哲学研究の動機?ーホワイトヘッドが哲学に求めたもの

WHITE-HD 第一次世界大戦の最後の数ケ月の間に、当時18歳になったばかりの彼(ホワイトヘッド)の下の息子(次男)が戦死した。これは彼にとって耐え難い深い悲しみであり、彼が自分の仕事を続けることができたのは、彼の道徳規律(精神的抑制)の非常な努力があってこそ可能なことであった。息子を失った苦痛は、彼の思想を哲学に向けさせ、単なる機械論的な宇宙を信ずることから抜け出す道を探求させることに、非常に大きな関係があった。彼の哲学は非常にわかりにくく(明瞭ではなく)、私がどうしても理解できないことが多くあった。彼はつねにカントに傾いていたが、私はカントをよく思っていなかった。そうして、彼が独自の哲学を展開しはじめるにあたって、ベルグソンの影響をかなり受けた。彼は、宇宙における統一の様相に印象づけられており、この統一の様相があるからこそ科学的推論が正当化されると考えていた。私の気質からして、私はホワイトヘッドと正反対の方向に進んだが、(カントの)純粋理性’がはたして私たち2人のうちどちらがより正しいか決めることができたか、私は疑わしく思う。ホワイトヘッドの物の見方を好む人々は、彼が普通の人に慰めをもたらそうとしたが、私は哲学者に不快をもたらそうとした、と言うかもしれない。私の見解に好意をもつ人々は、カントは哲学者を喜ばせたが、私は普通の人を楽しませたと言い返すかもしれない。しかしそれはどうであれ、お互いの情愛は最後まで変わらなかったが、私たちは別々の道を歩んだ。

In the last months of the war his younger son, who was only just eighteen, was killed. This was an appalling grief to him, and it was only by an immense effort of moral discipline that he was able to go on with his work. The pain of this loss had a great deal to do with turning his thoughts to philosophy and with causing him to seek ways of escaping from belief in a merely mechanistic universe. His philosophy was very obscure, and there was much in it that I never succeeded in understanding. He had always had a leaning towards Kant, of whom I thought ill, and when he began to develop his own philosophy he was considerably influenced by Bergson. He was impressed by the aspect of unity in the universe, and considered that it is only through this aspect that scientific inferences can be justified. My temperament led me in the opposite direction, but I doubt whether pure reason could have decided which of us was more nearly in the right. Those who prefer his outlook might say that while he aimed at bringing comfort to plain people I aimed at bringing discomfort to philosophers; one who favoured my outlook might retort that while he pleased the philosophers, I amused the plain people. However that may be, we went our separate ways, though affection survived to the last.
出典: The Autobiography of Bertrand Russell, v.1, chap. 5: First marriage, 1967]
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/AB15-080.HTM

[寸言]
 個々の哲学者がどのような哲学的見解(哲学観や世界観)を持つようになるか。単なる知的興味(や真理探求の欲求)ではなく、その哲学者に大きな影響を与えた出来事が原因している場合がある。ホワイトヘッド(Alfred North Whitehead、1861 –1947)が機会論的な宇宙観に我慢できなかったのは、第一次世界大戦で次男を失ったつらい経験が影響していると思われるというラッセルの指摘。