婚観の変遷及び現状について冷静に考えてみればわかるのではないか?

ラッセル『結婚論』第五章 キリスト教倫理 n.7

ラッセル『結婚論』第五章 キリスト教倫理 n.7:カトリック教会の結婚観

 この主題(結婚や出産などに関するカトリックの教えには,二重の基礎がある。(即ち)一方では,すでに聖パウロに見たように(見出しているように)禁欲主義に基づいており,他方では,できるだけ多くの魂をこの世にもたらすことは -あらゆる魂は救済可能であることから- 善であるとする見解に基づいている。どういう理由からか私にはわからないが,魂は(みな救済可能であるのと)同様に,地獄に墜ちる恐れ(可能性)もある,ということは考慮に入れられていない(注:皮肉)。それでも,このことはかなり関係していると思われる(決して無関係とは思われない)。たとえば,カトリック教徒は,政治的影響力を行使して,新教徒が産児制限をするのをさまたげようとしているが,それにもかかわらず,彼らは,その政治的活動(注:産児制限をさせない活動)によって生まれてくる新教徒の子供の大多数が,来世で永遠の(終わることのない)苦しみに耐えることになる,と考えなければならない。そうすると,カトリック教徒の行為はやや不親切に思われてくるが(注:地獄に陥る予定の新教徒の子どもをなぜ生まれさせるのか? 生まれてこなければ苦しむ必要がないのに,という皮肉),もちろん,これらのことは疑いもなく,俗人(キリスト教の聖職者以外)には理解できそうもない神秘である。

Chapter V Christian Ethics、n.6

Catholic teaching on this subject has a twofold basis : it rests, on the one hand, upon the asceticism which we already find in St. Paul; on the other, upon the view that it is good to bring into the world as many souls as possible, since every soul is capable of salvation. For some reason which I do not understand, the fact that souls are equally capable of damnation is not taken into account, and yet it seems quite as relevant. Catholics, for example, use their political influence to prevent Protestants from practising birth control, and yet they must hold that the great majority of Protestant children whom their political action causes to exist, will endure eternal torment in the next world. This makes their action seem somewhat unkind, but doubtless these are mysteries which the profane cannot hope to understand.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM05-070.HT

<寸言>
信じる者は救われる」と言いながら、「他宗教を信じる者は地獄に墜ちる」と言うことのいい加減さや自分勝手さ。

 

ラッセル『結婚論』第五章 キリスト教倫理 n.6

第五章 キリスト教倫理 n.6:カトリック教会の結婚観

けれども,カトリック教会は,聖パウロやテーバイド(Thebaid)の隠者たちのように,いつまでも非生物学的ではなかった。聖パウロを読むと,結婚は,多かれ少なかれ,合法的な色欲のはけ口としてのみ考えられるべきであると(彼は考えていたと)推定される。聖パウロの言葉から推測すると,産児制限には,彼はまったく反対しないだろうと思われる。それどころか,妊娠と出産に伴う禁欲期間を彼は危険だとみなすのではないか,と想像させられるであろう。

 (これに対し)キリスト教会は,(聖パウロとは)異なる見解をとってきた。正統主義的なキリスト教の教義においては,結婚には二つの目的がある。一つは,聖パウロによって承認されたもの(注:私通の防止)であり,もう一つは,子供を出産することである。その結果,性道徳は,聖パウロがしたよりも,なお一段と難しいものとなった。性交は,結婚生活の中でのみ合法的であるだけでなく,妊娠にいたることを望むのでないかぎり,夫婦の間でさえ罪となる。事実,カトリック教会によれば,合法的な出産(正妻から生まれた子供)を望む気持ちだけが,性交を正当化する唯一の動機である。

しかし,この動機は,いかなる残酷さが性交に伴ったとしても,つねに正当化してしまう。たとえ妻が性交を嫌っても(出産のためならば)(if = even if/以下同様),たとえもう一度妊娠したら死ぬ恐れがあっても,たとえ(生まれる)子供が病気であったり正気でなくなったりしそうであっても,あるいは,たとえ(子どもが生まれると)金がなくて極端な貧乏に陥ることがわかっていても,そういうことは,夫が子供をつくりたいと望むかぎり,婚姻の権利を主張する正当性をさまたげるものではない(のである)。

Chapter V Christian Ethics、n.6

The Catholic Church, however, has not remained so unbiological as St. Paul and the hermits of the Thebaid. From St. Paul one gathers that marriage is to be regarded solely as a more or less legitimate outlet for lust. One would not gather from his words that he would have any objection to birth control ; on the contrary, one would be led to suppose that he would regard as dangerous the periods of continence involved in pregnancy and child-birth. The Church has taken a different view. Marriage in the orthodox Christian doctrine has two purposes: one, that recognized by St. Paul; the other, the procreation of children. The consequence has been to make sexual morality even more difficult than it was made by St. Paul. Not only is sexual intercourse only legitimate within marriage, but even between husband and wife it becomes a sin unless it is hoped that it will lead to pregnancy. The desire for legitimate offspring is, in fact, according to the Catholic Church, the only motive which can justify sexual intercourse. But this motive always justifies it, no matter what cruelty may accompany it. If the wife hates sexual intercourse, if she is likely to die of another pregnancy, if the child is likely to be diseased or insane, if there is not enough money to prevent the utmost extreme of misery, that does not prevent the man from being justified in insisting on his conjugal rights, provided only that he hopes to beget a child.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM05-060.HTM

<寸言>
カトリック教会がなぜ離婚を認めないか、その理屈や心理がよくわかる。
ただし、教会で神の前で結婚を誓っていない結婚は解消しても、カトリックにおいては罪にならない。それゆえ、カトリック教徒が多いフランス人が結婚という形態をとらず、なぜ離婚が多いかよく理解できる。神前で結婚の誓いを述べていない以上、結婚を解消しても自分を納得させることができるという利点があるのである。

ラッセル『結婚論』第五章 キリスト教倫理 n.5:禁欲主義の反動

第五章 キリスト教倫理 n.5:禁欲主義の反動

性に関するこうした見解が一般に広まっていたところにおいては,性関係が起こると,それは明らかに,アメリカの禁酒法(注:Prohibition と大文字になっていることに注意)のもとでの飲酒のように,獣的かつ荒々しいものとなりがちであった。愛の技術は忘れられ,結婚は獣的になった

禁欲主義者たちが,人間の心に,貞節(禁欲生活)が重要であるという,深くかつ永続的な確信を植えつけた勲功(services 功績)は,極めて大きかったが,しかし,その功績も,彼らが結婚に及ぼした有害な影響によって大きく相殺された。教父たちの膨大な著作の中から,結婚制度についての美しい記述が2,3抜粋されてきた。しかし,概して,教父たちの結婚に対する態度(結婚観)ほど粗野かつ不快なものを想像することは困難であろう。死の破壊(死による破壊)を回復するという崇高な目的のために自然が計画(設計)し,また,リンネ(注:Carl von Linne 1707-1778:スウェーデンの博物学者)が示したように,花の世界にまで広がっているこの関係は,常にアダムの堕落の結果として扱われ,結婚はほとんどもっぱら,その最も低級な面のみが考察された。結婚が引き出すやさしい愛及び,それに伴って生じる(follow in its train)神聖かつ美しい家庭的な特質は,ほとんど完全に考慮から省かれてしまった。

 禁欲主義者の目的(目標)は,人びとを純潔の生活に引きつけることであり,その必然の結果として,結婚は,劣った状態として扱われた。結婚は,実際,種の繁殖のために必要なものであり,また,それゆえ,正当化できるものであり,また,人びとをより大きな罪を犯させないために必要なものであると考えられた。しかし,それでもなお,結婚は真の神聖さを熱望する人なら誰でもそこから逃れられる堕落した状態である,と見なされていた。聖ヒエロニムスの威勢のよい言葉を借りると,「純潔の斧で結婚という木を切り倒すこと」は,聖者の目的(end)であった。そして,聖ヒエロニムスが結婚を賛美することに同意したとすれば,それは,単に,結婚によって純潔な人間(子ども)を産み出す(生み出す)からにほかならなかった。結婚の契りが結ばれたあとでさえ,禁欲主義者の情熱にはトゲ(sting)が残っていた。そのトゲが,家庭生活のほかの関係をどんなに辛いものにしたかは,すでに見たとおりである。この中に -(つまり)あらゆるものの中で最も神聖な結婚の中に- そのトゲは十倍の苦しみを注ぎこんだのである。

何か強い宗教的情熱が,夫あるいは妻をとらえれる時はいつも,その最初の影響として,幸福な結びつきを不可能なものにした(のである)。宗教心の強いほうの配偶者が,素早く,独りで禁欲生活を送ることを望んだ。あるいは,少なくとも,表面上は別居しなくても(注:if no ostensible separation took place/ if = even if),結婚したまま別居するという不自然な生活をすることを望んだ。

この種の考え方(the order of ideas)が,教父たちの勧告的な著作や聖人の伝説(文学)の中で占めている膨大な箇所を,この文学部門に関する知識が少しでも持っている人であれば誰もが知っているにちがいない。このようにして,たとえば ほんの2,3の例を挙げるなら 聖ニルスは,すでに子供を二人ももうけていたのに,流行(はやり)の禁欲主義への憧れにとらわれた。そして,彼の妻は,長い年月をかけて説き伏せられて,別居することに同意した。聖アモンは,結婚式の夜(初夜)に花嫁を迎えるにあたって,結婚している状態の罪悪について長い演説をし,その結果,すぐさま別居することに意見が一致した。聖メラニアは,長いこと熱心に夫の説得に努めた末,やっと夫と床を別々にする(同衾しない)ことを承諾させた。聖アブラハムは結婚当夜,妻のもとを逃げ去った。いくらか後の伝記(言い伝え)によると,聖アレクシウスも,同じ手段を講じたが,何年もたって,エルサレムから父親の家に戻ってきた。家では,妻がまだ捨てられたことを嘆いていた。彼は懇願して,慈善行為として宿を与えられ ,そこで,死ぬまで,軽蔑され,認められことなく,人に知られることもなく,死ぬまで暮らした(とのことである)。
(レッキー著『ヨーロッパ道徳史』第二巻,pp.339-341)

It is evident that, where such views concerning sex prevailed, sexual relations when they occurred would tend to be brutal and harsh, like drinking under Prohibition. The art of love was forgotten and marriage was brutalized.
The services rendered by the ascetics in imprinting on the minds of men a profound and enduring conviction of the importance of chastity, though extremely great, were seriously counterbalanced by their noxious influence upon marriage. Two or three beautiful descriptions of this institution have been culled out of the immense mass of the patristic writings; but in general, it would be difficult to conceive anything more coarse or more repulsive than the manner in which they regarded it. The relation which nature has designed for the noble purpose of repairing the ravages of death, and which, as Linnaeus has shown, extends even through the world of flowers, was invariably treated as a consequence of the fall of Adam, and marriage was regarded almost exclusively in its lowest aspect. The tender love which it elicits, the holy and beautiful domestic qualities that follow in its train, were almost absolutely omitted from consideration. The object of the ascetic was to attract men to a life of virginity, and as a necessary consequence, marriage was treated as an inferior state. It was regarded as being necessary, indeed, and therefore justifiable, for the propagation of the species, and to free men from greater evils ; but still as a condition of degradation from which all who aspired to real sanctity could fly. To “cut down by the axe of Virginity the wood of Marriage” was, in the energetic language of St. Jerome, the end of the saint ; and if he consented to praise marriage, it was merely because it produced virgins. Even when the bond had been formed, the ascetic passion retained its sting. We have already seen how it embittered other relations of domestic life. Into this, the holiest of all, it infused a tenfold bitterness. Whenever any strong religious fervour fell upon a husband or a wife, its first effect was to make a happy union impossible. The more religious partner immediately desired to live a life of solitary asceticism, or at least, if no ostensible separation took place, an unnatural life of separation in marriage. The immense place this order of ideas occupies in the hortatory writings of the fathers, and in the legends of the saints, must be familiar to all who have any knowledge of this department of literature. Thus –to give but a very few examples– St. Nilus, when he had already two children, was seized with a longing for the prevailing asceticism, and his wife was persuaded, after many tears, to consent to their separation. St. Ammon, on the night of his marriage, proceeded to greet his bride with an harangue upon the evils of the married state, and they agreed, in consequence, at once to separate. St. Melania laboured long and earnestly to induce her husband to allow her to desert his bed before he would consent. St. Abraham ran away from his wife on the night of his marriage. St. Alexis, according to a somewhat later legend, took the same step, but many years after returned from Jerusalem to his father’s house, in which his wife was still lamenting her desertion, begged and received a lodging as an act of charity, and lived there despised, unrecognized, and unknown till his death.
(note: W. E. H. Lecky, History of Europen Morals, vol. ii, pp. 339-341)
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM05-050.HTM

<寸言>
人口密度が低く自然環境が厳しくない地域においては禁欲主義はそれほど発達しないであろう。
禁欲を強いる社会的圧力は、禁欲する者が一部に限られ、禁欲によって社会的評価が高くなる場合は長続きするであろうが、そうでない場合は、人間性は反逆し、長続きしない。社会が豊かになっていき、身分制社会が崩壊すれば、個々人は主張するようになり、為政者もそれを無視できなくなる。

ラッセル『結婚論』第五章 キリスト教倫理 n.4

第五章 キリスト教倫理 n.4::「肉体の清潔=魂の不潔」という考え

 キリスト教会は,入浴の習慣を攻撃したが,その理由(根拠)は,肉体をいっそう魅力的にするものは,すべて罪へと向かう(罪を生む)傾向があるということであった。垢(あか)は称賛され,高潔(神聖)を示すその匂いは,ますます鼻を衝くものとなった。聖パーオラ(St. Paula)は,「肉体とそれを包む衣服の清潔さは魂の不潔さを意味する。」(出典:ハヴェロック・エリス著『性心理の研究』第四巻,p.31)シラミは神の真珠と呼ばれ,シラミだらけであることが,聖者としての不可欠の印であった
 隠修士の聖アブラハムは,(キリスト教への)改宗後50年間も生きたけれども,改宗したその日から,顔も足も洗うことを強く拒んだ。彼は,まれに見る美男子であったと言われており,彼の伝記作家は,「聖アブラハムの顔は,彼の魂の清らかさを映していた」と,いささか奇妙な言い方をしている。聖アモンは,自分の裸体を見たことがなかった。シルヴィアという名前のある有名な処女は,60歳になっていたのに,また,自分の体が弱い(病気がちである)のは(生活)習慣の結果であったが,宗教上の原理原則に基づいて,指のほかは,体のどの部分を洗うことも断固として拒否した。聖エウフラシア修道女(St. Euphraxis)は,130人の修道女のいる女子修道院(convent)の一員となったが,修道女たちは一度も足を洗ったことがなく,風呂の話が出ると身ぶるいした。
 ある隠者(anchorite 世捨て人)は,かつて,垢と何年も陽にさらされたために真っ黒になった裸の生きものが,白髪を風になびかせながら,目の前の砂漠を滑るように過ぎ去っていくのを目にした時,悪魔の幻影が自分をあざけっているのだと想像した。それはかつては美しかった女性の,エジプトの聖メアリーであり,彼女はそのようにして47年間,自分の罪を償ってきたのであった。修道士が時折堕落して身ぎれいにする習慣に陥ったりすれば,大変な非難の対象となった。大修道院長のアレクサンダーは,「我々の教父たちは,決して顔を洗わなかった。しかし,私たちは公衆浴場にしょっちゅう出入りしている。」と悲しそうに昔を回顧しながら言った。

 砂漠の中にある修道院について,次のような話が伝えられている。修道士たちは,飲み水の不足で非常に苦しんでいたが,大修道院長テオドシウスの祈りで,豊富な水が流れ出てきた。だが,間もなく,一部の修道士が,豊かな水の出に誘惑されて,昔の禁欲生活の道を離れて,流れ出る水を活用して風呂場を作るように大修道院長を説得した。風呂が作られた。たった一度だけ,修道士たちは沐浴(もくよく)を楽しんだが,それで水の流れは,止まってしまった。祈りも,涙も,断食も,なんの役にも立たなかった。まる一年が過ぎた。ついに大修道院長は,神の不興の対象であった風呂をこわした。すると,水が再び流れ出した。(出典:レッキー『ヨーロッパ道徳史』第二巻,pp.117-118)M

Chapter V Christian Ethics, n.4

The Church attacked the habit of the bath on the ground that everything that makes the body more attractive tends towards sin. Dirt was praised, and the odour of sanctity became more and more penetrating. “The purity of the body and its garments”, said St. Paula, “means the impurity of the soul.”(* note: Havelock Ellis, Studies in the Psychology of Sex, vo1. iv, p. 3I) Lice were called the pearls of God, and to be covered with them was an indispensable mark of a holy man.
St. Abraham, the hermit, however, who lived for fifty years after his conversion, rigidly refused from that date to wash either his face or his feet. He was, it is said, a person of singular beauty, and his biographer somewhat strangely remarks that “his face reflected the purity of his soul”. St. Ammon had never seen himself naked. A famous virgin, named Silvia, though she was sixty years old, and though bodily sickness was a consequence of her habits, resolutely refused, on religious principles, to wash any part of her body except her fingers. St. Euphraxis joined a convent of 130 nuns who never washed their feet, and who shuddered at the mention of a bath. An anchorite once imagined that he was mocked by an illusion of the devil, as he saw gliding before him through the desert a naked creature black with filth and years of exposure, and with white hair floating to the wind. It was a once beautiful woman, St. Mary of Egypt, who had thus, during forty-seven years, been expiating her sins. The occasional decadence of the monks into habits of decency was a subject of much reproach. “Our fathers”, said the abbot Alexander, looking mournfully back to the past, “never washed their faces, but we frequent the public baths.” It was related of one monastery in the desert that the monks suffered greatly from want of water to drink; but at the prayer of the abbot Theodosius a copious stream was produced. But soon some monks, tempted by the abundant supply, diverged from their old austerity, and persuaded the abbot to avail himself of the stream for the construction of the bath. The bath was made. Once, and once only, did the monks enjoy their ablutions, when the stream ceased to flow. Prayers, tears, and fastings were in vain. A whole year passed. At last the abbot destroyed the bath, which was the object of the Divine displeasure, and the waters flowed afresh.(note: W. E. H. Lecky, mstor} ofEuropcan Morals, vol. ii, pp. I I7-I8.)
ustful visions.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM05-040.HTM

<寸言>
砂漠だらけの水が貴重な地域では、水を節約するために,不潔で居ることが魂の高潔さに必要だという迷信を培ったということは納得できるかも知れない。しかし、モンスーン地方で蒸し暑くて雨が多いところではそういった迷信は育たないであろう。衣類に対して無頓着になる者は多くても、豊富にある雨水や山から流れてくる水を利用できるのだから、水を節約する必要がなり。

ラッセル『結婚論』第五章 キリスト教倫理 n.3

第五章 キリスト教倫理 n.3:旧約聖書と新約聖書の大きな違いの一つ

 あらゆる私通(姦淫)を非難することは,キリスト教では目新しいことであった。旧約聖書は,大部分の初期の文明の道徳律(codes)同様,姦淫(不貞)を禁止しているが,旧約聖書の言う姦淫(不貞)とは,既婚婦人との性交という意味である。これは,旧約聖書を注意深く読む人なら誰にとっても明らかなことである。たとえば,アブラハムがサラを連れてエジプトヘ行ったとき,サラは自分の妹であると王に伝える。王は,これを信じて,サラをハーレムに入れる。その後,サラがアブラハムの妻だということが明らかになると,王は,自分が知らず知らずのうちに罪を犯したことを知ってショックを受け,その事実を打ち明けなかったことに対して,アブラハムをとがめる。これが,古代における普通の道徳律であった。婚外性交をした女性は,悪く思われたが,男性は,他人の妻と性交しないかぎり,非難されることはなかった。他人の妻と性交する場合は,財産を侵害する罪であった。
婚外の性交はすべて不道徳であるというキリスト教の見解は,上述の聖パウロからの引用に見るように,あらゆる性交は,たとえ結婚している場合においても遺憾なものである,という見解に基づいていた。この種の見解は,生物学的事実に反するものであり,正気の人からは病的な精神異常としかみなされない。こういう見解がキリスト教倫理に埋め込まれているために,キリスト教は,その全歴史を通じて,精神異常と不健康な人生観に向かわせる勢力になってしまった。
聖パウロの見解は,初期教会によって強調され,誇張された。独身は神聖なものとみなされ,人びとは世を捨てて砂漠に行き,サタンと戦ったが,その間,サタンは人びとの想像力を好色の幻影でいっぱいにしたのだった。

Chapter V Christian Ethics, n.3

Condemnation of all fornication was a novelty in the Christian religion. The Old Testament, like most codes of early civilization, forbids adultery, but it means by adultery intercourse with a married woman. This is evident to anyone who reads the Old Testament attentively. For example, when Abraham goes to Egypt with Sarah he tells the king that Sarah is his sister, and the king, believing this, takes her into his harem; when it subsequently transpires that she is Abraham’s wife, the king is shocked to find that he has unwittingly committed sin, and reproaches Abraham for not having told him the facts. This was the usual code of antiquity. A woman who had intercourse outside marriage was thought ill of, but a man was not condemned unless he had intercourse with the wife of another, in which case he was guilty of an offence against property. The Christian view that all intercourse outside marriage is immoral was, as we see in the above passages from St. Paul, based upon the view that all sexual intercourse, even within marriage, is regrettable. A view of this sort, which goes against biological facts, can only be regarded by sane people as a morbid aberration. The fact that it is embedded in Christian ethics has made Christianity, throughout its whole history, a force tending towards mental disorders and unwholesome views of life.
St. Paul’s view were emphasized and exaggerated by the early Church; celibacy was considered holy, and men retired into the desert to wrestle with Satan while he filled their imaginations with lustful visions.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM05-030.HTM

<寸言>
家父長制の社会においては、家長にとっては、妻も子供も財産の一種となる。従って、妻と私通をした相手の男に対しては、自分の財産をよくも勝手に使ってくれたな、という怒りになる。妻に対する愛情がない場合でも、私有財産に対する侵害はゆるされざることとして相手にその損害の補填を求めることになる。

ラッセル『結婚論』第五章 キリスト教倫理 n.2

第五章 キリスト教倫理 n.2:羊と山羊

 この一節で聖パウロ子供のことは一言も言及していないことがわかるであろう。つまり,結婚の生物学的な目的は,聖パウロにとってまったく重要ではないようである。これは,まったく当然なことである。と言うのは,聖パウロは,キリストの再臨(再生)がさし迫っており世界は間もなく終わるだろうと思っていたからである。キリスト再臨の際には,人びとは羊と山羊に分けられる(二分される)運命にあり,そうして(それゆえ)真に重要なことはその時に自分が羊のグループに入ることだけであった。聖パウロは,性交は,結婚生活においてさえ,救いを勝ち取る際にかなりの障害になると考える(「コリントの信徒への書簡その一」第七章第32~第34節)。にもかかわらず,結婚した人びとも救われることは可能である。しかし,私通(姦淫)は致命的な罪(大罪)であり,私通(姦淫)をして悔い改めない者は,必ず山羊のグループに入る(ことになる)

私はかつて,医者に喫煙の習慣をやめるように助言されたことを覚えている。また,彼は(その時)たばこを吸いたくなったらいつでも,酸っぱいドロップをなめる(しゃぶる)ようにすれば容易にやめらるはずです,と言った。聖パウロが結婚を勧めるのはこの精神からである。聖パウロは,結婚は私通(姦淫)とまったく同じように楽しいものだとは示唆しないが,結婚すれば,意志の弱い信者仲間も誘惑に抵抗できるのではないか,と考える。聖パウロは,結婚には何か積極的によいものがあるかもしれないとか,夫婦間の愛情は美しく望ましい場合もあるとかも知れないというようなことは,一瞬たりとも示唆しないし(ほのめかさないし),家族にもまったく関心を示さない。(つまり)聖パウロの考え(思考/思索)の中では,私通(姦淫)が舞台の中心を占めており,彼の性倫理は,すべて私通(姦淫)と結び付けられて取り決められている(整理されている)のである。それは,あたかも,パンを焼く理由は人びとがケーキを盗まないようにするためである,と主張するようなものである。

聖パウロは,なぜ私通(姦淫)がそれほど邪悪なものと考えるのか,教えてくだされない(注:deign 恐れ多くも・・・してくれない,といった揶揄しているような表現か?)。聖パウロは,モーセの律法を投げ捨て,それゆえ,豚肉を食べてるのは自由であるが,それにもかかわらず,自分の道徳は正統派のユダヤ人の道徳に劣らず厳格なものであることを示したかったのではないか,と勘ぐりたくなる。もしかすると,豚肉が禁止されていた期間が長かったために,ユダヤ人には豚肉が私通(姦淫)と同じくらい甘美なものに思われるようになったのかもしれない。そしてそれゆえ,聖パウロは,自分の教義の禁欲的要素について,特に強調する必要があったのであろう。(注:半分冗談)

Chapter V Christian Ethics

It will be seen that in this passage St. Paul makes no mention whatever of children: the biological purpose of marriage appears to him wholly unimportant. This is quite natural, since he imagined that the Second Coming was imminent and that the world would soon come to an end. At the Second Coming men were to be divided into sheep and goats, and the only thing of real importance was to find oneself among the sheep on that occasion. St. Paul holds that sexual intercourse, even in marriage, is something of a handicap in the attempt to win salvation (I Cor. viii. 32-34). Nevertheless it is possible for married people to be saved, but fornication is deadly sin, and the unrepentant fornicator is sure to find himself among the goats. I remember once being advised by a doctor to abandon the practice of smoking, and he said that I should find it easier if, whenever the desire came upon me, I proceeded to suck an acid drop. It is in this spirit that St. Paul recommends marriage. He does not suggest that it is quite as pleasant as fornication, but he thinks it may enable the weaker brethren to withstand temptation; he does not suggest for a moment that there may be any positive good in marriage, or that affection between husband and wife may be a beautiful and desirable thing, nor does he take the slightest interest in the family; fornication holds the centre of the stage in his thoughts, and the whole of his sexual ethics is arranged with reference to it. It is just as if one were to maintain that the sole reason for baking bread is to prevent people from stealing cake. St. Paul does not deign to tell us why he thinks fornication so wicked. One is inclined to suspect that, having thrown over the Mosaic Law, and being therefore at liberty to eat pork, he wishes to show that his morality is nevertheless quite as severe as that of orthodox Jews. Perhaps the long ages during which pork had been prohibited had made it seem to the Jews as delicious as fornication, and therefore he would need to be emphatic as regards the ascetic elements in his creed.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM05-020.HTM

<寸言>
最後の審判の時、自分は山羊ではなく羊にいたいという熱心なキリスト教信者。山羊に失礼だが、豚も宗派によって扱いがかなり異なる。モーセの律法に従う者は豚を食べないが、そうでないものは豚を食べる。牛を神聖なものとして食べないインド人。というわけで、羊も山羊も豚も牛も、住む国や地域によって、天国になったり、地獄になったりする。利口な高等動物はそれぞれが独自の神を創造し、天国や地獄を創るということか?

ラッセル『結婚論』第五章「キリスト教倫理」n.1

第五章 キリスト教倫理 n.1

 ウェスターマークは言う。「家族は結婚に根ざしているというよりも,結婚は家族に根ざしている。」
この見解は,キリスト教以前の時代には,自明の理(truism)であったであろうが,キリスト教出現以降は,強調する必要のある重要な命題となった。キリスト教,とりわけ聖パウロは,まったく新しい結婚観を導入した。即ち,結婚は,主として子供を生むためにあるのではなく,私通の罪を防ぐためにある,というものである
 聖パウロの結婚観は,いたれりつくせりと言ってよいほど(leaves nothing to be desired)明確に,「コリントの信徒への書簡その一」に述べられている。コリントのキリスト教徒は,継母と不義をする奇習があったように思われる (同書第五章第一節)。そこで,聖パウロは,この状況は,断固として対処する必要があると感じた。聖パウロが述べている見解は,次のとおりである。(同書第7章第1-9節)

「さて,あなたが書いてよこしたことについて言えば,男は女に触れないほうがよい。
しかし,みだらな行ない(私通/姦淫)を避けるために,男は各自妻を持ち,また,女は各自夫を持たせなさい
夫は妻にその務め(当然の善き行い)を果たさせ,同様に妻も夫にその務めを果たさせよ。
妻は自分の体を自分の意のままにする権利を持たず,夫がそれを持っています。同様に,夫も自分の体を自分の意のままにする権利を持たず,妻がそれを持っているのです。
互いに相手を拒んではいけません(むりやりだましとってはいけません)。ただ,納得しあった上で,もっぱら断食や祈りに時を過ごすためにしばらく離れるのなら話は別です。
た,あなたがたが自制する力がないのに乗じて悪魔が誘惑しないように,またいっしょになりなさい
しかし,私は,そうしてもよいと言っているのであって,そうしなさいと命じているのではありません。
 というのは,私はみなが私と同じであること(独身であること)を望みます。しかし,人はそれぞれ神から 賜物をもらっているのですから,ある人はこのやり方を,別の人はこのやり方を,というように,人によって生き方が異なります。
未婚者とやもめに言いますが,みな私のように独りでいるほうがよいでしょう。
 しかし,自制ができないのであれば結婚しなさい。情欲で身を焦がすよりは,結婚したほうがましだからです。 」

Chapter IV Phallic Worship, Asceticism and Sin, n.9

“Marriage”, Says Westermarck, “is rooted in family rather than family in marriage.” This view would have been a truism in pre-Christian times, but since the advent of Christianity it has become an important proposition needing to be stated with emphasis. Christianity, and more particularly St. Paul, introduced an entirely novel view of marriage, that it existed not primarily for the procreation of children, but to prevent the sin of fornication.
The views of St. Paul on marriage are set forth, with a clarity that leaves nothing to be desired, in the First Epistle to the Corinthians. The Corinthian Christians, one gathers, had adopted the curious practice of having illicit relations with their step-mothers (I Cor. V. I), and he felt the situation needed to be dealt with emphatically. The views which he set forth are as follows (note: I Cor. vii, 1-9) :

Now concerning the things whereof ye wrote unto me: It is good for a man not to touch a woman.
Nevertheless, to avoid fornication, let every man have his own wife, and let every woman have her own husband.
Let the husband render unto the wife due benevolence: and likewise also the wife unto the husband.
The wife hath not power of her own body, but the husband : and likewise also the husband hath not power of his own body, but the wife.
Defraud ye not one the other, except it be with consent for a time, that ye may give yourselves to fasting and prayer; and come together again, that Satan tempt you not for your incontinency.
But I speak this by permission, and not of commandment.
For I would that all men were even as I myself. But every man hath his proper gift of God, one after this manner, and another after that.
I say therefore to the unmarried and widows, It is good for them if they abide even as I.
But if they cannot contain, let them marry; for it is better to marry than to burn.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM05-010.HTM

<寸言>
結婚は同棲とは異なり、法的な制度(社会制度)。しかし、統治(政治的統治や精神的統治)する立場の者は、結婚制度に自分たちに都合のよい理屈や意義を付与して、統治の一助とする。

ラッセル『結婚論』第四章 男根崇拝,禁欲主義および罪 n.8:禁欲主義発生の原因

第四章 男根崇拝,禁欲主義および罪 n.8:禁欲主義発生の原因?

これまで考察したどれよりもはっきりしない原因が(ほかにもあって),古代世界の後期に次第に強まってきた禁欲主義と関係があったのではないか,と私は思っている。人生が愉快に見え,人間が精力的で,現世に存在する(生きる)喜びが十分あり,完全な満足が得られる時代もある。(また)人間が飽き飽き(倦怠)しているように見え,この世もその喜びも不十分で,人びとが現世(注: sublunary scene 月下=この世界)の本来の虚しさを埋め合わせようと,魂の慰めや来世に頼ろうとする時代もある。

「雅歌」のソロモンと「伝道の書」のソロモンとを比較してみよ。前者は全盛期の古代世界を,後者は衰退期の古代世界を表わしている。私は,この違いの原因が何であるかを理解している,と公言するつもりはない。もしかすると,戸外の活動的な生活の代わりに,座りっぱなしになりがちな都会生活を選んだためというような,ごく単純かつ生理学的な原因であったかもしれない。もしかすると,ストア学派の哲学者たちは肝臓の働きが不活発であったのかもしれない。もしかすると,「伝道の書」の作者は,運動不足のためにいっさいがむなしいと思ったのかもしれない。

それはともかく,このような気分は,容易に,性を非難する態度に導くことは疑いない。おそらく,これまで示唆した諸原因,及びその他さまざまな原因が,古代後半の数世紀の一般的な倦怠を生み出すのに寄与した(力を添えた)のであろう。そして,禁欲主義は,この倦怠の一つの特色であったのである。

不幸にして,キリスト教倫理が形成されたのは,この退廃的で病的な時代のことであった。その後の時代の精力旺盛な男性たちは,生物学的な価値の感覚や,人間の生命が連続しているという感覚をすっかり失った,病み,疲れ,幻滅した人びとの人生観にそむかない行動をするように,最善を尽くさなければならなかった。けれども,これは次章の話題(次章でとりあげるテーマ)である。

Chapter IV Phallic Worship, Asceticism and Sin, n.8

I suspect that other causes more obscure than any we have yet considered had to do with the increasing asceticism of the ancient world in its later days. There are epochs when life seems cheerful, when men are vigorous, and when the joys of this mundane existence are sufficient to give complete satisfaction. There are other epochs when men seem weary, when this world and its joys do not suffice, and when men look to spiritual consolation or a future life to make up for the natural emptiness of this sublunary scene. Compare the Solomon of the “Song of Songs” with the Solomon of Ecclesiastes; the one represents the ancient world in its prime, the other in its decay. What is the cause of this difference I do not profess to know. Perhaps it is something very simple and physiological, such as the substitution of a sedentary urban life for an active life in the open air; perhaps the Stoics had sluggish livers; perhaps the author of Ecclesiastes thought that all is vanity because he did not take enough exercise. However that may be, there is no doubt that a mood such as this leads easily to a condemnation of sex. Probably the causes we have suggested, and various others also, contributed to the general weariness of the later centuries of antiquity, and of this weariness asceticism was one feature. Unfortunately it was in this decadent and morbid period that the Christian ethic was formulated. The vigorous men of later periods have had to do their best to live up to an outlook on belonging to diseased, weary and disillusioned men who had lost all sense of biological values and the continuity of human life. This topic, however, belongs to our next chapter.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM04-080.HTM

<寸言>
社会の全盛期には多くの人が元気になり、衰退期には多くの人が元気がなくなる。また、いかなる時代いおいても、その人の全盛期には意気盛んになり、衰退期には意気消沈する。
それはそれとして、キリスト教倫理が形成されたのは,退廃的で病的な時代のことであった。