ミルの知性と道徳観(倫理観)の由来

 ジョン・スチュアート・ミル(注:John Stuart Mill, 1806-1873。英国の思想家で,『ミル自伝』や『自由論』で有名。/因みに,ミルはラッセルの名付け親) の19世紀の英国における重要性を評価することは簡単ではない。彼のなしとげたことは,純粋な知的な長所よりも,道徳的な高尚さ(倫理的気高さ)と人生の目的の正しい評価に,より多く依存していた。

彼の政治や道徳的問題に関する世論形成における影響(力)は,とても大きなものであり,私の考えでは,まったく良いものであったと思う。他のヴィクトリア時代の著名な人々と同様に,彼は知的卓越性ととても賞賛に値する人格(品性)とを併せ持っていいた。彼の知的卓越性は彼の意見に重みを与え,今振り返って思われるよりも,当時はより高く評価されていた。彼の倫理的あるいは道徳的理論に反対する多様な現代的な傾向はあるが,この点においては,私は,世界が当時よりも進歩したと感じることができない。

知的面から言えば,彼は出生の日付において不運であった(注:生まれた時代が悪かった)。先人(たち)はある方面での開拓者であったし,後進(たち)は他の方面での開拓者であった。彼の意見の下部構造(基礎)は,青年時代に支配的な性格の父親によって(ミルの)青年時代に形成されたままであり続けたが,彼がこの下部構造(基礎)の上にたてた諸理論は,大部分,その基礎が支えきれないものであった。摩天楼は岩盤の上に建てる必要があるので(地盤の弱い)ロンドンに建てることはできない,といわれている(私は聞いている)。ミルの学説は,粘土(層)の上に建てられた摩天棲のように基礎がいつも沈みつつあったので,不安定なものであった。カーライルやテーラー夫人(注:ハリエット・テーラ夫人。テーラが死んだ後ミルと再婚したが数年で死亡) の刺激のもとに(基礎の上に)つけ加えた新しい諸階層は,知的に,不安定であった。別の言い方をすると,道徳と知性とは彼の思考のなかで絶えず闘っていて,道徳はテーラー夫人において,また,知性は彼の父において,体現されていた。一方が柔かすぎるとすれば,他方は過酷なものであった。そこから生じた合成物は,実際面では情深いものであったが,理論面ではいくらか一貫性のないものであった。

It is not easy to assess the importance of John Stuart Mill in nineteenth-century England. What he achieved depended more upon his moral elevation and his just estimate of the ends of life than upon any purely intellectual merits.

His influence in politics and in forming opinion on moral issues was very great and, to my mind, wholly good. Like other eminent Victorians he combined intellectual distinction with a very admirable character. This intellectual distinction gave weight to his opinions, and was thought at the time to be greater than it appears in retrospect. There are various modern trends which are adverse also to his ethical and moral theories, but in these respects I cannot feel that the world has made any advance since his day.

Intellectually, he was unfortunate in the date of his birth. His predecessors were pioneers in one direction and his successors in another. The substructure of his opinions remained always that which had been laid down for him in youth by the dominating personality of his father, but the theories which he built upon this substructure were very largely such as it could not support. Skyscrapers, I am told, cannot be built in London because they need to be founded on rock. Mill’s doctrines, like a skyscraper founded on clay, were shaky because the foundations were continually sinking. The new stories, which he added under the inspiration of Carlyle and Mrs. Taylor, were intellectually insecure. To put the matter in another way: morals and intellect were perpetually at war in his thought, morals being incarnate in Mrs. Taylor and intellect in his father. If the one was too soft, the other was too harsh. The amalgam which resulted was practically beneficent, but theoretically somewhat incoherent.
出典: John Stuart Mill,1955.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/1097_JSM-010.HTM

<寸言>
一昔前は,いや随分昔には,ミルは知性派の代表として教科書などにとりあげられていたが,今ではその名前を知らない人も少なくない。