危険に対する合理的な理解は必要だが,「蛮勇」も「恐怖心」もどちらも不要

 息子は今では(彼は三歳九ケ月であるが)6フィートの高さから躊躇なく飛び降りるし,放っておけば20フィートの高さ(注:約6メートル/因みに1フィートは約30センチ)からでも飛びおりることだろう。このようにして,危険性を把握することを教えたことは,確かに,行きすぎた結果をもたらすことはなかった。それは,暗示によるのではなく,知識を授けたためだ,と私は考えている。
知識を授けている時,私も息子も恐怖を感じていなかった。このことは,教育上非常に重要であると考える。危険に対して合理的な理解は必要である。(しかし)恐怖心は必要ではない。子供は,恐怖の要素がいくらかないと危険を把握することができない。しかし,教える側にこの要素が存在しない場合は,恐怖心という要素を大幅に減らすことができる。子供の世話をしている大人は,決して恐怖心を感じてはいけない。女性も,男性と同様に勇気を養わなければいけない一つの理由は,ここにある。

He now (three years and nine months) jumps from heights of six feet without hesitation, and would jump twenty feet if we would let him. Thus the instruction in apprehension certainly did not produce excessive results. I attribute this to the fact that it was instruction, not suggestion ; neither of us was feeling fear when the instruction wag given. I regard this as very important in education. Rational apprehension of dangers is necessary ; fear is not. A child cannot apprehend dangers without some element of fear, but this element is very much diminished when it is not present in the instructor. A grown-up person in charge of a child should never feel fear. That is one reason why courage should be cultivated in women just as much as in men.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 4: Fear.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE04-050.HTM

<寸言>
つまり,母親の臆病さや恐怖心は幼い子供に伝染することから,勇気は男性だけでなく女性にも必要である。
 危険に対する合理的な理解を持つことと恐怖心を持つことは同じではなく,過度な恐怖心を持つことは望ましくない。「蛮勇」を「勇気(があること)」と混同する人が少なくない。

未知のもの,見慣れないものは不安や希望を与える

 息子を怯えさせた影は,通りを通り過ぎた見えない対象物(たとえばバスなど)によって部屋の中に投げかけられた,ぼんやりした,迅速に動くであった。私は,自分の指で壁や床の上に影を作ってみせ,息子にも私のまねをさせて,彼の恐怖心を治してあげた。まもなく息子,影というものを理解したように感じて,影を面白がるようになった。同じ原理が,機械じかけのおもちゃにもあてはまった。息子は,仕組み(メカニズム)を理解すると,もう怖がらなくなった。しかし,仕組みが目に見えない場合は,慣れるのに時間がかかった。(たとえば)息子は,その上に座ったり押えたりすると,陰気な音が長く出るクッションを誰かにもらったことがあった。このクッションは,長いこと彼をビクビクさせた。私たちは,この息子を怖がらせるものを完全に撤去するようなことは,断じてしなかった。私たちは,それをやや離れたところに置いた。そこなら,少し怖いだけであった。このようにして,しだいに慣れるようにした。そして,恐怖心がまったくなくなるまで続けた。一般的に,最初は恐怖心を起こさせる神秘的な性質も,恐怖心が克服されれば,喜びを生み出すものとなった。私の考えでは,合理的でない恐怖心(恐れる客観的な理由のないもの)は,決してただ放っておくべきではなく,弱い形でそれに慣れるようにして,しだいに克服しなければならない。

The shadows that frightened him were vague, quickly-moving shadows thrown into a room by unseen objects (such as omnibuses) passing in the street. I cured him by making shadows on the wall and the floor with my fingers, and getting him to imitate me; before long, he felt that he understood shadows and began to enjoy them. The same principle applied to mechanical toys ; when he had seen the mechanism he was no longer frightened. But when the mechanism was invisible the process was slow. Someone gave him a cushion which emitted a long melancholy whine after being sat upon or pressed. This alarmed him for a long time. In no case did we entirely remove the terrifying object: we put it at a distance, where it was only slightly alarming ; we produced gradual familiarity, and we persisted till the fear completely ceased. Generally the same mysterious quality which caused fear at first produced delight when the fear had been overcome. I think an irrational fear should never be simply let alone, but should be gradually overcome by familiarity with its fainter forms.
* whine (名):すすり泣きの声;ヒューという音
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 4: Fear.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE04-040.HTM

<寸言>
恐れる合理的な理由がないものに対する恐怖心は、幼いころから徹底的に除去すべき。

「本能」といっても,生まれてすぐに現れるとは限らず・・・

 生後2年目及び3年目には,新しい恐怖心が出てくる。こういった恐怖心がどこまで暗示によるものか,どこまで本能によるものかは,議論の余地のある問題である。生後一年目に恐怖心が存在しないとしても,そのことは,恐怖心は本能的なものではないという決定的な証拠にはならない。なぜなら,本能は何歳のときに成熟するかも知れないからである。最も極端なフロイト主義者でさえ,性本能は生まれたときから成熟していると主張する者はいないであろう。

During the second and third year, new fears develop. It is a moot point how far this is due to suggestion, and how far it is instinctive. The fact that the fears do not exist during the first year is not conclusive against their instinctive character, since an instinct may ripen at any age. Not even the most extreme Freudian would maintain that the sex-instinct is mature at birth.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 4: Fear.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE04-020.HTM

<寸言>
ある性質が遺伝や本能によるものか,あるいは、生まれた後の環境や躾や教育によるものか、よくわからないものがある。通常、その両方の影響だとする場合が多いが、それならどちらの要素が強いかで、人の意見は様々となる。

ペットのように子どもをかわいがってはいけない!

 以上を要約しよう。生まれたばかりの赤ん坊でも,将来この世でしかるべき位置を占める人間として,尊敬をもって扱おう。あなたの現在の都合のために,あるいは,赤ん坊を甘やかして楽しむために,赤ん坊の未来を犠牲にしてはならない。どちらも,負けず劣らず有害である。他の場合と同様,この場合も,正しいやり方に従おうとするのであれば,愛情と知識の結びつき(組み合わせ)が不可欠である。

To sum up: Treat even the youngest baby with respect, as a person who will have to take his place in the world. Do not sacrifice his future to your present convenience, or to your pleasure in making much of him : the one is as harmful as the other. Here, as elsewhere, a combination of love and knowledge is necessary if the right way is to be followed.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 3: the first years.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE03-080.HTM

<寸言>
ペットとして動物のように可愛がるのも,稚すぎる頃から厳しく独立した個人として躾けるのも、どちらも好ましくない。

子どもの躾や教育のための武器としての「飴と鞭」

 生後二,三ケ月頃,赤ん坊(親の表情をまねして)微笑むようになり,また,物に対する感情とは異なった感情を人間に対して持つようになる。この時期に,母と子(赤ん坊)の間に社会的な関係が可能になりはじめる。即ち,赤ん坊は,母親を見ると喜びを表すことができ、また、実際に喜びを表し,単に動物的ではないいろいろな反応を発達させる。すぐに,褒められたり認められたりしたいという欲望が発達する。私の息子(注:1921年に生まれたラッセルの初めての子どもジョン)の場合,その欲望は,生後五ケ月の時,初めてはっきりと示された。彼はいろいろ試みたあげく,テーブルからいくらか重い鈴を持ち上げ,それを鳴らしながら,得意そうな微笑みを浮かべて,みんなの顔を見回したのである。この瞬間から,教育者は,新しい武器を手にしたことになる。即ち,褒めること(注:飴)と,叱ること(注:鞭)である。

At about the age of two to three months, the child leans to smile, and to have feelings about persons which are different from its feelings about things. At this age a social relation between mother and child begins to be possible : the child can and does show pleasure at the sight of the mother, and develops responses which are not merely animal. Very soon a desire for praise and approval grows up; in my own boy, it was first shown unmistakably at the age of five months, when he succeeded, after many attempts, in lifting a somewhat heavy bell off the table, and ringing it while he looked round at everybody with a proud smile. From this moment, the educator has a new weapon: praise and blame.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 3: the first years.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE03-070.HTM

<寸言>
褒めることと叱ること(飴と鞭)は、上手に使えばよいが、悪い使い方をすると、人間をスポイルすることになる。

幼児期に良い習慣を身につけることの重要さ

 ごく早くから身につけた習慣は,後年,まるで本能のように感じられる。(良い習慣も悪い習慣も)いずれの習慣も深く体に刻み込まれる。その後に新しく,前のとは反対の習慣を身につけたとしても,同じような力を持つことはできない。この理由からも,生後最初の習慣(形成)は重大な関心事でなければならない。

Habits acquired very early feel, in later life, just like instincts; they have the same profound grip. New contrary habits acquired afterwards cannot have the same force; for this reason, also, the first habits should be a matter of grave concern.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 3: the first years.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE03-020.HTM

<寸言>
「身につけた悪い習慣は全て,後によりよい習慣を身につける妨げになる。幼年期初期における最初の習慣形成が非常に重要なのは,このためである。」に続く文章。

証拠がなくても信じてしまう?ー 思い込みは冤罪発生の原因の一つ

 隣人の犯した罪は,宗教の慰めと同様,(噂話の種としては)とても心地よいものなので,私たちは立ち止まって,その証拠を詳しく吟味するようなことはしない。

Our neighbour’s sins, like the consolations of religion, are so agreeable that we do not stop to scrutinize the evidence closely.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, chap. 1: Postulates of Modern Educational Theory
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE02-190.HTM

<寸言>
冤罪(えんざい)がなくならない原因の一つ思い込み,先入観、悪い人間を罰したいという強い感情

自分も無関係ではない残酷な出来事を、無知を理由に自分を無罪放免できる人

 個人的な交際においては常に非常に思いやりのある人も,戦争を扇動したり,「後進国」の子供たちを虐待することによって,収入を得ているかもしれない。このようなお馴染みの現象はすべて,大部分の人は単なる抽象的な刺激では共感(同情)をかきたてられない,という事実によっている。

A man who is full of kindliness in all personal dealings may derive his income from incitement to war or from the torture of children in ‘backward’ countries. All these familiar phenomena are due to the fact that sympathy is not stirred, in most people, by a merely abstract stimulus.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, chap. 2: The Aims of Education
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE02-170.HTM

<寸言>
弁解できない残酷さが明らかになると,(無意識の日和見主義により)見て見ぬふりをしていた人は,無作為による残虐行為への加担を非難されると,「知らなかった」と言って,自らを無罪放免する。

(「意志の塊」の) 政治家に感受性を求めても無駄?

 感受性の望ましい形次の発達段階は、共感(同情)である。・・・。必要なのは、次の2つの方向への拡大である。その第1は、苦しんでいる人が特別な愛情の対象でない場合でも共感を覚えること。その第2は、その苦しみが感覚でとらえられる形では現存していなくても、いま起こっているのだと知るだけで共感を覚えることである。

The next stage in the development of a desirable form of sensitiveness is sympathy. .. The two enlargements that are needed are: first, to feel sympathy even when the sufferer is not an object of special affection; secondly, to feel it when the suffering is merely known to be occurring, not sensibly present.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, chap. 2: The Aims of Education
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE02-170.HTM

<寸言>
 「感受性」には「想像力」が必要。「意志の強さ」ばかりを強調する政治家に感受性を求めても無駄な努力に終わるであろう。また,他人に対する思いやりが大事だという政治家も、可能なのは(ラッセルの言う)第1の方向だけであり,第2の方向、即ち,「その苦しみが感覚でとらえられる形では現存していなくても、いま起こっているのだと知るだけで共感を覚えること」などは,知性も,想像力も乏しい政治家には所詮無理なこと。

「感受性豊かな」悪人?

 純粋に理論的な定義では、多くの刺激がある人の中に多くの感情を生じさせれば、(それだけで)その人は情緒的に感受性に富む、ということになるだろう。しかし、このように広義にとった場合は、この性質は必ずしも善いものではない。感受性がよいものであるためには、情緒的な反応は、ある意味で、適切なものでなければならない。単に感受性が強いということだけが必要なのではない。

A purely theoretical definition would be that a person is emotionally sensitive when many stimuli produce emotions in him; but taken thus broadly the quality is not necessarily a good one. If sensitiveness is to be good, the emotional reaction must be in some sense appropriate: mere intensity is not what is needed.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, chap. 2: The Aims of Education
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE02-160.HTM

<寸言>
当たり前と言えば当たり前のことですが,感受性の良さ・悪さは必ずしもはっきり判断できるとは限りません。特に芸術家の場合などは・・・。