保育園の充実よりも,軍事力の増強を?

 保育園が一般的になれば,現在諸階級を分断している教育上の深刻な相違(差)を一世代のうちに取り払い,現在では最も好運な人びとのみに限られている心身の発達を,全ての人々が享受することを可能にし,また(さらに),今日進歩を困難にしている病気や愚かさや悪意といった恐ろしい重荷を取り除くことができるだろう。1918年の教育法のもと,保育園は国費(の助成)のよって促進される予定になっていた。
しかし,ゲデス削減案(注:1922年に英国の前運輸省長官で実業家エリック・ゲデス Eric Geddesを長とする委員会が提出した大幅な歳出削減案)が通過したとき,日本との戦争を容易にするために,巡洋艦を建造し,シンガポールのドックを造るほうが重要であると決定されてしまった目下,政府は,デンマーク産の純正バターを食べるよりも,大英帝国の自治領産のベーコンやバターに含まれる防腐剤で国民が自らに毒を盛るように仕向ける目的で,年間65万ポンドを費やしている。
この目的を確かなものにするために,わが国(英国)の子供たちは,病気と不幸に苦しみ,知性をめざめさせないように運命づけられているが,(仮に),年間同額の予算が保育園のために使われたならば,多くの人びとが(こういった不幸さから)救われるだろう。母親たち,今は投票権を持っている。(注:本書の出版は1926年だが,英国においては女性の制限選挙権が1918年に,男女平等の普通選挙権が1928年に認められた。)彼女たちは,いつの日か,わが子の幸せのためにそれを行使するようになるのだろうか?

The nursery school, if it became universal, could, in one generation, remove the profound differences in education which at present divide the classes, could produce a population all enjoying the mental and physical development which is now confined to the most fortunate, and could remove the terrible deadweight of disease and stupidity and malevolence which now makes progress so difficult. Under the Education Act of 1918, nursery schools were to have been promoted by Government money ; but when the Geddes Axe descended it was decided that it was more important to build cruisers and the Singapore Dock for the purpose of facilitating war with the Japanese. At the present moment the Government is spending £650,000 a year on such purposes as inducing people to poison themselves with preservatives in Dominion bacon ,and butter rather than eat pure butter from Denmark. To secure this end our children are condemned to disease and misery and unawakened intelligence, from which multitudes could be saved by the same sum a year spent on nursery schools. The mothers now have the vote; will they some day learn to use it for the good of their children?
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 13: Nursery School
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE13-050.HTM

<寸言>
国家主義者や軍国主義者の発想は、いつの時代も、どこの国も同様。
アベノミクスを支えるために、武器輸出を解禁し、原発を世界に売りさばこうとする安倍政権。口では保育園の充実を「叫んで」いるが、軍事費のなかの無駄を省くだけで、保育園の拡充は簡単にできるはず。しかし「愛国無罪」であり、「国民の命を守る」というお題目をたてることによって批判をかわすばかり。

マクミラン女史の保育園は1歳から小学校にあがるまで子供を預かる

 現在(注:1926年頃の英国),親の地位(身分)に応じて,二種類の学校がある。裕福な(親を持つ)子どものためのフレーベル式の学校モンテッソーリ式の学校があり,とても貧しい(親を持つ)子供のための少数の保育園がある。後者のうちで最も有名なものは,マクミラン女史の保育園であり,これについては,上述の著書の中に,子供を愛するすべての人が読むべき解説がある。私は,現行の裕福な子供たちの学校は,いずれも女史の保育園よりも劣るのではないかという意見に傾いている。その理由は,ひとつには,マクミランのほうがより多くの子供を扱っているからであり,ひとつには,彼女は中流階級の俗物根性が教師に押しつける小うるささに煩わされていないからである。教育当局(文部当局)は,子供は5歳から普通の小学校へ行くべきだという見解に傾いているけれども,彼女はできれば1歳から7歳までの子供を預かることを目指している
子供たちは,朝8時にやってきて,夕方6時まで保育園にいる。食事はすべて保育園でとる。できるだけ戸外で時を過ごし,室内でも普通よりずっと多くの新鮮な空気を与えられている。入園に先立って,子供は医学的な検査を受け,(健康に問題があるならば)可能ならば診療所や病院で治療してもらう。入園後は,ごくまれな例外をのぞいて,子供たちは健康になり,ずっとその状態が続く。(保育園には)広々とした美しい庭があり,(子どもたちは)多くの時間をそこで遊んで過ごす。教え方は,ほぼ,モンテッソーリ方式に沿っている。昼食後(注:After dinner 貧しい家庭の子どもたちにとっては,昼食がディナー 正餐となる,という含意が少しあるのか?),子供たちは皆昼寝をする。夜や日曜日は貧乏に打ちひしがれた家庭(我が家)で,ことによると酔っぱらった親といっしょに地下室で過ごさなければならないというにもかかわらず,彼らの体格や知能は,中流階級の子供たちが達する最上のタイプに匹敵するようになる。

There are, at present, two kinds of schools, according to the status of the parents. There are Froebel schools and Montessori schools for well-to-do children, and there are a small number of nursery schools for very poor children. Of the latter, the most famous is Miss McMillan’s, of which the above-mentioned book gives an account which should be read by every lover of children. I am inclined to think that no existing school for well-to-do children is as good as hers, partly because she has larger numbers, partly because she is not troubled by the fussiness which middle-class snobbery obtrudes upon teachers. She aims at keeping children, if possible, from one year old till seven, though the education authorities incline to the view that the children ought to go to an ordinary elementary school at the age of five. The children come at eight in the morning and stay till six in the evening ; they have all their meals in the school. They spend as much as possible of their time out-of-doors, and indoors they have an abnormal amount of fresh air. Before a child is admitted, he or she is medically examined, and if possible cured at the clinic, or in hospital. After admission, the children become and remain healthy with very few exceptions. There is a large, lovely garden, and a good deal of the time is spent in playing there. The teaching is broadly on Montessori lines. After dinner the children all sleep. In spite of the fact that at night, and on Sundays, they have to be in poverty-stricken homes, perhaps in cellars with drunken parents, their physique and intelligence become equal to the best that middle-class children achieve.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 13: Nursery School
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE13-040.HTM

<寸言>
生後1年間は育児休暇をとって子育てに専念するが,その後小学校にあがるまでは保育園(あるいは幼稚園)に子供を預かることができる制度があれば,女性も子供のために仕事をやめなくてもよくなる。日本でも、大企業や官公庁(文科省や東大など)も、独自に保育園を持つところが出てきている。職場付属の保育園であれば、時間的ロスを最小限にすることができるとともに、いざという時にはいつでも子供のもとにかけつけることができ、安心感がまったく違う。

束縛すること(されること)を愛情(表現)だと勘違いしないほうがよい

 (子どもに)性愛(性的な愛情)について教える時に,もう一つ,必須であるものがある。(即ち)嫉妬は,権利として正当に主張してもよいものとみなされるべきではなく,嫉妬を感じる人にとっては不幸であり,嫉妬を向けられる人にとっては悪しきものとみなされるべきである。
愛情の中に所有の要素が侵入してくる場合は,その愛情は生き生きとした力を失い,人格をむしばむ。(一方,)そういう要素がない場合は,愛情は人格を完成させ,より強い生命力をもたらす。
昔,親たちは,愛情は義務であると説いたために,子供との関係を台無しにしてしまった。夫と妻も,いまでも同様の誤りによって,お互いの関係をあまりにもしばしば,台無しにしている。
愛情は義務ではありえない。なぜなら,愛情は意志の支配下にはない(意志によって左右されない)からである。愛情は,天からの贈り物であり,天の与える最上のものである。愛情を檻(おり)に閉じこめてしまう人は,愛情が自由で自発的であるときにのみ発揮される美と喜びを殺してしまう。ここでも,また,恐怖は敵である。人生の幸せを与えるものを失いはせぬかと恐れる者は,既に幸せを失ってしまっている。他の事柄と同様に,愛情においても,恐れを持たないことが知恵の本質(精髄)である

One other thing is essential in teaching about sex love. Jealousy must not be regarded as a justifiable insistence upon rights, but as a misfortune to the one who feels it and a wrong towards its object. Where possessive elements intrude upon love, it loses its vivifying power and eats up personality; where they are absent, it fulfils personality and brings a greater intensity of life. In former days parents ruined their relations with their children by preaching love as a duty; husbands and wives still too often ruin their relations to each other by the same mistake. Love cannot be a duty, because it is not subject to the will. It is a gift from heaven, the best that heaven has to bestow. Those who shut it up in a cage destroy the beauty and joy which it can only display while it is free and spontaneous. Here, again, fear is the enemy. He who fears to lose what makes the happiness of his life has already lost it. In this, as in other things, fearlessness is the essence of wisdom.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 12: Sex Education
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE12-120.HTM

<寸言>
嫉妬を焼くこと嫉妬を焼かれれることが愛情の証拠だと勘違いする人が少なくない。
最初のうちは嫉妬心は心地よいかもしれないが、しだいにお互いにとって重荷になってくるはず。
お互い縛らない、自由な愛情こそ大事にすべきであろう。

「知的」な女性こそ最もよい母親になりうるにもかかわらず・・・

 若い人たちには,子供を持つこと(作ること)はとても重大な問題であること,また,子供が健康で幸福になれるというかなりな見通しが立たないかぎり,子供を持ってはいけないということを理解するように導いてあげなければならない。
伝統的な考え方によれば,結婚している場合は,たとえ子供のできるのが早すぎて母親の健康が損なわれても,たとえ子供が病気であったり精神的に異常であっても,あるいはたとえ子供が十分な食物にありつく見通しがまったくなくても,子供をもうけることとはつねに正当化できることであった。こういう見解は,現代では,人間性を恥ずかしめるものは全て神の栄光を高めると考えるような冷酷な独断論者が抱き続けているだけである。子供を愛する人たちや,無力なものを不幸な目にあわせることをよしとしない人びとは,このような残酷さを正当化するような無慈悲な独断に抵抗する。・・・。
・・・。子供を取り扱うにあたって,知識を伴わない本能は本能を伴わない知識と同様に不十分である。知的な女性は,知識の必要性をよく理解すればするほど,ますます母になることに心が惹かれるであろう。現在,高等教育を受けた女性においては,母親になると自分の知的な能力を発揮する余地がなくなると考えて,母親になることを軽蔑する者が少なくない。これは,大変不幸なことである。なぜなら,もしも彼女たちが母になりたいと思うようになれば,(知的な)彼女たちこそ最もよい母親になることができるからである。

Young people should be led to realize that it is a very serious matter to have a child, and that it should not be undertaken unless the child has a reasonable prospect of health and happiness. The traditional view was that, within marriage, it is always justifiable to have children, even if they come so fast that the mother,s health is ruined, even if the children are diseased or insane, even if there is no prospect of their having enough to eat. This view is now only maintained by heartless dogmatists, who think that everything disgraceful to humanity redounds to the glory of God. People who care for children, or do not enjoy inflicting misery upon the helpless, rebel against the ruthless dogmas which justify this cruelty. …
… It should be made clear that no one can be a good parent without parental affection, but that even with parental affection a great deal of knowledge is required as well. Instinct without knowledge is as inadequate in dealing with children as knowledge without instinct. The more the necessity of knowledge is understood, the more intelligent women will feel attracted to motherhood. At present, many highly educated women despise it, thinking that it does not give scope for the exercise of their intellectual faculties ; this is a great misfortune, Since they are capable of being the best mothers, if their thoughts were turned in that direction.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 12: Sex Education
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE12-110.HTM

<寸言>
知的な女性や母親や幸せな家庭を増やすことよりも,もっぱら日本の経済発展第一の観点から家族や家庭や人口問題を考えているようでは・・・。

文化や宗教の違いを超えて必要な性教育-性「道徳」教育ではなく・・・

 私は,狭い意味での性道徳教育について議論するつもりはない。これは,いろいろと意見の分かれる問題である。キリスト教徒と回教徒,カトリック教徒と離婚を容認する新教徒,自由思想家と中世主義者とでは,それぞれ,意見が異なっている。親たちはみな,自分が信じている特定の種類の性道徳をわが子に教えてほしいと願うであろう。従って,私は,国家が親たちに干渉することを望まない。ともかく,ここでやっかいな問題に首を突っ込まなくても,共通の土台(立場)となりうるものは非常に多く存在している。

第一に,衛生の問題がある。若い人たちは,性病にかかる危険を冒さないうちに性病(性交によって伝わる病気)について知らなければならない。彼らは,一部の人たちが道徳のために行なっているような誇張を交えずに,性病についての真実を教えられなければならない。性病の避け方と性病の治し方の両方について学習しなければならない。完璧に道徳的な人々に必要な知識だけを与えて,完璧でないその他の人びとに降りかかる不幸を罪に対する正当な罰だと見なすことは,間違っている。それではちょうど,不注意な運転は罪であるという理由で,自動車事故でけがをした人を助けるのを拒否するのと同じである。その上,どちらの場合においても,無実の人びとに罰が下されることもある。不注意なドライバーのためにひかれた人は邪悪だとは言えないが,それとまったく同様に,梅毒をもって生まれた子供が邪悪だと主張することは誰もできない.

I do not propose to discuss the teaching of sexual morality in the narrower sense. This is a matter as to which a variety of opinions exist. Christians differ from Mohammedans, Catholics from Protestants who tolerate divorce, freethinkers from medievalists. Parents will all wish their children taught the particular brand of sexual morality in which they believe themselves, and I should not wish the State to interfere with them. But without going into vexed questions, there is a good deal that might be common ground.
There is first of all hygiene. Young people must know about venereal disease before they run the risk of it. They should be taught about it truthfully, without the exaggerations which some people practise in the interests of morals. They should learn both how to avoid it and how to cure it. It is a mistake to give only such instruction as is needed by the perfectly virtuous, and to regard the misfortunes which happen to others as a just punishment of sin. We might as well refuse to help a man who has been injured in a motoring accident, on the ground that careless driving is a sin. Moreover, in the one case as in the other, the punishment may fall upon the innocent; no one can maintain that children born with syphilis are wicked, any more than that a man is wicked if a careless motorist runs over him.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 12: Sex Education
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE12-100.HTM

<寸言>
文化や宗教の違いによって性道徳に対する考え方は異なる。しかし,性「道徳」教育ではなく、文化や宗教の違いを超えた必要な性教育があるはず。

性について子供に話す適切な時期

 思春期のどれくらい前にこういう(性に関する)知識を与えられるべきかは,(子どもの)状況による(状況・事情によって異なる)。好奇心の強い,知的に活発な子供は不活発な子供よりも早めに教えてあげなければならない。いかなる時期においても,好奇心が満たされないままの状態にしてはならない。どれほどその子どもが幼いとしても,子どもが質問すれば答えてあげなければならない。また,両親の態度は,子どもが知りたいと望むならば(ちゅうちょしないでいつでも)質問する(質問できる)といったものでなければならない。しかし,もし子供が性について自発的に質問しない時には,いかなる場合でも,10歳になる前に話してあげなければならない。最初に,他の子どもたちからまずい仕方で教えられてはいけないからである。従って,動植物の生殖について教えてあげることで,子供の好奇心を刺激してあげることが望ましいかもしれない。咳ばらいをして(a clearing of the throat),「さて,そろそろおまえも知っておいたほうがいいから,話しておこう」などと前置きをするような,もったいぶった(まじめくさった)特別な機会を作ってはいけない。性教育に関することは全て,あたりまえで日常的なものでなければならない。だからこそ,問に答える形が一番うまくいくのである。

How long before this the information should be given depends upon circumstances. An inquisitive and intellectually active child must be told sooner than a sluggish child. There must at no time be unsatisfied curiosity. However young the child may be, he must be told if he asks. And his parents’ manner must be such that he will ask if he wants to know. But if he does not ask spontaneously, he must in any case be told before the age of ten, for fear of being first told by others in a bad way. It may therefore be desirable to stimulate his curiosity by instruction about generation in plants and animals. There must not be a solemn occasion, a clearing of the throat, and an exordium : “Now, my boy, I am going to tell you something that it is time for you to know.” The whole thing must be ordinary and every-day. That is why it comes best in answer to questions.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 12: Sex Education
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE12-090.HTM

<寸言>
学校においては,一律に,標準的に,性教育がなされる。ここでは,家庭において何をどのように何時教えるべきかということであるが,個々の子供によって多少の違いがあるということ。

性教育は思春期以前にほとんど終えておく必要がある

 についてほかの子供からまずく教えられる恐れがないのであれば,この(性教育の)問題は,子供の好奇心が自然に働くままにまかせて置き,両親はただ質問に答えるだけにとどめてもおくことも可能であろう。
ただし,子どもに性について思春期以前に必ず全て理解させるとの条件付きである。もちろん,これは必須条件である。少年や少女がなんの準備もなしに,思春期の身体的・情緒的な変化に襲われ,もしかすると何か恐ろしい病気にかかったのではないかという感情を持たせることは,残酷な仕うちである。その上,性の題目は全て,思春期以後ではとても刺激的なものであるため,少年少女は,科学的な精神でそれを聞くことができない。
もっと幼い頃であれば,それは完全に可能である。それゆえ,みだらな話を耳にする恐れがあるからということとはまったく関係なく,少年少女は,思春期に達する前に性行為の本質を知るべきである。

If there were no likelihood of being taught badly about sex by other children, the matter could be left to the natural operation of the child’s curiosity, and parents could confine themselves to answering questions–always provided that everything became known before puberty. This, of course, is absolutely essential. It is a cruel thing to let a boy or girl be overtaken by the physical and emotional changes of that time without preparation, and possibly with the feeling of being attacked by some dreadful disease. Moreover, the whole subject of sex, after puberty, is so electric that a boy or girl cannot listen in a scientific spirit, which is perfectly possible at an earlier age. Therefore, quite apart from the possibility of nasty talk, a boy or girl should know the nature of the sexual act before attaining puberty.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 12: Sex Education
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE12-080.HTM

<寸言>
北欧のように社会福祉が整っていてかつ民主化されている社会においては進んだ性教育が行われているが、そうでない社会にあっては、どうしても性教育に多少の歪みができてしまうのは必然かも知れない。

子供の時に,下品な冗談で性に接することの弊害

 子供が農園(注:通常家畜も飼育している。)で生活しているのでないかぎり,父親が生殖(生命の発生=誕生)において果たす役割は質問に対する答えの形で,自然な話題になる(注目される)ことはなさそうである。しかし,このことについては,子供がまず父母や教師から教えられることが非常に重要であり,悪い教育によってみだらになっている(他の)子供たちから教えられるということであってはならない。
私は自分が12歳の時,(同い年の)別のある少年から,性に関する全てについて話して聞かされたことを,(今でも)生き生きと覚えている。即ち,性にまつわる事柄全体が猥褻な冗談に使うための話の種として,下品な精神で語られていた(のである)。それは,私の世代の少年たちの普通の経験であった。
当然,大多数の人は,生涯を通じて,を滑稽かつ汚ならしいものと考え続け,その結果,彼らは自分が肉体関係を持つ女性を(注:安藤訳では intercourse を「交際する」と訳されているが,ここは性交=肉体関係を持つと訳すべきであろう。),たとえ自分たちの子供の母親(注:通常は妻)であっても,尊敬することができなかった。父親(の方)は,性に関する知識を最初どのようにして手に入れたか覚えているはずなのに,両親とも,(子どもによる性に関する知識の獲得を)運にまかせるという臆病なやり方に従った。このような方法が,なぜ健全な精神や健全な道徳に役立つなどと考えられたのか,私には想像もつかない。
性は,最初から,自然なものであり,楽しく,見苦しくないものとしてとり扱われるべきである。そうでないと,男女関係を,また,親と子供の関係を,毒することになる。最上の性は,互いに愛しあいかつ子供(たち)を愛する父親と母親の間に見いだされる。子供たちは,性に関する最初の印象を下品な冗談から受けるよりも,まず両親の関係から性について知るほぅがはるかによい。子供たちが,両親の間の性を,自分たちには隠されてきた罪深い秘密として発見することは,特によくないことである。

The share of the father in generation is less likely to come up naturally in answer to questions, unless the child lives on a farm. But it is very important that the child should know of this first from parents or teacher, not from children whom bad education has made nasty. I remember vividly being told all about it by another boy when I was twelve years old ; the whole thing was treated in a ribald spirit, as a topic for obscene jokes. That was the normal experience of boys in my generation. It followed naturally that the vast majority continued through life to think sex comic and nasty, with the result that they could not respect a woman with whom they had intercourse, even though she were the mother of their children. Parents pursued a cowardly policy of trusting to luck, although fathers must have remembered how they gained their first knowledge. How it can have been supposed that such a system helped sanity or sound morals, I cannot imagine. Sex must be treated from the first as natural, delightful, and decent. To do otherwis is to poison the relations of men and women , parents and children. Sex is at its best between a father and mother who love each other and their children. It is far better that children should first know of sex in the relations of their parents than that they should derive their first impressions from ribaldry. It is particularly bad that they should discover sex between their parents as a guilty secret which has been concealed from them.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 12: Sex Education
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE12-070.HTM

<寸言>
普段、動物性の肉は、断片化されたものしかみたことがなく、ましてや、家畜が子供を生むところをみたこともない都会の子どもたち。ずっと昔のように産婆さんによって自宅で子供を生むようなことは皆無の先進国。そういった社会にあっては、どうしても、性教育はややもすると抽象的なものになってしまう危険がある。
北欧のような進んだ性教育は、高度な福祉社会の特徴の一つでもあろう。日本のように進んだ産業社会【国家)であっても、古い道徳観や倫理観が残っているところでは、どうしてもオブラートに包んでしまうところがある。たとえば、多くの与党の国会議員が加わっている日本会議の家族間や道徳観をみたら、まともな性教育なんかは不可能に見える。

幼児期における性教育の原則

 (いろいろな)質問に答えてあげることが,性教育の主要な部分である。その場合,二つの原則が性教育全体にあてはまる。第一の原則は,(性に関する)質問には常に本当の答え(正直な回答)を与えよう(ということ)。第二の原則は,性に関する知識を他の知識とまったく同様に考えよう(ということである)。もしも,子供が太陽や月や雲について,あるいは自動車や蒸気機関について知的な質問をすれば,あなたは喜んで,子供に理解できる限り多くのことを話して聞かせる(だろう)。(このように)(いろいろな)質問に答えてあげることは,幼児教育の非常に大きな部分をなしている。しかし,もしも,子供が性に関する質問をすると,あなたは「しいっ,しいっ(静かにして)」と言いたくなるだろう。そういうやり方はよくないと理解していても,(注: IF = Even if たとえ~としても),なお,あなたは,簡単に,そっけなく(drily = dryly),ことによると(perhaps),少し動揺して答えることであろう。子供は,ただちにそのニュアンスに気づく。そして,あなたは好色の基礎(土台)を築いたことになる。あなたは,何か他の事柄に関する質問に答えるのとまったく同じように,十分に,かつ自然に,性の質問に答えてあげなければならない。たとえ無意識的にでも,性には何か忌まわしく不潔なものがある,とあなた自身が感じるようであってはならない。もしそれを許せば,あなたの感情は自然に子供に伝わるであろう。子供は,必ず,父母(両親)の関係には何か汚らしいものがある,と思うだろう。即ち,後年大きくなると,父母は自分が生まれるようになった行為をよくないものと思っている,と結論するだろう。幼いころにそのような感情を持てば,幼いころだけではなく,おとなになっても,幸福な本能的な情緒を持つことを,不可能にしてしまう。

Answering questions is a major part of sex education. Two rules cover the ground. First, always give a truthful answer to a question ‘, secondly, regard sex-knowledge as exactly like any other knowledge. If the child asks you an intelligent question about the sun or the moon or the clouds, or about motor-cars or steam-engines, you are pleased, and you tell him as much as he can take in. This answering of questions is a very large part of early education. But if he asks you a question connected with sex, you will be tempted to say “Hush, hush”. If you have learnt not to do that, you will still answer briefly and drily, perhaps with a trifle of embarrassment in your manner. The child at once notices the nuance, and you have laid the foundations of prurience. You must answer with just the same fulness and naturalness as if the question had been about something else. Do not allow yourself to feel, even unconsciously, that there is something horrid and dirty about sex. If you do, your feeling will communicate itself to him. He will think, necessarily, that there is something nasty in the relations of his parents ; later on he will conclude that they think ill of the behaviour which led to his existence. Such feelings in youth make happy instinctive emotions almost impossible, not only in youth, but in adult life also.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 12: Sex Education
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE12-040.HTM

<寸言>
あくまでも科学的に取り扱ったほうがよいということ。後ろめたいという印象を子供に与えると、ひと目をさけてコソコソと快楽にふけるという悪い習慣を身につけ、自分では克服したと思っても、大人になってもその悪い影響が(意識下に)残りがちになるとのこと。

フロイト主義者の功績と不十分あるいは間違っている点

He claims to be a Freudian, but he’s Jung at heart.’

タブーであるということとまったく関係なく,性が特有(特別)なものである点が一つある。それは,この本能が(他の本能と比べて)遅れて成熟するということである。精神分析学者(精神分析医)たちが指摘したように(ただし,かなりの誇張があるが),確かに,性本能は幼年期に見られないわけではない。しかし,幼児における性本能の現れは,おとなの生活に現れる場合とは異なっており,その強さもずっと弱く,男の子がおとなのように性本能を満足させることは肉体的に不可能である。思春期は,(現在においても)重大な情緒的な危機であり続けており,(これまでの情緒教育中心から)知識教育の真ん中に投げこまれ、教育者にいろいろな難問を差し出すところの種々の混乱を引き起こす。
こういう問題の多くについて,私は(本書『教育論』においては)論じるつもりはない即ち,私が(本書で)考察しようとするのは,主に思春期以前になすべき事柄である。教育上の改革が,とりわけ幼年期初期に最も必要とされるは,まさにこの点(思春期以前になすべき事柄)に関してである。
私は,多くの細部の個別事項についてフロイト主義者と意見を異にしているが,性にかかわる事柄で幼い子供の取り扱い方が間違えば,大きくなってから,いろいろな神経障害を引き起こすということを指摘した点で,彼らはとても貴重な寄与をしたと考えている。彼らの仕事は,この点で既に広範囲にわたって有益な結果をもたらしているが,まだ克服しなければならない非常に多くの偏見が残っている。もちろん,子供たちを生後一年間は,大部分,まったく無教育な女性の手に委ねておくという慣行のために --こういう女性たちは,猥褻罪で告訴されないために学識者がやむなく長々と(わかりにくい言葉で)述べている事柄を知っているとは思えないし,それ以上にそれらの事柄を信じることなど期待できないために-- その困難は非常に増しているのである。

There is one respect in which, quite independently of taboos, sex is peculiar, and that is the late ripening of the instinct. It is true, as the psycho-analysts have pointed out (though with considerable exaggeration), that the instinct is not absent in childhood. But its childish manifestations are different from those of adult life, and its strength is much less, and it is physically impossible for a boy to indulge it in the adult manner. Puberty remains an important emotional crisis, thrust into the middle of intellectual education, and causing disturbances which raise difficult problems for the educator. Many of these problems I shall not attempt to discuss; it is chiefly what should be done before puberty that I propose to consider. It is in this respect that educational reform is most needed, especially in very early childhood. Although I disagree with the Freudians in many particulars, I think they have done a very valuable service in pointing out the nervous disorders produced in later life by wrong handling of young children in matters connected with sex. Their work has already produced widespread beneficial results in this respect, but there is still a mass of prejudice to be overcome. The difficulty is, of course, greatly increased by the practice of leaving children, during their first years, largely in the hands of totally uneducated women, who cannot be expected to know, still less to believe, what has been said by learned men in the long words necessary to escape prosecution for obscenity.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 12: Sex Education
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE12-010.HTM

<寸言>
フロイト及びフロイト主義者の功績は大であるが、何もかも性で説明しようとしたことで、行き過ぎがあった。ラッセルは『教育論』の中で、彼らの功績と誤りを、具体的に述べている。

哲学者バートランド・ラッセルの言葉を毎日お届け