人間の,帰納(推理)へと向かう動物的な性癖

 ミルは数学を一定程度知っていたが(中村秀吉氏は,”a certain amount of” を”相当”と訳している。),数学的に考えることを知らなかった彼の(言う)因果法則は数理物理学で使われているものではない。それは未開人や哲学者たちによって日常生活における行為において使われる実際的な行動原理(格言)であるが,微分積分学を知っているいかなる人によっても,物理学では使われないものである。物理法則(物理学の法則)はミルの因果法則のように,Aは常にBによって随伴される(Aならば必ずB)とは決して言わない。物理法則は,Aが現存する時には,ある一定方向の変化が存在することを主張するだけである。A(自身)もまた変化するので,変化の方向もそれ自身絶えず変化し続けている。因果法則は「AはBを惹き起こす」という形をしているという考えはあまりに原子(論)的であり,変化の連続性を想像上理解しているいかなる人によっても受け入れられなかった。
しかし独断的にならないようにしよう。物理的変化は連続的でなく,爆発的(注:原子核の周りをまわる電子が軌道を変える時などは「断続的」/「不連続」)であるという人たちがいる。けれども,これらの人々もまた,個々の事象はいかなる因果的な規則性にも従わないとも言うし,世界の外見的な規則性はただ平均の法則のみによっていると言う(注:このあたりは,量子力学の研究者のことを言っていると思われる)。私はこの学説が正しいか間違っているか知らないが,とにかくそれはミルの因果法則とは非常に異なったものである。
ミルの因果法則は,事実,日常的にまた非科学的意味において,ただおおざっぱかつ近似的に真であるにすぎない。にもかかわらず,ミルは,ほかのところではあてにならないとしている推論--(即ち)単純枚挙による帰納推理--によってこの法則が証明されていると考えている。この過程(推論過程)はあてにならないばかりでなく,より多くの場合において,真なる結果よりも偽なる結果に決定的に導くことをまったく明らかに証明できる。AとBの二つの特性をそれぞれもっているN個の対象をみつけたあとで,Aの特性をもっている別の対象をみつけると,その対象はBの特性をもっていそうでないことが容易に証明される。このことは(この事実は),我々の帰納(推理)へと向かう動物的な性癖は帰納(推理)が正しい結果を与えがちである事例に閉じ込められるという事実によって,常識からは隠されている。
次のこと(事例)を誰も行わない帰納(推理)の一例としてとろう。カントがかつて見たあらゆる羊はケーニヒスベルクから10マイル以内にいたが,彼はあらゆる羊がケーニヒスベルクから10マイル以内にいると帰納する気にはまったくならなかった。(注:一般の常識人は,もしもケーニヒスベルクのことしか知らなければ,幼い子どもがそうであるように,羊はケーニヒスベルクにしかいないと思ってしまいがちだということ? 羊だとわかりにくければ,「こうのとり」とか「雷鳥」とかにすれば、そう思いがち?)

Mill, although he knew a certain amount of mathematics, never learned to think in a mathematical way. His law of causation is not one which is employed in mathematical physics. It is a practical maxim employed by savages and philosophers in the conduct of daily life, but not employed in physics by anyone acquainted with the calculus. The laws of physics never state, as Mill’s causal laws do, that A is always followed by B. They assert only that when A is present, there will be certain directions of change; since A also changes, the directions of change are themselves continually changing. The notion that causal laws are of the form “A causes B” is altogether too atomic, and could never have been entertained by anybody who had imaginatively apprehended the continuity of change.

But let us not be too dogmatic. There are those who say that physical changes are not continuous but explosive. These people, however, also say that individual events are not subject to any causal regularity, and that the apparent regularities of the world are only due to the law of averages. I do not know whether this doctrine is right or wrong; but, in any case, it is very different from Mill’s.
Mill’s law of causation is, in fact, only roughly and approximately true in an everyday and unscientific sense. Nevertheless, he thinks it is proved by an inference which elsewhere he considers very shaky: that of induction by simple enumeration. This process is not only shaky, but can be proved quite definitely to lead to false consequences more often than to true ones. If you find n objects all of which possess two properties, A and B, and you then find another object possessing the property A, it can easily be proved that it is unlikely to possess the property B. This is concealed from common sense by the fact that our animal propensity toward induction is confined to the sort of cases in which induction is liable to give correct results. Take the following as an example of an induction which no one would make: all the sheep that Kant ever saw were within ten miles of Konigsberg, but he felt no inclination to induce that all sheep were within ten miles of Konigsberg.
出典: John Stuart Mill,1955.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/1097_JSM-030.HTM

<寸言>
経験を重んじる人間は,少しの経験で,過大な帰納推理をしがち。小さなことであればこれは問題ないが、戦争と平和の問題のような大きな問題の時は,大変惨めな結果を招きやすい。情報が国によって隠されていた戦前(日本)は,多くの国民が間違った帰納推理を行っていた。国や地方自治体その他、あらゆる大きな組織において「情報公開」の重要性を多くの国民が理解しているはずだが、それにしては、(政府にとって都合の悪い情報は特定秘密にしてしまいがちであるのに)政府の情報公開の対し日本の国民甘すぎると言わざるを得ない。

J. S. ミル(著)『論理学』のことなど

 ミルの最初の重要な著作は,『論理学』である。それはアプリオリな方法ではなく,実験的な方法に対する弁明(抗弁)として執筆されたことは明らかであり,そうして,そのようなものとしてはそれほど独創的なものではないが有用なものであった。彼は,1854年に出版されたブール(著)『思考の法則』に始まった演繹論理の広大かつ驚くべき発展を予知できず,その重要性はかなり後になって明らかになったのである。彼が『論理学』のなかで帰納推理以外のことについて言っていることは,御座なりかつ伝統的なもの(従来の論理学に従ったもの)である。たとえば,命題は,一つは主語でもう一つは述語である名辞を組合せることによって構成される(作られる),と述べている。彼にとってこれは無害な自明の理にみえたのだと思われるが,実際は,これは過去二千年間続いた誤謬のもと(源泉)であった。
近代論理学が大いに関心を払ってきた名辞について彼が言っていることは,まったく不十分なものであり,事実,ドン・スコトゥス(Johannes Duns Scotus 1266-1308:中世ヨーロッパの神学者・哲学者)やウィリアム・オッカム(William of Ockham,1285-1347:節約の原理「オッカムの剃刀」の提唱者として有名)が言ったことよりも劣っている。バルバラ(Barbara)における三段論法は,一種の論点先取(注:前提において結論を仮定する論理的な誤り)であり,推論は実際は特称(特殊)から特称(特殊)へと行われているのだという彼の有名な主張(議論)は,一定の場合においてはいくらか真実を含んでいるが,一般的原理として受け入れることはできない【注:Barbara: 大前提:「全ての人間」は,「死ぬ存在」である。 (MaP) → 小前提:「全てのギリシア人」は,「人間」である。(SaM) → 結論:ゆえに(∴)「全てのギリシア人」は,「死ぬ存在」である。(SaP)】。たとえば,ミルの主張によれば,「あらゆる人間は死ぬ(べき存在である)」という命題は,その主張をする人がウェリントン公爵について聞いたことがなくても,「ウェリントン公爵は死ぬ(べき存在である)」を主張している。これは明らかに成り立たない。即ち,「人間」及び「死ぬ」という語の意味を知っている人は,「あらゆる人間は死ぬ」という陳述を理解できるが,聞いたことのない人についての推論をすることはできない。一方(しかるに),ウェリントン公爵について,ミルの言っていることが正しいと仮定すると,かつて生存し,あるいはこれから生存するだろうあらゆる人びとの一覧表を知らなければ(注:一覧表を持っていて,いざとなれば見ることが出来なければ),この陳述を理解することはできないことになる(注:ウェリントン公爵のことを知らなくても,「あらゆる人間は死ぬ(べき存在である)」と言えるためには,あらゆる人のリストを持っていなければならない。そういう場合に限り,ウェリントン公爵について知らなくとも,「ウェリントン公爵は死ぬ」と言える。実際はそんなことはないので,そういった「推論」は論理的にはできない。)。
推論は,特称(特殊)から特称(特殊)へとなされるものだという彼の(学)説は,私の言うところの「動物的帰納」に適用される場合には正しい心理学であるが,決して正しい論理学ではない。過去における人間の死から,まだ死んでいない人間の死を推論することは,帰納の一般的原理がある場合にのみ正当なものとなる。大雑把に言って,一般的な結論は一般的な前提がなければ決して引き出し得ないし,一般的前提のみが,事例の不完全な枚挙からの一般的結論を保証するだろう。
さらに,事例はひとつも与えられなくても,誰もその真理を疑うことのできない一般的命題が存在する。たとえば,次のような命題である。「西暦紀元二千年以前(注:この文章は1955年に発表されていることに注意)には誰も考えつかなかったすべての数は百万よりも大きい」という例をとろう。あなたは自己矛盾をおこさないで,その事例(注:考えつかなかった数)を与えることができないし,そのすべての数が誰かによって考えられたと言いはることもできない。
ロックの時代からずっと,英国の経験主義者たちは,数学に適用(応用)できない知識論をもっていた。一方,大陸の哲学者たちは,フランスの哲学者たちを例外として,数学に不当な強調点をおき,幻想的な形而上学の体系(体系的な哲学)を産みだしていた経験主義の領域が,数学と論理学の領域からはっきりと切りはなされ(境界が設けられ),両者の平和的共存が可能となったのはミルの時代以後(になってのみ)のことである
私は18歳の年にはじめて,ミルの『論理学』を読んだが,当時私は彼の考えに深い好意を寄せていた。しかし,その時でさえも,「2と2を加えると4になる」という命題を受け入れるのは経験からの一般化であると信ずることは出来なかった。私は,どのようにして我々がこの知識(2+2=4などの算術の知識)に達したのか,どう言ったらよいか途方に暮れた。しかし,その命題は,「あらゆる白鳥は白い(all swans are white)」というような命題 -経験が論破するかもしれないし,また事実論破した命題(注: black swan が発見された)- とは異なっていると思われた。2に2を加えると4になるというような新鮮な例がいかなる程度にも私の信念を強めるとは思えなかったが,私にこのような初期の感情を正当化し,数学と経験的知識をひとつの枠組みにぴったりはめ込むことを可能にしたのは,数理論理学の最近の発展だけである。

Mill’s first important book was his Logic, which no doubt presented itself in his mind as a plea for experimental rather than a priori methods, and, as such, it was useful though not very original. He could not foresee the immense and surprising development of deductive logic which began with Boole’s Laws of Thought in 1854, but only proved its importance at a considerably later date. Everything that Mill has to say in his Logic about matters other than inductive inference is perfunctory and conventional. He states, for example, that propositions are formed by putting together two names, one of which is the subject and the other the predicate. This, I am sure, appeared to him an innocuous truism; but it had been, in fact, the source of two thousand years of important error. On the subject of names, with which modern logic has been much concerned, what he has to say is totally inadequate, and is, in fact, not so good as what had been said by Duns Scotus and William of Occam. His famous contention that the syllogism in Barbara is a petitio principii, and that the argument is really from particulars to particulars, has a measure of truth in certain cases, but cannot be accepted as a general doctrine. He maintains, for example, that the proposition “all men are mortal” asserts “the Duke of Wellington is mortal” even if the person making the assertion has never heard of the Duke of Wellington. This is obviously untenable: a person who knows the meaning of the words “man” and “mortal” can understand the statement “all men are mortal” but can make no inference about a man he has never heard of; whereas, if Mill were right about the Duke of Wellington, a man could not understand this statement unless he knew the catalogue of all the men who ever have existed or ever will exist. His doctrine that inference is from particulars to particulars is correct psychology when applied to what I call “animal induction,” but is never correct logic. To infer, from the mortality of men in the past, the mortality of those not yet dead, can only be legitimate if there is a general principle of induction. Broadly speaking, no general conclusion can be drawn without a general premise, and only a general premise will warrant a general conclusion from an incomplete enumeration of instances. What is more, there are general propositions of which no one can doubt the truth, although not a single instance of them can be given. Take, for example, the following: “All the whole numbers which no one will have thought of before the year A.D. 2000, are greater than a million.” You cannot attempt to give me an instance without contradicting yourself, and you cannot pretend that all the whole numbers have been thought of by someone. From the time of Locke onward, British empiricists had had theories of knowledge which were inapplicable to mathematics; while Continental philosophers, with the exception of the French Philosophes, by an undue emphasis upon mathematics, had produced fantastic metaphysical systems. It was only after Mill’s time that the sphere of empiricism was clearly delimited from that of mathematics and logic so that peaceful co-existence became possible. I first read Mill’s Logic at the age of eighteen, and at that time I had a very strong bias in his favor; but even then I could not believe that our acceptance of the proposition “two and two are four” was a generalization from experience. I was quite at a loss to say how we arrived at this knowledge, but it felt quite different from such a proposition as “all swans are white”, which experience might, and in fact did, confute. It did not seem to me that a fresh instance of two and two being four in any degree strengthened my belief. But it is only the modern development of mathematical logic which has enabled me to justify these early feelings and to fit mathematics and empirical knowledge into a single framework.
出典: John Stuart Mill,1955.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/1097_JSM-020.HTM

<寸言>
人間は,人間や自分に都合のよい論理を信じやすいということ。従って,誰もが近代論理学(記号論理学)を学んだほうがよい。

ミルの知性と道徳観(倫理観)の由来

 ジョン・スチュアート・ミル(注:John Stuart Mill, 1806-1873。英国の思想家で,『ミル自伝』や『自由論』で有名。/因みに,ミルはラッセルの名付け親) の19世紀の英国における重要性を評価することは簡単ではない。彼のなしとげたことは,純粋な知的な長所よりも,道徳的な高尚さ(倫理的気高さ)と人生の目的の正しい評価に,より多く依存していた。

彼の政治や道徳的問題に関する世論形成における影響(力)は,とても大きなものであり,私の考えでは,まったく良いものであったと思う。他のヴィクトリア時代の著名な人々と同様に,彼は知的卓越性ととても賞賛に値する人格(品性)とを併せ持っていいた。彼の知的卓越性は彼の意見に重みを与え,今振り返って思われるよりも,当時はより高く評価されていた。彼の倫理的あるいは道徳的理論に反対する多様な現代的な傾向はあるが,この点においては,私は,世界が当時よりも進歩したと感じることができない。

知的面から言えば,彼は出生の日付において不運であった(注:生まれた時代が悪かった)。先人(たち)はある方面での開拓者であったし,後進(たち)は他の方面での開拓者であった。彼の意見の下部構造(基礎)は,青年時代に支配的な性格の父親によって(ミルの)青年時代に形成されたままであり続けたが,彼がこの下部構造(基礎)の上にたてた諸理論は,大部分,その基礎が支えきれないものであった。摩天楼は岩盤の上に建てる必要があるので(地盤の弱い)ロンドンに建てることはできない,といわれている(私は聞いている)。ミルの学説は,粘土(層)の上に建てられた摩天棲のように基礎がいつも沈みつつあったので,不安定なものであった。カーライルやテーラー夫人(注:ハリエット・テーラ夫人。テーラが死んだ後ミルと再婚したが数年で死亡) の刺激のもとに(基礎の上に)つけ加えた新しい諸階層は,知的に,不安定であった。別の言い方をすると,道徳と知性とは彼の思考のなかで絶えず闘っていて,道徳はテーラー夫人において,また,知性は彼の父において,体現されていた。一方が柔かすぎるとすれば,他方は過酷なものであった。そこから生じた合成物は,実際面では情深いものであったが,理論面ではいくらか一貫性のないものであった。

It is not easy to assess the importance of John Stuart Mill in nineteenth-century England. What he achieved depended more upon his moral elevation and his just estimate of the ends of life than upon any purely intellectual merits.

His influence in politics and in forming opinion on moral issues was very great and, to my mind, wholly good. Like other eminent Victorians he combined intellectual distinction with a very admirable character. This intellectual distinction gave weight to his opinions, and was thought at the time to be greater than it appears in retrospect. There are various modern trends which are adverse also to his ethical and moral theories, but in these respects I cannot feel that the world has made any advance since his day.

Intellectually, he was unfortunate in the date of his birth. His predecessors were pioneers in one direction and his successors in another. The substructure of his opinions remained always that which had been laid down for him in youth by the dominating personality of his father, but the theories which he built upon this substructure were very largely such as it could not support. Skyscrapers, I am told, cannot be built in London because they need to be founded on rock. Mill’s doctrines, like a skyscraper founded on clay, were shaky because the foundations were continually sinking. The new stories, which he added under the inspiration of Carlyle and Mrs. Taylor, were intellectually insecure. To put the matter in another way: morals and intellect were perpetually at war in his thought, morals being incarnate in Mrs. Taylor and intellect in his father. If the one was too soft, the other was too harsh. The amalgam which resulted was practically beneficent, but theoretically somewhat incoherent.
出典: John Stuart Mill,1955.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/1097_JSM-010.HTM

<寸言>
一昔前は,いや随分昔には,ミルは知性派の代表として教科書などにとりあげられていたが,今ではその名前を知らない人も少なくない。

勝者に奢りを,敗者に屈辱と憎悪を産む「解決法」 - 理性の敵

 私は,理性と科学との進歩からもっと多くのものが期待できると考えている。人々は,次第に,憎悪と不正に基づいた制度を持つ世界は最も幸福を産み出しそうな世界ではない,ということを認識するようになるであろう。先の戦争(第一次世界大戦)はこの教訓を少数の人々に教えたが,もしも仮にあの戦争が勝負がつかずに(引き分けに)終っていたとしたら,もっと多くの人々にこの教訓を教えたことであろう(注:実際は,勝者に奢りを,敗者に屈辱と憎悪を産んでしまい,第二次世界大戦の原因の一つとなった。)。我々には,生命に対する愛に基づいた道徳や成長に対する喜びや積極的な物事の成就に基づいた道徳が必要なのであって,抑圧や禁制に基づいた道徳が必要なのではない。人は,幸福で包容力があり寛大であり,他人の幸福を喜ぶようであれば,「善い」と考えられるべきである。(即ち)もしそうであるならば,ちょっとした間違いは,大して重要なことではないと考えられるべきである。しかし,残酷と搾取によって財をなす人は,我々が現在「不道徳な」人間と見なすように(同類として)見られるべきであり,そのような人は,たとえ規則的に教会に通い,悪しきやり方で得た利益の一部を公共の目的に寄付するとしても,やはりそのように見られるべきである。このことをもたらすためには,重要な名士(お偉方)の間でいまだに「美徳」として検閲を通っている(合格している),迷信と圧迫との混じりあったものを注入するかわりに,倫理に係る問題に対する合理的態度を注入することだけが必要である。理性の力は今日小さなものだと考えられているが(注:反知性主義),しかし私は依然として悔いあらためない一人の合理主義者であり続けている。理性は小さなカかも知れないが,しかしそれは常住不変であり,常に一つの方向に働らくのに対し,不合理のカは無益な戦いのなかでお互いを破壊しあう。従って,あらゆる不合理の馬鹿騒ぎは,結局,理性の友を強化し,理性の友こそ人類の唯一の真実の友であることを,あらためて示すものである。

More is to be hoped, I think, from the progress of reason and science. Gradually men will come to realise that a world whose institutions are based upon hatred and injustice is not the one most likely to produce happiness. The late war taught this lesson to a few, and would have taught it to many more if it had ended in a draw. We need a morality based upon love of life, upon pleasure in growth and positive achievement, not upon repression and prohibition. A man should be regarded as ‘good’ if he is happy, expansive, generous and glad when others are happy; if so, a few peccadilloes should be regarded as of little importance. But a man who acquires a fortune by cruelty and exploitation should be regarded as at present we regard what is called an ‘immoral’ man; and he should be so regarded even if he goes to church regularly and gives a portion of his ill-gotten gains to public objects. To bring this about, it is only necessary to instil a rational attitude towards ethical questions, instead of the mixture of superstition and oppression which still passes muster as ‘virtue’ among important personages. The power of reason is thought small in these days, but I remain an unrepentant rationalist. Reason may be a small force, but it is constant, and works always in one direction, while the forces of unreason destroy one another in futile strife. Therefore every orgy of unreason in the end strengthens the friends of reason, and shows afresh that they are the only true friends of humanity.
出典: The Harm That Good Men Do,1926.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/0393_HGMD-150.HTM

<寸言>
世の中を正義と悪に分け(二分法),悪を徹底的にたたくことにより良い(正しい)世界が実現すると考える愚かさ、傲慢さ

保守主義者と伝統的道徳の擁護 - 「由らしむべし知らしむべからず」

 伝統的道徳を擁護する人たちも,時には,伝統的道徳が完全なものでないことを認めるであろう。しかし,彼らは,道徳に対するいかなる批判も,道徳を全て壊してしまう,と強く主張する。このことは,道徳に対する批判が何らか積極的かつ建設的なものに基づいてなされているのなら当てはまらないであろうが,その批判が一時的な楽しみにすぎないものを目当てになされる時だけは当っている。
べンサムに戻ろう。彼は,社会道徳(注:morals 複数形)の基盤として,「最大多数の最大幸福」を唱えた。この原理に基づいて行動する人は,単に因襲的な教えに従っているだけの人よりも,ずっと骨の折れる生涯を送るであろう。彼は必然的に抑圧された人たちのために闘う者(擁護者)となるであろうし,そのために偉い人たち(大物/権力者)の敵意を招くであろう。彼は,権力者が隠したいと望む事実を公表するであろう。彼は,同情を必要としている人々からその同情を遠ざける(同情がいかないようにする)意図を持った虚偽を否定するであろう(注:たとえば,困窮した人々に援助の手は必要ない,あるいはそんなことはその人たちのためにならない,といった嘘を虚偽だと否定する)。そのような生活様式は,本ものの道徳を破壊することにはならない(はずである)。官製(お上)の道徳は(これまで)いつも抑圧的,否定的なものであった。それは「汝・・・べからず」と言ってきたし,規則の禁じていない活動の結果を調べる労をとったことがない。この種の道徳に対して,神秘思想家や宗教関係の教師(導師)は皆抗議してきたけれども無駄であった(効果はなかった)。(即ち,)彼らに従う者たちは,彼らの最もはっきりした意見さえも無視した(のである)。それゆえ,彼らのやり方では,いかなる大規模な改善も生じそうにないように思われる。

Those who defend traditional morality will sometimes admit that it is not perfect, but contend that any criticism will make all morality crumble. This will not be the case if the criticism is based upon something positive and constructive, but only if it is conducted with a view to nothing more than momentary pleasure. To return to Bentham: he advocated, as the basis of morals, ‘the greatest happiness of the greatest number’. A man who acts upon this principle will have a much more arduous life than a man who merely obeys conventional precepts. He will necessarily make himself the champion of the oppressed, and so incur the enmity of the great. He will proclaim facts which the powers that be wish to conceal; he will deny falsehoods designed to alienate sympathy from those who need it. Such a mode of life does not lead to a collapse of genuine morality. Official morality has always been oppressive and negative: it has said ‘thou shalt not’, and has not troubled to investigate the effect of activities not forbidden by the code. Against this kind of morality all the great mystics and religious teachers have protested in vain: their followers ignored their most explicit pronouncements. It seems unlikely, therefore, that any large-scale improvements will come through their methods.
出典: The Harm That Good Men Do,1926.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/0393_HGMD-140.HTM

<寸言>
「由らしむべし知らしむべからず」(一般大衆は愚かなので,説明しても理解しない。従って,社会秩序を保つためには,「余分なこと」は知らせない方がよい。)の精神で政治を行う保守政治家たち。つまり,自分たちは一般庶民とは違うと思っている。彼らは,選挙で落選すれば「タダの人」になってしまうが、国会に議席をもっていなくても,保守党に所属していれば(与党「関係者」であれば)一般国民の「上にたてる」と思っている人たちである。

不正によって利益を得る人々が賞罰を与える地位にある(という社会/国家)

 我々の今日の倫理迷信と合理主義との奇妙に混じり合ったものである。殺人古代からの犯罪(注:←古代に発生した犯罪←古代の犯罪)であり,我々はそれを長年に渡ってたちこめる恐怖の霧を通して眺めている。偽造近代の犯罪であり,そうして,我々はそれを合理的(合理主義的)に眺める。我々は偽造者を罰するけれども,殺人者のように,別扱いの奇異な存在とは感じない。しかも(そうして)我々は,いまだに,社会的慣行において,たとえ理論上ではどう考えようとも,徳(美徳)とは行うことよりもむしろ行わないことにあると思っている。「罪」というレッテルを貼られた一定の行為を控えることは,他人の幸福(welfare)を増進するために何一つしなくても,善人になる。もちろん,このことは福音書において説き教え込まれている態度ではない。「汝の隣人を汝自身のごとく愛せよ」の言葉は,一つの積極的な教訓である。
 しかし,全てのキリスト教社会で,この教訓に従う者は迫害されるか,少なくとも貧乏を,通例は投獄を,時には死を招く。世界は不正に満ちており,不正によって利益を得る人々は賞罰を与える立場(地位)にある。ご褒美(報賞や褒賞など)は不平等に対する巧妙な正当化(の方法や理屈付け)を発明した(創案した)者のところに行き(与えられ),罰はこれを矯正しよう(正そうと)とする者のところに行く(与えられる)。隣人に対する純粋な愛情を持つ人間が汚名を長期間避けられる国がどこかにあるという話を,私は知らない(聞いたことがない)。
戦争勃発直前,フランスの最良の市民であったジャン・ジョレス(Jean Jaures, 1859-1914:第一次世界大戦に反対したために,狂信的な国家主義者に暗殺された。)がパリで殺害された。ジョレスを殺害した者は,公共の奉仕(注:a public service :国家のための行為-お国のためにやったこと→「愛国無罪」/この場合の service は可算名詞)を遂行したという理由で,無罪放免となった。この事件は,とりわけ劇的なものであったが,しかし,同種のことはいたるところに起っている。

Our current ethic is a curious mixture of superstition and rationalism. Murder is an ancient crime, and we view it through a mist of age-long horror. Forgery is a modern crime, and we view it rationally. We punish forgers, but we do not feel them strange beings set apart, as we do murderers. And we still think in social practice, whatever we may hold in theory, that virtue consists in not doing rather than in doing. The man who abstains from certain acts labelled ‘sin’ is a good man, even though he never does anything to further the welfare of others. This, of course, is not the attitude inculcated in the Gospels: ‘Love thy neighbour as thyself’ is a positive precept. But in all Christian communities the man who obeys this precept is persecuted, suffering at least poverty, usually imprisonment, and sometimes death. The world is full of injustice, and those who profit by injustice are in a position to administer rewards and punishments. The rewards go to those who invent ingenious justifications for inequality, the punishments to those who try to remedy it. I do not know of any country where a man who has a genuine love for his neighbour can long avoid obloquy. In Paris, just before the outbreak of the war, Jean Jaures, the best citizen of France, was murdered; the murderer was acquitted, on the ground that he had performed a public service. This case was peculiarly dramatic, but the same sort of thing happens everywhere.
出典: The Harm That Good Men Do,1926.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/0393_HGMD-130.HTM

<寸言>
国や地方自治体の各種審議会が(実質的に)時の権力者から選ばれた御用学者や御用「識者」中心に構成されていたとしたら,(手続きだけは民主的に見えても)民主主義は形骸化し・・・。

「立派な」人たちが徳(美徳)のためにとかくふけりがちな無謀な嘘

 百年前(注:今から見ると二百年前),ジュレミー・べンサム (Jeremy Bentham, 1748-1832。「快楽や幸福をもたらす行為が善であり・・・最大多数の最大幸福をもたらすものが善である」とする功利主義者として有名)という名の哲学者がいましたが,この人は一般に邪悪な人間であると見られていました(注:「昔々,あるところに・・・が住んでいました」といったニュアンスか?)。 私は,子供の時に,この人物の名前に初めて出くわした時のことを,今日でも,記憶している。それは,祖母(おばあさん)が亡くなったら,祖母(おばあさん)をスープにすべきだ(スープにして食べるべきだ)とべンサムは言っているというような趣旨の,シドニー・スミス師(尊師)の陳述(言葉)の中にあったものである。この行為は,道徳的観点からと同様に調理上の観点からも望ましくないものだと思われたので,従って,私は,べンサムをよく思わなかった。ずっと後に至って,この陳述(言葉)は, 立派な人たちが徳(美徳)のためにとかくふけりがちな無謀な嘘の一つだということがわかった。

また,私は,彼(ベンサム)に対して実際に厳しく非難すべき点は何であるかということも発見した。それは次のようなことにほかならなかった。即ち,彼が,善人とは善をなす人間だと定義したことである。この定義は,読者が健全な考えの持ち主であればただちに気づくであろうが,すべての真の道徳を破壊するものである。もっとずっと賞揚すべきはカントの態度であり,彼は,親切な行為も恩恵を受ける者(受益者)に対する愛情からなされたものであれば美徳とは言えないが,もしそれが道徳法則によって霊感を受けたもの(鼓舞されたもの)であるならばその時にのみ徳(美徳)である,と主張する。その場合は,もちろん,不親切な行為を起させる見込みもある。我々は,徳(美徳)を行うことは,それ自体がその報酬になるべきであるということを,理解している。また,そこからの当然の帰結として,この徳(美徳)を受ける者がこの徳(美徳)に堪えることこそ,この徳(美徳)自体の罰になるべきだということになる。従って,カントは,ベンサムよりもいっそう崇高なモラリストであり,徳(美徳)を徳そのもののために愛すると語る全ての人たちの賛成を得ている。

A hundred years ago there lived a philosopher named Jeremy Bentham, who was universally recognised to be a very wicked man. I remember to this day the first time that I came across his name when I was a boy. It was in a statement by the Rev. Sydney Smith to the effect that Bentham thought people ought to make soup of their dead grandmothers. This practice appeared to me as undesirable from a culinary as from a moral point of view, and I therefore conceived a bad opinion of Bentham. Long afterwards, I discovered that the statement was one of those reckless lies in which respectable people are wont to indulge in the interests of virtue. I also discovered what was the really serious charge against him. It was no less than this: that he defined a ‘good’ man as a man who does good. This definition, as the reader will perceive at once if he is right-minded, is subversive of all true morality. How much more exalted is the attitude of Kant, who lays it down that a kind action is not virtuous if it springs from affection for the beneficiary, but only if it is inspired by the moral law, which is, of course, just as likely to inspire unkind actions. We know that the exercise of virtue should be its own reward, and it seems to follow that the enduring of it on the part of the patient should be its own punishment. Kant, therefore, is a more sublime moralist than Bentham, and has the suffrages of all those who tell us that they love virtue for its own sake.
出典: The Harm That Good Men Do,1926.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/0393_HGMD-010.HTM

<寸言>
東西古今,「立派な」人々がつき続けてきた嘘は枚挙に暇がない。彼らは,高貴な徳を実現するためには人々(国民)を騙し続けてもかまわない(必要悪)と思っている「善人とは善をなす人間」における「善」は,’世の中で’「善」とされていることであり、運良く「善」であることもあるが、そうでない場合も少なくない

コンラッドとの最後の接触

 私は,その年(1921年)の大部分をコーンウォールで過ごしたので,彼(Joseph Conrad,1857-1924)にあまりあわなかった。そうして,彼の健康は悪化しつつあった。しかし,彼からの何通かの魅力的な手紙を受け取った。特に私が出した中国に関する本(注:The Problem of China, 1921)についての彼からの手紙は魅力的なものであった。彼は,手紙のなかで次のように書いている。

「私は,常に中国人を愛してきました,チャンタブリ(注:Chantabun チャンタブン = Chantaburi チャンタブリ)のある人の家で私(や何人かの他の人)を殺そうとした中国人でさえ,また,(それほど大金ではなかったですが)ある夜バンコックで私の金を全部盗んだが,シャム(注:当時のタイ)の奥深くへと消え去る前に,私が朝着るための服に丁寧にブラシをかけて畳んでおいた中国人でさえ,私は愛しました。また,私は,多くの中国人から直接親切を受けました。このことと,あるホテルのベランダで 陳氏の秘書(注:His Excellency Tseng と “His” がついているのでよくわからないが,当時の中国人の有名な共産主義者らしい)と一晩談話したことと,「異教徒の中国」という詩を一ついいかげんに勉強したことが,私の知っている中国の全てです。しかし,あなたの極めて興味深い「中国の問題」に関する見解を読んだ後では,私の中国の将来に対する見方は暗くなります。

彼はさらに続けて,私の中国の将来に対する見方は,「心に悪寒を感じさせる(ぞっとさせる)」ものであり,私が国際的社会主義に希望を託しているだけにますますそうだと言った。彼は次のようにコメントした。「(それは)私がいかなる種類の明確な意味を与えることができないものです。私は,いかなる人の本にも,いかなる人の話にも,人間が住んでいるこの世界を支配する根深い宿命感を,一瞬たりとも否定することができると十分確信させてくれるものをまったく見い出すことができません(これまで発見できていません)。」 彼はさらに続けて,人間は飛ぼうとしてきたが,「人間は鷲のように(ゆったりと堂々と)飛ばないで,甲虫のように(ばたばたとうるさく)飛んでいます。あなたは,甲虫の飛び方が,いかに醜く,馬鹿げていて,間が抜けているか気づいているに違いありません。」 このコンラッドの悲観主義的な言葉のなかで,彼は,私が中国の幸福な状態へのやや不自然な希望で示したものよりも,より深い知恵を示していると感じた。これまでに起こった出来事は,彼の方が正しかったことを証明している,と言わなければならない。(注:このエッセイは1953年に発表されているが,1949年には中国に共産主義国家が成立している。ラッセルは社会主義者ではあるが,共産主義には強く反対した。)
この手紙が私と彼との最後の接触(コンタクト)であった。私は,(それ以後)彼と話すために,再び会うことはなかった。一度,彼が,通りの向う側で,以前私の祖母の家だったが彼女が死んだ後に美術クラブ(The Arts Club)となっていた建物のドアの外に立って,私が知らない人と熱心に話しているのを見かけた。真面目な会話をしているように見えたので,私は会話の邪魔をしたくなかった。そこで私は立ち去った。それからしばらくして彼が死んだので,もっと勇気があればよかったと残念に思った。今は,その家は,ヒットラー(ドイツのロケット弾)によって破壊されてしまい,消え去ってしまった。コンラッドは,忘れられかけているように思われる。しかし,彼の強烈で情熱的な高貴さは,私の記憶の中で,井戸の底から眺める星のように輝いている。私は,彼が私の上でかつて輝いたように,他の人々の上でも輝かせたいと思う。

I did not see much of him, as I lived most of the year in Cornwall, and his health was failing. But I had some charming letters from him, especially one about my book on China. He wrote:

“I have always liked the Chinese, even those that tried to kill me (and some other people) in the yard of a private house in Chantabun, even (but not so much) the fellow who stole all my money one night in Bangkok, but brushed and folded my clothes neatly for me to dress in the morning, before vanishing into the depths of Siam. I also received many kindnesses at the hands of various Chinese. This with the addition of an evening’s conversation with the secretary of His Excellency Tseng on the verandah of a hotel and a perfunctory study of a poem, ‘The Heathen Chinee’ is all I know about Chinese. But after reading your extremely interesting view of the Chinese Problem I take a gloomy view of the future of their country.”

He went on to say that my views of the future of China “strike a chill into one’s soul,” the more so, he said, as I pinned my hopes on international socialism.–“The sort of thing,” he commented, “to which I cannot attach any sort of definite meaning. I have never been able to find in any man’s book or any man’s talk anything convincing enough to stand up for a moment against my deep-seated sense of fatality governing this man-inhabited world.” He went on to say that although man has taken to flying, “He doesn’t fly like an eagle, he flies like a beetle. And you must have noticed how ugly, ridiculous and fatuous is the flight of a beetle.” In these pessimistic remarks, I felt that he was showing a deeper wisdom than I had shown in my somewhat artificial hopes for a happy issue in China. It must be said that so far events have proved him right.
This letter was my last contact with him. I never again saw him to speak to. Once I saw him across the street, in earnest conversation with a man I did not know, standing outside the door of what had been my grandmother’s house, but after her death had become the Arts Club. I did not like to interrupt what seemed a serious conversation, and I went away. When he died, shortly afterward, I was sorry I had not been bolder. The house is gone, demolished by Hitler. Conrad, I suppose, is in process of being forgotten. But his intense and passionate nobility shines in my memory like a star seen from the bottom of a well. I wish I could make his light shine for others as it shone for me.
出典: Joseph Conrad, 1953.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/1040_CONRAD-060.HTM

<寸言>
寛容であった時代の中国へのノスタルジーも少し。ラッセルは社会主義者ではあるが、共産主義には反対した。自由を尊ぶラッセルとしては、非人間的な共産主義や全体主義は受け入れることができないものであった。

J.コンラッドに自分の息子の名付け親になってもらう

 私は,第一次世界大戦中,またその後も1921年に中国から帰国するまで,コンラッドにまったく会わなかった。私の最初の息子がその年(注:1921年=ラッセル49歳)に生れると,私は,コンラッドに,正式の儀式なしに,できるだけ息子の名付親に近いものになってほしいと期待した。私は手紙を書いてそのなかで次のように述べた。「あなたの許しを得て,私の息子をジョン・コンラッド(ジョン・コンラッド・ラッセル)と名付けたいと思います。私の父も祖父も曾祖父もジョンと名付けられました。それに,コンラッドは良い名前です。」 彼はこの立場を引受け,私の息子にそのような機会に通常贈られるコップを型どおりに贈ってくれた。

I saw nothing of Conrad during the war or after it until my return from China in 1921. When my first son was born in that year I wished Conrad to be as nearly his godfather as was possible without a formal ceremony. I wrote to Conrad saying: “I wish, with your permission, to call my son John Conrad. My father was called John, my grandfather was called John, and my great-grandfather was called John; and Conrad is a name in which I see merits.” He accepted the position and duly presented my son with the cup which is usual on such occasions.
出典: Joseph Conrad, 1953.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/1040_CONRAD-050.HTM

<寸言>
ラッセルの次男の名前もコンラッド・ラッセル(ジョンはついていない)と名付けられた。ただし、その時にはジョウゼフ・コンラッドはなくなっていた。

孤独及び見慣れないものへの恐怖心-コンラッドとラッセルの場合

 コンラッドの想像力の大部分を専有していると思われる二つのものは,孤独及び見慣れないものへの恐怖心である。『文化果つるところ』は『闇の奥』と同様に,見慣れない事物への恐怖心に係るもの(物語)である。両方(孤独と見慣れないものへの恐怖心)とも『(小説)エイミー・フォスター』という感動的な短編小説(物語)のなかに,一体となって出てきている。この短編小説(物語)のなかで,ある南スラブの小作人がアメリカに渡る中,船の遭難にあい,ただ一人生き残り,(英国の)ケント州のある村に放り出される。エイミー・フォスターを除く村中の人々が彼を恐れ,足蹴に取り扱う。彼女は,鈍感で飾りのない少女であり,彼が飢えている時にパンを持ってきて与え,ついには彼と結婚する。しかし,夫が熱病にうかされて母国語を口走った(母国語にもどった)時,彼女もまた彼に対する恐怖心(注:見慣れないものに対する恐怖心)にとらわれ,子供を奪いとって(ひっつかんで)彼のもとを去り,彼を棄てる。彼は,一人になり希望を失って,亡くなる。私は,作者であるコンラッドが,この男の寂蓼をどれほど英国人の中で感じ,強い意志のカ(努力)で抑圧したのだろうかと,時々,思案した

コンラッドの物の見方は,現代的な物の見方からはずっと離れたものであった。近代世界には二つの哲学がある。一つはルソーから出ているものであり,規律を不要なものとして払いのける(一蹴する)。もう一つはその完璧な表現を全体主義の中に見いだすことができ,規律を本質的には(本質上)外部から課せられる(課せられるべき)ものとして見なす。コンラッドは,規律は内部から生ずるべきであるという従来の伝統に固執する。彼は規律の無さを軽蔑し,また,単なる外的な(外部からの)規律を嫌った。

これら全ての点で,私は彼と非常に意見が一致していることがわかった。我々は,まさに最初の出会いにおいて,絶えず親しみが増し続ける状態で話し合った。皮相な面を一つひとつ通り抜けて深く沈んで行き,ついには二人とも心の奥底(central fire 心の中心の火炎)に到達したように思われた。それは,私がそれまでに経験したいかなるものとも異なった経験であった。我々はお互い目を見つめ合い,二人ともそのような領域にいるのを発見して,半ばぎょっとし,半ば陶酔した。それは情熱的な恋愛と同じように強烈であり,同時に,あらゆるものを包含するような感情であった。私は困惑しながら(彼のもとを)立ち去り,平常の仕事にほとんど手がつかなかった。

The two things that seem most to occupy Conrad’s imagination are loneliness and fear of what is strange. An Outcast of the Islands like The Heart of Darkness is concerned with fear of what is strange. Both come together in the extraordinarily moving story called Amy Foster. In this story a South Slav peasant, on his way to America, is the sole survivor of the wreck of his ship, and is cast away in a Kentish village. All the village fears and ill treats him, except Amy Foster, a dull, plain girl who brings him bread when he is starving and finally marries him. But she, too, when, in fever, her husband reverts to his native language, is seized with a fear of his strangeness, snatches up their child and abandons him. He dies alone and hopeless. I have wondered at times how much of this man’s loneliness Conrad had felt among the English and had suppressed by a stern effort of will.

Conrad’s point of view was far from modern. In the modern world there are two philosophies: the one, which stems from Rousseau, and sweeps aside discipline as unnecessary; the other, which finds its fullest. expression in totalitarianism, which thinks of discipline as essentially imposed from without. Conrad adhered to the older tradition, that discipline should come from within. He despised indiscipline, and hated discipline that was merely external.
In all this I found myself closely in agreement with him. At our very first meeting, we talked with continually increasing intimacy. We seemed to sink through layer after layer of what was superficial, till gradually both reached the central fire. It was an experience unlike any other that I have known. We looked into each other’s eyes, half appalled and half intoxicated to find ourselves together in such a region. The emotion was as intense as passionate love, and at the same time all-embracing. I came away bewildered, and hardly able to find my way among ordinary affairs.
出典: Joseph Conrad, 1953.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/1040_CONRAD-040.HTM

<寸言>
ラッセルも大正時代に来日した時にコンラッドと同様な「見慣れないものへの恐怖心」を経験している。「ラッセル自伝」から以下、引用しておこう。
「私たちは,猛暑のなか京都から横浜まで(東海道線で) 10時間の旅 をした。暗くなってまもなくの頃,横浜に到着した。そうして,私たちはカメラマンたちが連続的にたくマグネシウムの爆発音で迎えられた。マグネシウムが一回爆発するごとにドーラはとび上がったので,流産するのではないかという心配が増した。私は’怒り’で我を失った。私がそんなふうになったのは,かつてフィッツジェラルドの首を絞めて殺しそうになった時以来,この時だけであった。私は,フラッシュライト(閃光灯)をもっている男性カメラマンたちを追いかけたが,’びっこ’をひいていたためにつかまえることができなかった。私は間違いなく殺人をおかしたであろうから,そのことは幸いであった。一人の冒険心のあるカメラマンが,怒りで眼が爛々としている私の写真を撮ることに成功した。私がそのように完璧に狂気じみて見えるようになるなどとは,この写真がなければついぞ知らなかったことである。この写真で私は東京に紹介された。
あの時の私の感情は,インド暴動(注:Mutiny 1857年のインドのベンガル地方のインド人傭兵が英国支配に対して起こした反乱)に際して,インド在住の英国人(Anglo-Indian)がもったにちがいない感情 -すなわち 有色人種の叛徒にとり囲まれた時の白人の感情- と同じ種類のものであった。・・・」