「未分類」カテゴリーアーカイブ

ラッセル『結婚論(結婚と性道徳』序論 n.4

(都合により本日2つ目)

 次に来る(突き当たる)のは、家族(に対する性倫理の影響)の問題である。様々な時代と場所において、多くの異なった種類の家族集団が存在してきたが、家父長制家族が非常に広範囲に優位であり、さらに、しだいに一夫一婦的な家父長制家族一夫多妻的な家父長制家族に対してますます優勢になってきている。キリスト教以前の時代以降,西欧文明の中に存在してきた性倫理の主要な動機は、家父長制家族の存立を不可能にしない程度に、女性の道徳的美点(貞淑さ)を確保することであった。なぜなら,(婚外における性交を禁止しておかないと)父性(誰がその子供の父親か)に確信が持てないからである。(注:当時は,男性の精子によって女性の卵子が受精するということは知られていいなかった。)キリスト教によって、この女性の道徳的美点(女性の貞淑)に、男性の道徳的美点(男性の貞淑)の強調という面(点)で付け加えられてきたものには、心理的に言って,禁欲主義がその源泉があった。もっとも、ごく最近では、この動機は女性の解放とともに強くなった女性の嫉妬(心)によって強化されてきている。けれども、後者の動機は、一時的なもののように思われる。なぜなら、もしも、うわべだけで判断してよいものなら、女性(たち)は、これまで女性だけがこうむってきた(我慢してきた)制限を男性にも課する制度よりも、むしろ、両性に自由を認めるような制度をより好む(選ぶ)だろうと思われるからである。

We come next to the question of the family. There have existed in various times and places many different kinds of family groups, but the patriarchal family has a very large preponderance, and, moreover, the monogamic patriarchal family has prevailed more and more over the polygamic. The primary motives of sexual ethics as they have existed in Western civilisation since pre-Christian times has been to secure that degree of female virtue without which the patriarchal family becomes impossible, since paternity is uncertain. What has been added to this in the way of insistence on male virtue by Christianity had its psychological source in asceticism, although in quite recent times this motive has been reinforced by female jealousy, which became potent with the emancipation of women. This latter motive seems, however, to be temporary, since, if we may judge by appearances, women will tend to prefer a system allowing freedom to both sexes rather than one imposing upon men the restrictions which hitherto have been suffered only by women.
出典: Marriage and Morals, 1929, Introduction.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM-INTRO040.HTM

<寸言>
お互いを縛るよりも,お互いの自由をより拡大していこうという時代の趨勢。ただし、そのためには、過剰な嫉妬心を抑えるということが男女ともに必要となる。

ラッセル『結婚論』序論 n.3: 多様な視点で考える

性倫理の影響は、この上もなく多様である。(即ち)、個人、夫婦(間)、家族(間)、国家、及び、国際社会、といった多様な面での影響である。その影響は、これらの点(細目)の(それぞれにおいて),ある面では良いが他の面では良くないという場合も、多分よく起こるだろう。(注:”may well happen” If you say that something may well happen, you mean that it is likely to happen.) 特定の制度について、結局(注:on balance; on the balance いろいろ考慮して)どう考えるべきかの結論を出す前に、全ての影響(影響するもの全て)について考察しておかなければならない。
 まず、純粋に個人的側面から考えてみよう。これらは、精神分析によって考察される影響である。ここでは、ある規則(道徳律)によって教えこまれた成人の行動だけでなく、その規則(道徳律)に服従させることを目的とした幼年期の教育をも考慮しなければならない。この個人の領域では、周知のように、幼年期のタブーの影響が非常に奇妙かつ間接的な場合がある。本主題のこの部門(領域)においては,我々は個人の福祉というレベルにある(個人のレベルで論じることになる)。
個人以外の問題の次の段階は、男女関係を考察するときに起こる。ある性的な関係は、他の性的な関係よりも価値があることは明らかである。大部分の人は、性関係は、もっぱら肉体的な関係(注:精神的な要素がほとんどない関係)よりも、精神的な要素を大幅に含んでいる性関係のほうがよりよい,ということに同意するであろう。事実、性関係の中に当事者たちの人格(個性)がより多く入り込めば込むほど、(それに比例して)愛(情)の価値も増していくというのが、詩人たちによって、文明国の男女の共通の意識の中に注ぎこまれてきた見解(物の見方)である。詩人たちは、また,愛(情)をその強さに比例して評価することを、多くの人びとに教えてきた。けれども、これは、議論(論争)の余地のある問題である。たいていの現代人は、愛は平等な関係であるぺきであり、それゆえにこの根拠びとつに基づいても、たとえば一夫多妻制は理想的な制度とみなすことはできない、ということに同意するだろう(注:つまり、多くの異性に強い情愛をもっていることは必ずしもよいことだとは考えない/たとえば、4人までの妻を認めるイスラム社会の制度を欧米人はよいとは考えない)。夫婦関係の領域(注:本主題のこの領域)においては、終始、結婚(婚姻関係)と婚外関係の双方を考慮しなければならないどのような結婚制度が主流であるにせよ、婿外関係も、それに応じてさまざまな形をとるであろうからである。

The effects of a sexual ethic are of the most diverse kinds – personal, conjugal, familial, national and international. It may well happen that the effects are good in some of these respects, where they are bad in others. All must be considered before we can decide what on the balance we are to think of a given system. To begin with the purely personal: these are the effects considered by psychoanalysis. We have here to take account not only of the adult behaviour inculcated by a code, but also of the early education designed to produce obedience to the code, and in this region, as everyone knows, the effects of early taboos may be very curious and indirect. In this department of the subject we are at the level of personal well-being. The next stage of other problem arises when we consider the relations of men and women. It is clear that some sex relations have more value than others. Most people would agree that a sex relation is better when it has a large psychical element than when it is purely physical. Indeed, the view which has passed from the poets into the common consciousness of civilised men and women is that love increases in value in proportion as more of the personalities of the people concerned enters into the relation. The poets also have taught many people to value love in proportion to its intensity; this, however, is a more debatable matter. Most moderns would agree that love should be an equal relation, and that on this ground, if on no other, polygamy, for example, cannot be regarded as an ideal system. Throughout this department of the subject it is necessary to consider both marriage and extra-martial relations, since whatever system of marriage prevails, extra-marital relations will vary correspondingly.
出典: Marriage and Morals, 1929, Introduction.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM-INTRO030.HTM

<寸言>
幅広い視点で考えることが重要であること。

あらゆる国の性に関わる制度はいつの時代も迷信と伝統の産物?

 (承継)  社会の性道徳は,いくつかの層から成っていることが見出される(わかる)であろう。まず,法律に成文化されている明確な制度(positive institutions)がある。たとえば,一夫一婦制の国(国々)もあれば,一夫多妻制の国(国々)もある,というようなことである。次に,法律は干渉しないが世論が勢いのある層がある。そして最後に,理論上はたとえそうでないとしても(if not = even if not),実際上は個人の裁量(思慮分別)にまかされている層がある。
ロシアを除いて,性倫理や性に関わる制度が理性的な考慮に基づいて決められてきた国は世界のどこにも(現在)存在しないし,また,世界史においてそのような時代は存在してこなかった。私は,ソビエト・ロシアの性に関わる制度はこの点において完壁であるとほのめかそうとしているのではない。私は,ただ,(ロシア以外の)他のあらゆる国の性に関わる制度は,いつの時代にも,少なくとも部分的には,迷信と伝統の産物であるように,ソビエト・ロシアの性に関わる制度はそうではない,と言っているにすぎない。

社会全体の幸福と福祉の見地から(考えて),どのような性道徳が(その社会にとって)最良であるかを決定する問題は,かなり複雑な問題であり,その答えは,多くの事情(状況)に応じて変わってくるであろう。工業の発達した社会と原始的な農業制度(の社会)とでは,性道徳は異なるであろう。医学と衛生が効果を挙げて死亡率の低下に寄与している場所は,人口の大部分が大人になる前に疫病や流行病のために命を奪われてしまうような場所とは異なるであろう。恐らく,もっと多くのことがわかってくれば,最良の性倫理は気候の違いによっても異なるし,食事の種類の違いによっても異なると言えるようになるであろう

The sexual morals of the community will be found to consist of several layers. There are first the positive institutions embodied in law; such, for example, as monogamy in some countries and polygamy in others. Next there is a layer where law does not intervene but public opinion is emphatic. And lastly there is a layer which is left to individual discretion, in practice if not in theory. There is no country in the world and there has been no age in the world’s history where sexual ethics and sexual institutions have been determined by rational considerations, with the exception of Soviet Russia. I do not mean to imply that the institutions of Soviet Russia are in this respect perfect; I mean only that they are not the outcome of superstition and tradition, as are, at least in part, the institutions of all other countries in all ages. The problem of determining what sexual morality would be best from the point of view of general happiness and well-being is an extremely complicated one, and the answer will vary according to a number of circumstances. It will be different in an industrially advanced community from what it would be in a primitive agricultural regime. It will be different where medical science and hygiene are effective in producing a low death-rate from what it would be where plagues and pestilences carry away a large proportion of the population before it becomes adult. Perhaps when we know more, we shall be able to say that the best sexual ethic will be different in one climate from what it would be in another, and different again with one kind of diet from what it would be with another.
出典: Marriage and Morals, 1929, Introduction.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM-INTRO020.HTM

ラッセル『結婚論(結婚と性道徳)』序論

序 論 n.1

scans_244, Thu Sep 08, 2011, 10:51:41 AM, 8C, 8568×10566, (105+773), 150%, bent 6 stops, 1/160 s, R50.7, G36.2, B47.9

古代であれ,現代であれ,社会を特徴づけるものとして二つの要素があり,それらの2つの要素は最高に重要性を持っていてかなり密接に相互に関連している。(即ち)一つは経済制度であり,もう一つは家族制度である。今日,二つの影響力を持つ学派があり,一方は,あらゆるものを経済的な原因(源泉)から導き出すのに対して,他方は,あらゆるものを家族あるいは性的な原因(源泉)から導き出す。前者はマルクス(学)派であり,後者はフロイト(学)派である。

私自身はどちらの学派の信奉者でもない。なぜなら,経済と性との相互の結びつきは,因果的効力(causal efficacy 因果作用)の点から見て,一方が他方よりも優位であることをはっきり示しているとは,私には思えないからである。たとえば,疑いもなく,産業革命は性道徳に深刻な影響を及ぼしてきたし,これからも及ぼすと思われるが,逆に,清教徒の性道徳は,心理的に見れば,産業革命の原因の一部(ひとつ)として不可欠であった

私自身は,経済的な要因と性的な要因のどちらにも優位(性)を与えるつもりはないし,事実,両者をはっきりと切り離すことはできない。経済は,本質的には,食物を手に入れることに関係しているものであるが,人間の場合,食物は個人のためにだけ求められることはめったになく,家族のために求められる(欲せられる)のであって,家族制度が変化するにつれて,経済的動機もまた変化する(のである)。

もし仮に,プラトンの『国家』に書かれているように,子供が両親からとりあげられて国家によって養育されるとしたら,生命保険だけでなく,私的な(個人的な)の貯蓄の大部分の形態はほとんど影を消してしまうであろう。すなわち,もしも,国家が父親の役割を引き受けるとしたら,事実上(ipso facto),国家が唯一の資本家になるだろう。徹底した共産主義者はしばしば逆の主張,即ち,もし,国家が唯一の資本家になるようであれば,我々の知っているような家族(形態)は生き残ることはできない,と主張してきた。たとえ,これは誇張しすぎだとしても,私有財産と家族との間に密接な関係があることは否定できないしかも,この関係は相互的なものであり,一方が原因で他方が結果である・と言うことはできない

In characterising a society, whether ancient or modem, there are two elements, rather closely interconected, which are of prime importance: one is the economic system, the other the family system. There are at the present day two influential schools of thought, one of which derives everything from an economic source, while the other derives everything from a family or sexual source, the former school that of Marx, the latter that of Freud. I do not myself adhere to either school, since the interconnection of economics and sex does not appear to me to show any clear primacy of the one over the other from the point of view of causal efficacy. For example: no doubt the industrial revolution has had and will have a profound influence upon sexual morals, but conversely the sexual virtue of the Puritans was psychologically necessary as a part cause of the industrial revolution. I am not prepared myself to assign primacy to either the economic or the sexual factor, nor in fact can they be separated with any clearness. Economics is concerned essentially with obtaining food, but food is seldom wanted among human beings solely for the benefit of the individual who obtains it; it is wanted for the sake of the family, and as the family system changes, economic motives also change. It must be obvious that not only life insurance but most forms of private saving would nearly cease if children were taken away from their parents and brought up by the state as in Plato’s Republic; that is to say, if the State were to adopt the role of the father, the State would, ipso facto, become the sole capitahst. Thoroughgoing Communists have often maintained the converse, that if the State is to be the sole capitalist, the family, as we have known it, cannot survive; and even if this is thought to go too far, it is impossible to deny an intimate connection between private property and the family, a connection which is reciprocal, so that we cannot say that one is cause and the other is effect.
出典: Marriage and Morals, 1929, Introduction.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM-INTRO010.HTM

<寸言>
Marriage and Morals (1929)には,『ラッセル幸福論』,及び『ラッセル教育論』とともに,岩波文庫に安藤貞雄氏による名訳があります。しかし,残念ながら,『ラッセル幸福論』『ラッセル教育論』ほど売れておらず,新刊書店で見かけることもほとんどありません。
なお,安藤氏の邦訳は,「訳者あとがき」によれば,少し残念ながら,原本テキストとして初版第6刷(1938年刊)を使用しているとのことです。しかし,初期の刷りのものには,誤解をまねく表現(人種差別的な表現)があるとの指摘を友人から受け,(それはラッセルの本心ではないということで)その部分を修正をしています(重要な修正です!)。

「中立的一元論」は精神と物質との関係についての神秘を取除く

第五に,一片の物質(と)は,因果法則,即ち,物理学の因果法則によって結びつけられた事象群である。精神(と)は,因果法則,即ち,心理学の因果法則によって結びつけられた事件群である。(一つの)事象は,その(事象の)内在的性質によって,心的(なもの)あるいは物質的(なもの)のどちらかに帰せられる(翻訳される)ものではなく,因果関係によってのみ,心的(なもの)あるいは物質的(なもの)となる(とされる)のである。(一つの)事象が,物理学に特徴的な因果関係と,心理学に特徴的な因果関係との両方(の関係)を有することは,まったく可能である。その場合は,その事象は,心的であるとともに物質的である(ということになる)。
人間について,パン屋でもあり父親であることに何の困難もないのとまったく同じく,このことについて,まったく困難は存在しない。我々(人間)は,直接経験する心的事象(の内在的性質)を除いて,物理(的)事象の内在的性質については何も知らないので,我々の頭(脳)の外の物理的世界が心的世界と違っているかあるいは違っていないか,どちらであるか言うことはできない精神と物質との関係についての想定(仮定)された問題,(精神と物質の)両方を,事象群としてではなく,(実体的な)「もの(事物)」として,取扱うという聞達ったことから生じる(のである)。私の提示(提出)した理論(注:中立的一元論)によって,(精神と物質との関係の)全ての問題は消失する。
 私が擁護してきているこの理論のために言うべき最も重要なことは,この理論が(精神と物質との関係についての)神秘(性)を取除くということである。神秘(性)は常に人を悩ますものであり,それは通常,明噺な分析が欠如しているせいである。精神と物質との関係は,人々を長い間悩ませてきたが,もし私が正しければ,精神と物質(との関係)は,人間を悩ませる必要はもはやないのである。(終)

Fifth: a piece of matter is a group of events connected by causal laws, namely, the causal laws of physics. A mind is a group of events connected by causal laws, namely, the causal laws of psychology. An event is not rendered either mental or material by any intrinsic quality, but only by its causal relations. It is perfectly possible for an event to have both the causal relations characteristic of physics and those characteristic of psychology. In that case, the event is both mental and material at once. There is no more difficulty about this than there is about a man being at once a baker and a father. Since we know nothing about the intrinsic quality of physical events except when these are mental events that we directly experience, we cannot say either that the physical world outside our heads is different from the mental world or that it is not. The supposed problem of the relations of mind and matter arises only through mistakenly treating both as “things” and not as groups of events. With the theory that I have been suggesting, the whole problem vanishes.
In favor of the theory that I have been advocating, the most important thing to be said is that it removes a mystery. Mystery is always annoying, and is usually due to lack of clear analysis. The relations of mind and matter have puzzled people for a long time, but if I am right they need puzzle people no longer.
出典:Bertrand Russell : Mind and Matter (1950?)
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/19501110_Mind-Matter200.HTM

<寸言>
それでも、肉体(もの)は滅びても、精神(こころ)は生き続ける(消滅しない)と考える人がいる。考えたい人は個人的に考えるのはよいが、社会的、あるいは国家として幻想を振りまいてはならない(靖国に眠っている,国家に御霊を捧げた英霊に報いるためにとか・・・。)

2種類の空間-私的空間(個人が感覚する空間)と公的空間(物理学の空間)

第四に,前述のことが受け容れられるならば,2種類の空間が存在しなければならない。(即ち)一つは経験,特に私の視覚領域における経験,によって知られる空間(注:私的空間)であり,他の一つは推論によってのみ知られ,因果法則によって縛られる,物理学において生ずる空間(注:客観的/公共的空間)である。
 この2種類の空間を区別しないことが多くの混乱のもとである。再び,誰か他人の脳を調べている(観察している)生理学者の場合をとってみよう。常識は,生理学者は(その人の)脳を見ており,彼が見ているものは物質であると考えている(想定している)。彼(生理学者)の見ているものは,彼(生理学者)が調べている患者(被験者)によって考えられているものとは明らかに全く異なっているので(注:患者(被験者)は,自分の脳は単なる物質ではなく,考えていることは単なる物的な脳内現象ではない,と考えている!),人々は精神と物質とはまったく異なっているものであると結論づける。物質は生理学者の見るものであり,精神は患者の考えているものである。しかし,この考え(理解)の順序は,もし私が正しければ,混乱だらけである。
生理学者が見るものは,もしこれが彼(生理学者)が経験するもの(あるもの)を意味するならば,それは彼(生理学者)自身の心の中の事象(注:心的事象!)であり,彼が自分自身が見ていると想像している(被験者の)脳と極めて厳密な因果的結合(連鎖)を有しているだけである。
 これは物理学のことを考えればすぐに明らかになることである。彼が自分が見ている(観察している)と思っている(被験者の)脳の中では,量子遷移が存在している(起こっている)。(注:みすず書房版の中村訳では「彼の考えている脳髄の中で彼は量子遷移が生じるのを見ている」となっており,何とこの1950年当時の生理学者は量子遷移を見ることができる超能力者ということになっている!)量子遷移は光子(photns)の放出(光エネルギーの放出)へと導き,光子は介在する空間を横切って生理学者の眼に衝突する。するとそれは,(網膜の)桿体と錐体に複碓な出来事,及び,視神経を通って脳に達する撹乱(刺激)を惹き起こす。この撹乱(刺激)が脳に達すると,生理学者が「他人の脳を見る」と言われる経験をもつことになる
何らかのものがその因果連鎖を妨害すれば,たとえば(観察対象の)他人の脳が暗闇の中にあったり,彼(生理学者)が目を閉じたり,彼が眼が見えなったり,あるいは彼が脳の視覚中枢に弾丸を受けたりすれば,彼は,「他人の脳を見る」と言われる経験をもたない(ことになる)。また,その事象は,彼が見ていると思っている時と同時には起らない。地球上の対象物(物体)の場合には,時間の違いは無視できるが,天体の場合には何百万年というほど,その相違(時間差)は大きいかもしれない(注:地球上で人間が見るものは起こってすぐのものであろうが,宇宙から光がやってきて見ている天体の状況はずっと昔に起こったことかも知れない)。
常識が見ていると考える物理的対象に対する視覚的経験の関係は,このように間接的かつ因果的なものであり,常識が存在する想像する両者の密接な類似性を想定する理由はない
これら全ては,私が直前に述べた2種類の空間と関係している。私は,彼(哲学者)らの思想は彼らの頭の中にあると言って,哲学者たちの皆さんを恐れさせた。彼らは一声で(彼らの)頭の中にはどんな思想も存在しないと私に確証させた(私は確証した)が,礼儀からいってこの保証を受け容れることはできないだろう(「哲学者はみな頭は空っぽ」なんて非礼なので言えない)。
けれども,おそらく,私のこの言及は非常に省略した言い方であるので,私が言おうとしていることを厳密に説明するのがよいであろう。
 精確に述べれば,私が言おうとしているのは次の通りである。
(即ち)物理的空間(物的空間)知覚空間と異なり,因果的な近接(隣接)に基づいている。感覚による知覚の因果的近接性は,その直前に先行する物理的刺激,およびその刺激の直後に続く物理的反応とともにある。物理的空間における正確な位置は,単独の事象には属しておらず,古いスタイルの言語に固執すれば,物理学が一片の物質の瞬間的状態とみなすような事象群に属している。一つの思考とは事象群の一つであり,それらは,物理学の用途としては,脳の中のある領域とみなされる事象群(の一つ)であろう。思考が脳の中にあるというのは次のことを簡略化したものである。即ち,思考とは共在する事象の集まりであり,その集まりは,感覚印象(もしそれらが「思考群(思想)」と呼ばれるべきなら)の場合を除いて,心理学的空間の中に存在するという見解を,私は,提示(示唆)しているのではない(ということである)(注:単に物理的に眼などの生命体の感覚器官に刺激が届いただけなら,物理的空間の中に存在するが,その刺激を人間などが受け身ではなく積極的に知覚する場合には心理学的空間の中に存在すると考えられる,ということか? 感覚と知覚の違いがここにある)。

Fourth: if the foregoing is accepted there must be two sorts of space, one the sort of space which is known through experience, especially in my visual field, the other the sort of space that occurs in physics, which is known only by inference and is bound up with causal laws. Failure to distinguish these two kinds of space is a source of much confusion. I will take again the case of a physiologist who is examining someone else’s brain. Common sense supposes that he sees that brain and that what he sees is matter. Since what he sees is obviously quite different from what is being thought by the patient whom he is examining, people conclude that mind and matter are quite different things. Matter is what the physiologist sees, mind is what the patient is thinking. But this whole order of ideas, if I am right, is a mass of confusions. What the physiologist sees, if we mean by this something that he experiences, is an event in his own mind and has only an elaborate causal connection with the brain that he imagines himself to be seeing. This is obvious as soon as we think of physics. In the brain that he thinks he is seeing there are quantum transitions. These lead to emission of photons, the photons travel across the intervening space and hit the eye of the physiologist. They then cause complicated occurrences in the rods and cones, and a disturbance which travels along the optic nerve to the brain. When this disturbance reaches the brain, the physiologist has the experience which is called “seeing the other man’s brain.” If anything interferes with the causal chain, e.g. because the other man’s brain is in darkness, because the physiologist has closed his eyes, because the physiologist is blind, or because he has a bullet in the brain at the optic center, he does not have the experience called “seeing the other man’s brain.” Nor does the event occur at the same time as what he thinks he sees. In the case of terrestrial objects, the difference of time is negligible, but in the case of celestial objects it may be very large, even as much as millions of years. The relation of a visual experience to the physical object that common sense thinks it is seeing is thus indirect and causal, and there is no reason to suppose that close similarity between them that common sense imagines to exist. All this is connected with the two kinds of space that I wrote of a moment ago. I horrified all the philosophers by saying that their thoughts were in their heads. With one voice they assured me that they had no thoughts in their heads whatever, but politeness forbids me to accept this assurance. Perhaps, however, it might be well to explain exactly what I mean, since the remark is elliptical. Stated accurately, what I mean is as follows: physical space, unlike the space of perception, is based upon causal contiguity. The causal contiguities of sense perceptions are with the physical stimuli immediately preceding them and with the physical reactions immediately following them. Precise location in physical space belongs not to single events but to such groups of events as physics would regard as a momentary state of a piece of matter, if it indulged in such old-fashioned language. A thought is one of a group of events, such as will count for purposes of physics as a region in the brain. To say that a thought is in the brain is an abbreviation for the following: a thought is one of a group of compresent events, which group is a region in the brain. I am not suggesting that thoughts are in psychological space, except in the case of sense impressions (if these are to be called “thoughts”)
出典:Bertrand Russell : Mind and Matter (1950?)
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/19501110_Mind-Matter200.HTM

<寸言>
目の前にある物を見ていると,現在起こっていることをそのまま見ている,と我々人間は思ってしまう。光がなければ我々は何も見えない。目の前にある物からやってくる光を目がとらえ、そこからの刺激が脳に届き、その効果によって我々は「物を見ることができる」と思う。目の前にあるものからは瞬時に光が届く。しかし、遠くに「存在する物」からの光はそういうわけにはいかない。
たとえば 現在の宇宙は約138億光年前にビッグバンによって誕生したと言われている。そうして、我々は宇宙の果を直接見ることはできないが、宇宙の果からやってくる光や電波をとらえることによって、宇宙が誕生して間もないころの姿(映像)を我々は「見ることができる」。もちろん「見ることができる」といっても、私達が「見ている」のは130億光年以上もかかって、我々のところに到達した電波や光などのデータから構成されたものである。即ち、それは、我々の感覚器官が受容した刺激が我々の脳に届いて起こった脳内現象であり、130億光年前の宇宙の姿(のイメージ)であって、現在の宇宙の姿ではないのである。

あなたが自分の心的過去を信じること(あなたの記憶は大丈夫ですか?)

 第三に,私の経験とはまったく別の(別個の)物理的世界のようなものは多分存在しないだろうと私は認めなければならないが,物質(そのもの)へ(と)導く推論が否認されるならば,私が自分の心的過去を信じることに導く推論も否認すべきことになることを指摘したい。さらに,そのような推論のみが正当化できる信念を誰も真面目には否認しない,ということを(も)指摘したい。それゆえ,私が経験しない事象に関するものについて私の経験する事象から推論できるものもあるけれども,私は自分の経験しない事象が存在することを理解する。心的現象に関係する場合を除けば,私の経験の外的原因に関して私が行う推論は,構造に関するものだけであり,質には関係していない是認(保証)される推論は,理論物理学において導き出されるものである。それは抽象的かつ数学的なものであり,物理的対象の本質的な性質に関しては何の兆候(印)も与えない

Third: I should admit that there may be no such thing as a physical world distinct from my experiences, but I should point out that if the inferences which lead to matter are rejected, I ought also to reject the inferences which lead me to believe in my own mental past. I should point out further that no one sincerely rejects beliefs which only such inferences can justify. I therefore take it that there are events which I do not experience, although some things about some of these can be inferred from what I do experience. Except where mental phenomena are concerned, the inferences that I can make as to the external causes of my experiences are only as to structure, not as to quality. The inferences that are warranted are those to be found in theoretical physics; they are abstract and mathematical and give no indication whatever as to the intrinsic character of physical objects.
出典:Bertrand Russell : Mind and Matter (1950?)
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/19501110_Mind-Matter190.HTM

<寸言>
 誰もが自分(個人)の記憶はあやしいところはあるけれども、だいたいにおいて正しい(記憶である)と信じている。そうでなければ安心して生きていけない。だが、はたしてそれは正しいか?
それから「集団の記憶」というものもある。語り続けられている歴史として、「シーザー(カエサル)がルビコン川を渡った」,そしてその時シーザーは「賽は投げられた」と言ったと伝えられている。それを疑う者はほとんどいない。 しかし、それは本当か? 今生きている人で当時生きていて目撃した人はまったくいないではないか!? 当時のビデオが残っているわけではない。
これには、古代ローマにシーザ(カエサル)という物理的存在があった(いた)という前提があり、必要である。これまでの検討で物理的存在が非常にあいまいになってきている。人間の心的現象はその物理的存在が前提になっている以上、物理的世界のようなものが存在しないのであれば、心的世界(心的過去)も存在するとは言えないのではないか? ということにならないか?
(以上は,「論理的には言えない」と言っているだけです。)

不変な「物自体」などというものはない(個人の脳内現象にすぎない)

 第二に,直接体験(経験)される感覚的対象,即ち,我々が椅子やテーブルや太陽や月などを見るときに我々が見るものは,我々の精神の諸部分であって,我々が見ていると思っている物理的対象の全体あるいは部分(そのもの)ではない。(また)私が(今)言っているこの部分は新しいものではなく,バークリーから出て(に由来し),ヒュームによって補強されたものである。けれども,私がこの考えを支持するために使っている議論(論拠)は,厳密に言うとバークリーのもの(と同じ)ではない。多くの人が単一の対象を異なった角度から眺めれば,彼らの視覚的印象は,遠近法(laws of perspective)や,光の投射する仕方によって異なることを指摘したい。,従って,視覚的印象はいずれも,彼らのすべてが自分が見ていると思っている中立的な「物 “thing”」ではない(のである)。また,物理学は対象から発して我々の感覚器官に達する因果連鎖(causal chains)を信じこませることを,また,この因果連鎖の最後の(連鎖の)環が最初の環と正確に同じだったとすれば大変妙だということを,を指摘したい。(注:「link 環」というのは,たとえば,多くの丸い環(わ)を数珠つなぎしていったようなイメージ)

Second: sensible objects, as immediately experienced, that is to say, what we see when we see chairs and tables and the sun and the moon and so on, are parts of our minds and are not either the whole or part of the physical objects that we think we are seeing. This part of what I am saying is also not new. It comes from Berkeley, as reinforced by Hume. The arguments that I should use for it, however, are not exactly Berkeley’s. I should point out that if a number of people look at a single object from different points of view, their visual impressions differ according to the laws of perspective and according to the way the light falls. Therefore no one of the visual impressions is that neutral “thing” which all think they are seeing. I should point out also that physics leads us to believe in causal chains, starting from objects and reaching our sense organs, and that it would be very odd if the last link in this causal chain were exactly like the first.
出典:Bertrand Russell : Mind and Matter (1950?)
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/19501110_Mind-Matter180.HTM

<寸言>
同じものを見ても,人によって,見る角度によって違って見える、といったことだけでなく、いずれも各個人の脳内現象にすぎない,ということ。

事象に対立する物(物質)(の存在)は,不要な仮説

私が明らかにしようと試みてきた理論(説)は,人々が非常に誤解しやすいものであり,誤解される場合にはその説は馬鹿げたものになる(見える/思われる)ということを経験は示している(注:ラッセルが馬鹿げた・不合理なことを言っているように思われてしまう,ということ)。それゆえ,新しい言葉遣い(new wording)によってもっと明らかになるようにとの期待のもと,その主な点(論旨)について要約して述べてみよう。

第一に,世界は変化する状態をもつ物(物質)から成り立っている(構成されている)のではなく,諸事象から成立っている(構成されている)。あるいは,むしろ,我々が世界について述べる資格のある全ては,存在するのは事象のみであり物(物質)は存在しないという仮定(仮設))に立ってのみ述べることができる(といったほうがよいであろう)。
 事象に対立する物(物質)(の存在)は,不要な仮説である。私が言わなければならないこの部分は,既にへラクレイトス(注:ギリシア時代の自然哲学者)によって言われているので,厳密には新しいことではない。けれども,ヘラクレイトスの見解はプラトンを悩まし,そのゆえに,それ以降,それほど紳士的には考慮されてこなかった。今日のような民主主義の時代においては,そのような考慮によって我々は驚く(脅かされる)必要はない。ヘラクレイトスの見解を採用すれば,二種類の想定された実体は,解消される。即ち,一方では人間,他方では物質的対象(の二種類の実体)の解消である。文法は,あなたと私とが変化する状態を有する多少とも永続的な実体であることを暗示するが,永続的実体(の仮定)は不要であり,変化する状態は我々が物(質)について知っている全てのことを言うのに十分である。厳密に同種類のことが物理的対象(物的対象)にあてはまる。あなたが店に入り,パンの塊を買うと,家に持ち帰ることができる「物」を買ったとあなたは考える。(だが)あなたが実際に買ったものは,一定の因果法則によって連結されたできごとの系列である

Experience has shown me that the theory which I have been trying to set forth is one which people are very apt to misunderstand, and, as misunderstood, it becomes absurd. I will therefore recapitulate its main points in the hope that by means of new wording they may become less obscure.
First: the world is composed of events, not of things with changing states, or rather, everything that we have a right to say about the world can be said on the assumption that there are only events and not things. Things, as opposed to events, are an unnecessary hypothesis. This part of what I have to say is not exactly new, since it was said by Heraclitus. His view, however, annoyed Plato and has therefore ever since been considered not quite gentlemanly. In these democratic days this consideration need not frighten us. Two kinds of supposed entities are dissolved if we adopt the view of Heraclitus: on the one hand, persons, and on the other hand, material objects. Grammar suggests that you and I are more or less permanent entities with changing states, but the permanent entities are unnecessary, and the changing states suffice for saying all that we know on the matter. Exactly the same sort of thing applies to physical objects. If you go into a shop and buy a loaf of bread, you think that you have bought a “thing” which you can bring home with you. What you have in fact bought is a series of occurrences linked together by certain causal laws.
出典:Bertrand Russell : Mind and Matter (1950?)
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/19501110_Mind-Matter170.HTM

<寸言>
日常生活において常識は大事だが、理論においては常識は危険。

肉体が消滅したあとの心(精神)?

もしこの(私の)理論(説)が正しいとすれば,精神と脳(物質)との間の一定の結びつき(連鎖)は不可避である。たとえば、記憶に対応して,にいくらかの物理的修正がなければならないし(注:何かを新しく記憶すれば脳にそれに対応した痕跡が残るはず),精神生活(知的生活)は脳組織の物理的特質(特性)と結びついていなければならない。実際,我々の知識がもっと豊富であったならば,物理学的陳述と心理学的陳述とは同じことの違った言い方にすぎないことがわかるであろう(見て取れるであろう)。精神(心)の脳(物質)への依存,あるいは,脳(物質)の精神への依存についての古くからの諸問題は,このようにして,言語的利便性へと還元される(注:都合によって,どちらの説明の仕方をしてもよい,ということ)。
我々が脳(物質としての)についてより知っている場合には,精神を従属的なものとみることが便利であろうが,精神についてより知っている場合には,脳(物質としての)を従属的なものとして見る方が便利であろう。どちらにしても,実質的な事実は同じであり,その相違は単に我々の知識の程度に関するものだけである。
 上述したことがもし正しいのであれば,肉体から分離した精神(心)というようなものは存在しないと絶対的に断言できる,とは思わない。心理学の法則によって結合された(結合した)事象群はあるが,物理法則に元づいて結合された(結合した)事象群がないならば,肉体から分離した精神が存在することになるであろう。死んだ物質は物理法則によって配列され,心理学の法則によって配列されていない事象群からなりたっていることを,我々は躊躇なく信じている(信じる)。そうして(それならば),反対のこと(注:上述の,肉体から分離した精神)が生じないというアプリオリな理由はないようにみえる。我々はその(肉体から分離した精神が存在することの)経験的な証拠を持たないと言うことができるが,それ以上のことは言うことはできない

If this theory is right, certain kinds of connection between mind and brain are inescapable. Corresponding to memory, for example, there must be some physical modifying of the brain, and mental life must be connected with physical properties of the brain tissue. In fact, if we had more knowledge, the physical and psychological statements would be seen to be merely different ways of saying the same thing. The ancient question of the dependence of mind on brain, or brain on mind, is thus reduced to linguistic convenience. In cases where we know more about the brain it will be convenient to regard the mind as dependent, but in cases where we know more about the mind it will be convenient to regard the brain as dependent. In either case, the substantial facts are the same, and the difference is only as to the degree of our knowledge.
I do not think it can be laid down absolutely, if the above is right, that there can be no such thing as disembodied mind. There would be disembodied mind if there were groups of events connected according to the laws of psychology, but not according to the laws of physics. We readily believe that dead matter consists of groups of events arranged according to the laws of physics, but not according to the laws of psychology. And there seems no a priori reason why the opposite should not occur. We can say we have no empirical evidence of it, but more than this we cannot say.
出典:Bertrand Russell : Mind and Matter (1950?)
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/19501110_Mind-Matter160.HTM

<寸言>
(理論上は)ラッセルが全否定はできないと言っている「死んだ後に残る精神(心)」には何ら神秘的なものはない。なぜなら,精神(こころ)でも物質(もの)でもない中立的なものでこの世界は成り立っているという「中立一元論」の立場にたてば,常識が精神と物質とを別物だとする考えは否定され、精神と物質との違いは視点や見方やまとめ方の違いにすぎなくなるからである。