ラッセル『結婚論』第19章 性と個人の福祉 n.6


『結婚論』第19章 性と個人の福祉
n.6:性的自由と伝統的道徳の枷

 思春期は,周知のように,神経障害がよく起こり,普段はいつも精神が安定している人が,まったく逆(精神不安定)になりやすい時期である。ミード女史は,『サモア島の成人』という著書の中で,思春期の障害(変調)はサモア島では知られていないと主張しており,これは性の自由が広く行きわたっているためだとしている(同書p.157)。なるほど,この性の自由は,布教活動のために(サモア島でも現在)いくらか切り詰められつつある。ミード女史が質問した娘の何人かは,宣教師の家に住んでいて,これらの娘たちは,思春期の間は,マスターベーションと同性愛をおこなっただけだがそれ以外のところに住んでいる娘たちは,異性との交渉も持っていた。わが国(英国)の最も有名な男子校も,この点において,サモアの宣教師の家とあまり変わったところはないが,サモアでは無害である行動の心理的な影響も,英国の男子生徒にとっては悲惨なものになるかもしれない。なぜなら,彼(男子生徒)はおそらく,心の中で伝統的な教えを尊重しているのに対して,サモア島民は,宣教師のことを奇妙な趣味の持ち主で,その趣味を満足させてやらなければならない白人としてしか見ていないからである。(注:humour ここでは「満足させる」)

Chapter XIX: Sex and Individual Well-being, n.6

Adolescence, as everyone knows, is a time when nervous disorders are very frequent, and when persons who at all other times are well balanced may easily be quite the reverse. Miss Mead, in her book called Coming of Age in Samoa, asserts that adolescent disorders are unknown in that island, and she attributes this fact to the prevalent sexual freedom (p.157). This sexual freedom, it is true, is being somewhat curtailed by missionary activity. Some of the girls whom she questioned lived in the missionary’s house, and these, during adolescence, practised only masturbation and homosexuality, whilst those who lived elsewhere engaged also in heterosexual practices. Our most famous boys’ schools are not altogether so very different in this respect from the house of the Samoan missionary, but the psychological effect of behaviour which, in Samoa, is harmless, may in an English schoolboy be disastrous, because he probably respects in his heart the conventional teaching, whereas the Samoan regards the missionary merely as a white man with peculiar tastes that have to be humoured.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM19-060.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。