(本館) (トップ) (分館)
バートランド・ラッセルのポータルサイト用の日本語看板画像

バートランド・ラッセル 結婚論 第5章
禁欲主義の悪影響(松下彰良 訳)

Marriage and Morals, 1929, by Bertrand Russell

Back(前ページ)  Forward (次ページ) 第5章イントロ索引 Contents(総目次)

第五章 キリスト教倫理

 性に関するこうした見解が一般に広まっていたところにおいては、性関係が起こると、それは明らかに、アメリカの禁酒法(注:Prohibition と大文字になっていることに注意)のもとでの飲酒のように、獣的かつ荒々しいものとなりがちであった。愛の技術は忘れられ、結婚は獣的になった。
 禁欲主義者たちが、人間の心に、貞節(禁欲生活)が重要であるという、深くかつ永続的な確信を植えつけた勲功(services 功績)は、極めて大きかったが、しかし、その功績も、彼らが結婚に及ぼした有害な影響によって大きく相殺された。教父たちの膨大な著作の中から、結婚制度についての美しい記述が2,3抜粋されてきた。しかし、概して、教父たちの結婚に対する態度(結婚観)ほど粗野かつ不快なものを想像することは困難であろう。死の破壊(死による破壊)を回復するという崇高な目的のために自然が計画(設計)し、また、リンネ(注:Carl von Linne 1707-1778:スウェーデンの博物学者)が示したように、花の世界にまで広がっているこの関係は、常にアダムの堕落の結果として扱われ、結婚はほとんどもっぱら、その最も低級な面のみが考察された。結婚が引き出すやさしい愛及び、それに伴って生じる(follow in its train)神聖かつ美しい家庭的な特質は、ほとんど完全に考慮から省かれてしまった。
 禁欲主義者の目的(目標)は、人びとを純潔の生活に引きつけることであり,その必然の結果として、結婚は、劣った状態として扱われた。結婚は、実際、種の繁殖のために必要なものであり、また、それゆえ、正当化できるものであり、また、人びとをより大きな罪を犯させないために必要なものであると考えられた。しかし、それでもなお、結婚は真の神聖さを熱望する人なら誰でもそこから逃れられる堕落した状態である、と見なされていた。聖ヒエロニムスの威勢のよい言葉を借りると、「純潔の斧で結婚という木を切り倒すこと」は、聖者の目的(end)であった。そして、聖ヒエロニムスが結婚を賛美することに同意したとすれば、それは、単に,結婚によって純潔な人間(子ども)を産み出す(生み出す)からにほかならなかった。結婚の契りが結ばれたあとでさえ、禁欲主義者の情熱にはトゲ(sting)が残っていた。そのトゲが、家庭生活のほかの関係をどんなに辛いものにしたかは、すでに見たとおりである。この中に −(つまり)あらゆるものの中で最も神聖な結婚の中に− そのトゲは十倍の苦しみを注ぎこんだのである。
 何か強い宗教的情熱が,夫あるいは妻をとらえれる時はいつも,その最初の影響として、幸福な結びつきを不可能なものにした(のである)。宗教心の強いほうの配偶者が、素早く、独りで禁欲生活を送ることを望んだ。あるいは、少なくとも、表面上は別居しなくても(注:if no ostensible separation took place/ if = even if)結婚したまま別居するという不自然な生活をすることを望んだ。
 この種の考え方(the order of ideas)が、教父たちの勧告的な著作や聖人の伝説(文学)の中で占めている膨大な箇所を、この文学部門に関する知識が少しでも持っている人であれば誰もが知っているにちがいない。このようにして,たとえば ほんの2,3の例を挙げるなら 聖ニルスは、すでに子供を二人ももうけていたのに、流行(はやり)の禁欲主義への憧れにとらわれた。そして、彼の妻は、長い年月をかけて説き伏せられて、別居することに同意した。聖アモンは、結婚式の夜(初夜)に花嫁を迎えるにあたって、結婚している状態の罪悪について長い演説をし、その結果、すぐさま別居することに意見が一致した。聖メラニアは、長いこと熱心に夫の説得に努めた末、やっと夫と床を別々にする(同衾しない)ことを承諾させた。聖アブラハムは結婚当夜、妻のもとを逃げ去った。いくらか後の伝記(言い伝え)によると、聖アレクシウスも、同じ手段を講じたが、何年もたって、エルサレムから父親の家に戻ってきた。家では、妻がまだ捨てられたことを嘆いていた。彼は懇願して、慈善行為として宿を与えられ 、そこで、死ぬまで、軽蔑され、認められことなく、人に知られることもなく、死ぬまで暮らした(とのことである)。
(レッキー著『ヨーロッパ道徳史』第二巻、pp.339-341)











Chapter V Christian Ethics

It is evident that, where such views concerning sex prevailed, sexual relations when they occurred would tend to be brutal and harsh, like drinking under Prohibition. The art of love was forgotten and marriage was brutalized.
The services rendered by the ascetics in imprinting on the minds of men a profound and enduring conviction of the importance of chastity, though extremely great, were seriously counterbalanced by their noxious influence upon marriage. Two or three beautiful descriptions of this institution have been culled out of the immense mass of the patristic writings; but in general, it would be difficult to conceive anything more coarse or more repulsive than the manner in which they regarded it. The relation which nature has designed for the noble purpose of repairing the ravages of death, and which, as Linnaeus has shown, extends even through the world of flowers, was invariably treated as a consequence of the fall of Adam, and marriage was regarded almost exclusively in its lowest aspect. The tender love which it elicits, the holy and beautiful domestic qualities that follow in its train, were almost absolutely omitted from consideration. The object of the ascetic was to attract men to a life of virginity, and as a necessary consequence, marriage was treated as an inferior state. It was regarded as being necessary, indeed, and therefore justifiable, for the propagation of the species, and to free men from greater evils ; but still as a condition of degradation from which all who aspired to real sanctity could fly. To "cut down by the axe of Virginity the wood of Marriage" was, in the energetic language of St. Jerome, the end of the saint ; and if he consented to praise marriage, it was merely because it produced virgins. Even when the bond had been formed, the ascetic passion retained its sting. We have already seen how it embittered other relations of domestic life. Into this, the holiest of all, it infused a tenfold bitterness. Whenever any strong religious fervour fell upon a husband or a wife, its first effect was to make a happy union impossible. The more religious partner immediately desired to live a life of solitary asceticism, or at least, if no ostensible separation took place, an unnatural life of separation in marriage. The immense place this order of ideas occupies in the hortatory writings of the fathers, and in the legends of the saints, must be familiar to all who have any knowledge of this department of literature. Thus --to give but a very few examples-- St. Nilus, when he had already two children, was seized with a longing for the prevailing asceticism, and his wife was persuaded, after many tears, to consent to their separation. St. Ammon, on the night of his marriage, proceeded to greet his bride with an harangue upon the evils of the married state, and they agreed, in consequence, at once to separate. St. Melania laboured long and earnestly to induce her husband to allow her to desert his bed before he would consent. St. Abraham ran away from his wife on the night of his marriage. St. Alexis, according to a somewhat later legend, took the same step, but many years after returned from Jerusalem to his father's house, in which his wife was still lamenting her desertion, begged and received a lodging as an act of charity, and lived there despised, unrecognized, and unknown till his death.
(note: W. E. H. Lecky, History of European Morals, vol. ii, pp. 339-341)
(掲載日:2016.06.28/更新日: )