「未分類」カテゴリーアーカイブ

ラッセル『結婚論』第六章 ロマンティックな恋愛 n.10

第六章 ロマンティックな恋愛 n.10:恋愛結婚の夢と現実

 まったく近代になって,即ち,ほぼフランス革命の頃から以降,結婚はロマンチックな恋愛(身分・地位・貧富の格差などが影響しない純粋な恋愛感情)の結果であるべきである,という考えが強まってきた。大部分の現代人は,少なくとも英語を話す国々においては,それは当然のこととし,つい先ごろまでそれが革命的に新しい考えであったことはまったく知らない(のである)。百年前の小説や戯曲は,主に,親が結婚相手を選ぶという伝統的な結婚に反対して,この新しい結婚(ロマンティック・ラブによる結婚)の基礎を確立しようとする若い世代の闘いを扱っている。(その闘いの)結果が革新家が望んだとおりによいものであったかどうかは,疑問の余地がある。好きも嫌いも,ともに結婚生活(matrimony)においてはすり減るのであるから,最初は少しぐらい嫌いであったほうがよいという,マラプロッフ夫人の原則にも言うべきところ(一理)はある。

確かに,人々が事前にお互いに性的に知る(関係する)ことなく,ロマンチックな恋愛の影響のもとに結婚する時には,お互いに相手が人間以上の完全さを備えていると想像し,結婚は一つの長い(長く続く)至福の夢になるのだ,という思いを抱く。女性が無知かつ純粋(純潔)に育てられ,それゆえ,性的飢餓と相性(性格と趣味)の一致との区別がつかないような場合には,特にそうなりやすい。アメリカにおいては,,他のどこよりも,ロマンチックな結婚観が重大なものとして受けとられきており,法律も慣習も同様に未婚女性の夢に基づいているので,その結果,アメリカにおいては,離婚が極端に流行し,幸福な結婚が極端に少なくなってしまっている

Chapter VI: Romantic Love n.11

In quite modern times, that is to say, since about the period of the French Revolution, an idea has grown up that marriage should be the outcome of romantic love. Most moderns, at any rate in English-speaking countries, take this for granted, and have no idea that not long ago it was a revolutionary innovation. The novels and plays of a hundred years ago deal largely with the struggle of the younger generation to establish this new basis for marriage as opposed to the traditional marriage of parental choice. Whether the effect has been as good as the innovators hoped may be doubted. There is something to be said for Mrs. Malaprop’s principle, that love and aversion both wear off in matrimony, so that it is better to begin with a little aversion. Certain it is that when people marry without previous sexual knowledge of each other and under the influence of romantic love, each imagines the other to be possessed of more than mortal perfections and conceives that marriage is going to be one long dream of bliss. This is especially liable to be the case with the woman if she has been brought up ignorant and pure, and therefore incapable of distinguishing sex hunger from congeniality. In America, where the romantic view of marriage has been taken more seriously than anywhere else, and where law and custom alike are based upon the dreams of spinsters, the result has been an extreme prevalence of divorce and an extreme rarity of happy marriages.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM06-110.HTM

<寸言>
人間は勘違いしやすい動物。
勘違いが死ぬまで続けばそれはそれで幸せかもしれないが、途中で気づく。
いつの間にか、理想の男性(or女性)だったと思った相手に熱がさめ、その愛情は子供あるいは他の異性へと移っていく。

ラッセル『結婚論』第六章 ロマンティックな恋愛 n.9

第六章 ロマンティックな恋愛 n.9:

 けれども,恋愛詩(を創作すること)だけが恋愛の唯一の目的であるわけではない。それに、ロマンチックな恋愛は,芸術的表現に導かない場合でさえも栄えることがあるであろう。私自身,ロマンチックな恋愛は人生が提供しうる最も強烈な歓喜の源である,と信じている。情熱と想像力と優しさをもってお互いに愛しあっている(相思相愛の)男女関係には,測り知れない価値があり,それを知らないでいることは誰にとっても大きな不幸である何かがある(のである)。この喜びは,人生の主目的ではなく,人生の一つの構成要素でしかないとしても,社会制度は,この喜びを許容するようなものであることが重要である,と私は考えている。

Chapter VI: Romantic Love

Love poetry, however, is not the only purpose of love, and romantic love may nourish even where it does not lead to artistic expression. I believe myself that romantic love is the source of the most intense delights that life has to offer. In the relation of a man and woman who love each other with passion and imagination and tenderness, there is something of inestimable value, to be ignorant of which is a great misfortune to any human being. I think it important that a social system should be such as to permit this joy, although it can only be an ingredient in life and not its main purpose.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM06-100.HTM

ラッセル『結婚論』第六章 ロマンティックな恋愛 n.8

第六章 ロマンティックな恋愛 n.8:

 ロマンチックな恋愛は,ロマン主義運動において頂点(注:apogee 月や人工衛星が地球から最も遠ざかる点)に達した。そして,おそらく,シェリー(P. B. Shelley, 1792-1822)をその主要な使徒として見てよいだろう。シェリーは,恋に落ちたとき,詩で表現するのがふさわしい,美しい情緒と想像力に富む思想で満たされた。当然のことながら,シェリーは,こういう結果を生み出す情緒はまったく善いものであると考え,そうして,恋愛を抑えつけなければならない理由はまったく見いださなかった。

けれども,シェリーの議論(論拠)は,誤った心理学に依拠していた。シェリーに詩を書くにいたらせたものは,彼の欲求に対する(いろいろな)障害であった。もしも,高貴にして不運な貴婦人エミリア・ヴィヴィアーニが女子修道院へ連れ去られなかったなら,シェリーは,『エピサイキディオン』(注:Epipsychidion : シェリーが1821年に発表した長詩)を書く必要を感じなかっただろう。(また,)もしもジェーン・ウィリアムズがかなり貞節な妻でなかったなら,決して「追憶」を書かなかったであろう。シェリーが痛烈に批判した社会的な障害は,彼の最良の仕事への刺激の不可欠な一部であった。シェリーの中に存在したロマンチックな恋愛は,因習的な障害はいまだ存在しているけれどもまったく克服できないものでもない,といった不安定な均衡状態に依存している。(つまり)もしも,障害が強固すぎたり,あるいは,存在しなかったりしたら,ロマンチックな恋愛は栄えそうもない(のである)。

一つの極端な例として,中国の制度をとりあげてみよう。この制度においては,男性は,自分の妻以外には,ちゃんとした女性に会うことはまったくない。妻がもの足りないと感じれば,彼は売春宿(注:brothel フランス語で,粗末な小屋))へ行く。妻は,彼のために選ばれ,多分,結婚式当日まで彼とは会わない。その結果,彼のすべての性関係は,ロマンチックな意味での恋愛から完全に隔離されたものになり,彼には恋愛詩を生み出すような求愛の努力をする機会をまったくもたない。

これに対して(これとは反対に),完全に自由な状態では,すばらしい恋愛詩を作る才能のある男性も,自分自身の魅力で大きな成功を収める見込みがあるので,女性の愛情を勝ち取るために(to achieve a conquest),最大限想像力を発揮する必要はめったにないであろう。このように,恋愛詩は,因習(convention)と自由との,ある一定の微妙なバランスに依存しおり,このバランスが崩れてどちらかの方向に傾いている場合には,恋愛詩が最良のかたちで存在しそうもない(のである)

Romantic love reached its apogee in the romantic movement, and one may perhaps take Shelley as its chief apostle. Shelley when he fell in love was filled with exquisite emotions and imaginative thoughts of a kind lending themselves to expression in poetry; naturally enough, he considered that the emotion that produced these results was wholly good, and he saw no reason why love should ever be restrained. His argument, however, rested upon bad psychology. lt was the obstacles to his desires that led him to write poetry. If the noble and unfortunate lady Emilia Viviani had not been carried off to a convent, he would not have found it necessary to write Epipsychidion; if Jane Williams had not been a fairly virtuous wife, he would never have written The Recollection. The social barriers against which he inveighed were an essential part of the stimulus to his best activities. Romantic love as it existed in Shelley depends upon a state of unstable equilibrium, where the conventional barriers still exist but are not quite insuperable ; if the barriers are rigid, or if they do not exist, romantic love is not likely to nourish. Take as the one extreme the Chinese system : in this system a man never meets any respectable woman except his own wife, and when he feels her insufficient, he goes to a brothel ; his wife is chosen for him and is probably unknown to him until the wedding-day ; consequently all his sex relations are entirely divorced from love in the romantic sense, and he never has occasion for those efforts of courtship which give rise to love poetry. In a state of complete freedom, on the other hand, a man capable of great love poetry is likely to have so much success through his charm that he will seldom have need of his best imaginative efforts in order to achieve a conquest. Thus love poetry depends upon a certain delicate balance between convention and freedom, and is not likely to exist in its best form where this balance is upset in either direction.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM06-090.HTM

ラッセル『結婚論』第六章 ロマンティックな恋愛 n.7

第六章 ロマンティックな恋愛 n.7:ルネッサンス(時代)における恋愛詩

 ルネッサンス(時代)において,異教信仰への急激な変化のために,恋愛は,詩的であることに変わりはなかったが,通常,プラトニックなものではなくなった。ルネッサンス(時代の人々)が中世の慣習をどのように考えていたかは,ドン・キホーテと彼のドルシネア(姫)(注:ドン・キホーテが作り上げた妄想上の貴婦人)に関する記述に見ることができる。それでも,中世の伝統も影響を残さなかったわけではない。シドニー(Sir Philip Sidney, 1554-1586:エリザベス朝のイングランドの詩人)の『アストロフェルとステラ』はその伝統に満ちているし,シェイクスピアが W・H 氏にささげたソネットも,その影響を相当に受けている。しかし,大体において,ルネッサンス(時代)の特徴的な恋愛詩は,陽気かつ率直である。

あなたの床の中で私をあざ笑わないでおくれ
こんなに凍え死にそうな寒い夜の間は

と,あるエリザべス朝の詩人が歌っている。この感情は率直かつあけっぴろげであり,全然プラトニックなものではないことは,認めなければならない。けれども,ルネッサンス(時代)は,中世のプラトニックな恋愛から,詩を求愛の手段として利用することを学んでいた。『シンベリーン』に登場するクローテンは,自分で恋愛詩を作ることができずに三文文士(penny-a-liner へっぽこ文士)を雇わなければならないので嘲笑われる。三文文士は,「聴け,聴け,ヒバリ」を作り出すが(turn out),これは,努力によるなかなかの出来と言ってよいだろう。

不思議なことに,中世(時代)以前には,恋愛を扱った詩は多数あったけれども,直接求愛の一部となるものはほとんどなかった。中国には,夫が家にいないことを嘆いている女性(妻)を描写した詩があり,インドには,霊魂(死者の魂)が神である花婿の到来を待ちこがれている花嫁として描かれている神秘的な詩がある。しかし,男たちは,自分が望む女性を自分のものにするためにほとんど骨を折る必要がなかったので,音楽や詩で女性に言い寄る必要はほとんどなかった,と推察される(人は推察する)。芸術の観点からすれば,女性があまりにも手に入りやすいのは,確かに残念なことである。最も望ましいのは,女性を手に入れるのは困難ではあるが,不可能ではない,ということ(状況)である。こうした状況は,ルネッサンス以後,多かれ少なかれ存在してきた。この困難は,一部は外的なものであり,一部は内的なものであり,後者は,因習的な道徳の教えに起困する良心の呵責から生じたものであった。

Chapter V Christian Ethics

In the Renaissance, as a consequence of the revulsion towards Paganism, love usually ceased to be platonic although it remained poetic. What the Renaissance thought of the medieval convention is to be seen in the account of Don quixote and his Dulcinea. Nevertheless the medieval tradition remained not without influence ; Sydney’s Astrophel and Stella is full of it, and Shakespeare’s Sonnets to Mr. W. H. are considerably influenced by it. On the whole, however, the characteristic love poetry of the Renaissance is cheerful a.nd straightforward.
Do not mock me in thy bed
While these cold nights freeze me dead
says an Elizabethan poet. This sentiment, it must be admitted, is straightforward and uninhibited, and by no means platonic. The Renaissance had, however, learnt from the platonic love of the Middle Ages to employ poetry as a means of courtship. Cloten in Cymbeline is laughed at because he cannot produce his own love poem, but has to hire a penny-a-liner, who turns out Hark, hark, the lark-quite a creditable effort, one would say. It is curious that before the Middle Ages, although there had been a good deal of poetry concerned with love, there was very little that was directly a part of courtship. There is Chinese poetry representing the grief of a lady because of the absence of her lord ; there is mystical Indian poetry, in which the soul is represented as the bride longing for the advent of the bridegroom, who is God ; but one gathers that men had so little difficulty in securing the women they desired that it hardly ever became necessary to woo them with music and poetry. From the point of view of the arts, it is certainly regrettable when women are too accessible ; what is most to be desired is that they should be difficult but not impossible of access. This situation has existed more or less since the Renaissance. The difficulties have been partly external and partly internal, the latter being derived from scruples due to conventional moral teaching.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM06-080.HTM

ラッセル『結婚論』第六章 ロマンティックな恋愛 n.6

第六章 ロマンティックな恋愛 n.6:騎士道のロマンス

 この時代は,はなはだ粗野な時代であったが,『薔薇物語によって擁護された種類の恋愛は,司祭の言う意味では道徳的ではないけれども,洗練され,雄々しく,優しいものである。もちろん,そうした観念は,貴族階級のみのための(にとってふさわしい)ものであった。それは,余暇(があること)ばかりではなく,教会の圧政からある程度解放されていることを前提条件(事前に前提とされるもの)としていた恋愛の動機が顕著である(トーナメント形式)馬上槍試合大会は,教会によって嫌悪されていたけれども,教会には馬上槍試合大会を禁止する(押さえつける)力はなかった。同様に,教会は,騎士的恋愛の制度を禁止すること(押さえつけること)はできなかった。現在の民主主義の時代においては,我々は,様々な(多くの)時代において世界が貴族階級にどれほど恩義を負っているか,ともすれば忘れがちである。この,恋愛の復活という事柄において,騎士道のロマンスによって前もって道が切り開かれていなかったなら,ルネッサンスもあれほどの成功を収めることはできなかった(にちがいない)
(注:if が省略され,倒置されていることに注意。「had the way not been prepared by chivalry」→「if the way had not been prepared by chivalry」)。

The age was one of extraordinary coarseness, but the kind of love advocated by the Romaunt of the Rose, while not virtuous in the priestly sense, is refined, gallant, and gentle. Such ideas were, of course, only for the aristocracy; they presupposed not only leisure, but a certain emancipation from ecclesiastical tyranny. Tournaments, in which motives of love were prominent, were abhorred by the Church, which however was powerless to suppress them; in like manner it could not suppress the system of knightly love. In our democratic age we are apt to forget what the world has owed at various times to aristocracies. Certainly in this matter of the revival of love the Renaissance could not have been so successful had the way not been prepared by chivalry.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM06-070.HTM

ラッセル『結婚論』第六章 ロマンティックな恋愛 n.5

第六章 ロマンティックな恋愛 n.5:『薔薇物語』

けれども,フランスとブルゴーニュ(注:Burgundy シャルル豪胆公(在位:1467-1477)没後に男系が絶え,ヴァロワ朝フランスに併合された。)では,その発達の仕方が,イタリアの場合とまったく同一ではなかった。フランス貴族の恋愛観は,『バラ物語』(the Romaunt of the Rose)に支配されていたからである。この作品は,騎士の恋愛を扱っているが,その恋が満たされないままにしておくことを主張してはいなかった。それは,それどころか(実は),教会の教えに対する反感(の一つ)であり,人生における恋愛の正当な地位に対する(地位を求める),事実上,異教の主張であった。

(以下:ホイジンガ『中世の秋』pp.95-96からの引用)

 知的および道徳的な観念を恋愛技術(ars amandi)の中に大切にしまっている(という)上流階級の存在は,歴史上かなり例外的な事実である(事実として残っている)。文明の理想が恋愛の理想とこれほどまでに融合した時代は,ほかになかった。ちょうど,スコラ哲学が,あらゆる哲学思想を唯一の中心に統合しようとする,壮大な中世精神の努力を表わしているように,宮廷恋愛の理論は,さほど高尚でない領域で,高貴な生活に付随するありとあらゆるものを包含する傾向がある。バラ物語』は,この制度を破壊はしなかった。その傾向を修正し,その内容を豊かにしただけである。

In France and Burgundy, however, the development was not quite the same as it had been in Italy, since French aristocratic ideas of love were dominated by the Romaunt of the Rose, which dealt with knightly love but did not insist upon its remaining unsatisfied. It was, in fact, a revulsion against the teaching of the Church and a virtually pagan assertion of love’s rightful place in life.
The existence of an upper class whose intellectual and moral notions are enshrined in an ars amandi remains a rather exceptional fact in history. In no other epoch did the ideal of civilization amalgamate to such a degree with that of love. Just as scholasticism represents the grand effort of the medieval spirit to unite all philosophic thought in a single centre, so the theory of courtly love, in a less elevated sphere, tends to embrace all that appertains to the noble life. The Roman de la Rose did not destroy the system; it only modified its tendencies and enriched its contents. (note: Huizinga, The Waning of the Middle Ages, pp. 95-96.)
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM06-060.HTM

ラッセル『結婚論』第六章 ロマンティックな恋愛 n.4

第六章 ロマンティックな恋愛 n.4:詩的な恋愛と官能的な恋愛

中世後期における恋愛についての最良の記述の一つは,ホイジンガの著書『中世の秋』(1924年刊)に見いだされる。彼は次のように述べている)

十二世紀に,(フランス)プロヴァンスの抒情詩人(troubadours トロバドゥール)によって,満たされない欲求が詩的な恋愛像の中心に置かれたとき,文明の歴史における重要な転換がもたらされた。古代人(Antiquity)も恋の苦しみを歌いはしたが,その苦しみは,ただ,幸福の期待あるいは痛ましい挫折として考えられただけであった(幸福の期待あるいは痛ましい挫折として以外,決して抱かれることはなかった)。ビュラモス(注:愛する恋人 Thisbe がライオンに殺されたと思い自殺)とティスべ,(また)ケパロスとプロクリス(注:ケパロスの妻)の感傷をそそる点は,彼らの悲劇的な結末にある。(即ち,) すでに享受した幸福の悲痛な喪失にある。

 これに対して,宮廷詩は,欲求そのものを主要なモチーフとし,そのために,否定的な基調(negative ground-note)を帯びた恋愛の概念が創造されている。新しい詩的理想は,官能的な恋愛との関連をすっかりあきらめることなく,あらゆる倫理的願望を取り入れることができた。恋愛は,いまや,あらゆる道徳的・文化的な完璧さが花開く場所となった。恋する宮廷人は,その恋愛ゆえに,純粋かつ有徳であった。精神的要素がますます支配的になり,ついに,13世紀の末ごろに,ダンテとその仲間たちの清新体(派)(注:Dolce Stil Novo 13世紀イタリアの文学運動)は,結局,神を敬い,神を直観する状態をもたらす才能は恋愛にあり(恋愛に帰せられる)として終わる(とするようになる)。

ここで,一つの極限に達したのである。イタリアの詩は,徐々に,恋愛感情のより高踏的でない表現に立ち返らなければならなかった。ペトラルカは,精神化(霊化)された恋愛と,古代のモデルのもっと自然な魅力との間で揺れ動いている(注:is divided between どちらを選ぶべきかで迷っている)。間もなく,宮廷恋愛の不自然な方式は捨てられる。そして,その微妙な区別は復活することはないだろう。そしてそのときには,すでに宮廷的な恋愛観に潜んでいたルネッサンスのプラトン主義が,精神的な傾向を持った恋愛詩の新しい形式を生み出す(のである)。

One of the best accounts known to me of love in the later Middle Ages is to be found in Huizinga’s book on The Waning of the Middle Ages (1924).

When in the twelfth century [he says] unsatisfied desire was placed by the troubadours of Provence in the centre of the poetic conception of love, an important turn in the history of civilization was effected. Antiquity, too, had sung the sufferings of love, but it had never conceived them save as the expectation of happiness or as its pitiful frustration. The sentimental point of Pyramus and Thisbe, of Cephalus and Procris, lies in their tragic end; in the heartrending loss of a happiness already enjoyed. Courtly poetry, on the other hand, makes desire itself the essential motif, and so creates a conception of love with a negative ground-note. Without giving up all connection with sensual love, the new poetic ideal was capable of embracing all kinds of ethical aspirations. Love now became the field where all moral and cultural perfection flowered. Because of his love, the courtly lover is pure and virtuous. The spiritual element dominates more and more, till towards the end of the thirteenth century, the dolce stil nuovo of Dante and his friends ends by attributing to love the gift of bringing about a state of piety and holy intuition. Here an extreme had been reached. Italian poetry was gradually to find its way back to a less exalted expression of erotic sentiment. Petrarch is divided between the ideal of spiritualized love and the more natural charm of antique models. Soon the artificial system of courtly love is abandoned, and its subtle distinctions will not be revived, when the Platonism of the Renaissance, latent, already, in the courtly conception, gives rise to new forms of erotic poetry with a spiritual tendency.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM06-050.HTM

第六章 ロマンティックな恋愛 n.3

第六章 ロマンティックな恋愛 n.3:身分の差があればこそ

ロマンチックな恋愛は中世(時代)以前には知られていなかったと言えば正しくないであろう。しかし,ロマンチックな恋愛が,一般に認められた情熱の一形式(一形態)となったのは,ようやく中世になってからである。ロマンチックな恋愛の本質は,最愛の対象を,非常に手に入れ難くかつ非常に貴重な存在と見なすことにある。ロマンチックな恋愛は,それゆえ,詩により,あるいは歌により,あるいは武勲により( by feats of arms),あるいは,その他,その貴婦人(lady)の一番喜びそうに思われるやり方で,最愛の対象の愛を勝ち得るために(その男に)大変な努力をさせる(ことになる)。貴婦人には測り知れない価値があるという信念は,彼女を手に入れることの困難さが(人間の)心理に及ぼす効果(影響)であり,男性が容易にその女性を手に入れることができる場合には,男性の女性に対する感情は,ロマンチックな恋愛の形をとらない,と断言(主張)してよいと思われる。

中世に現われるロマンチックな恋愛は,最初は,男性の恋人が,合法的であろうと,違法(非合法的)であろうと,,性的な関係を持つことができるような女性に向けられたのではない。道徳と因習の超えることのできない障壁によって,(彼女たちの)ロマンチックな恋人から隔てられた,最高に尊敬すべき女性に向けられたのである。カトリック教会は,性は本来不純なものであると男たちに感じさせる仕事をあまりに徹底的にやりとげたので,手に入らないものだと思うのでない限り,女性に対して詩的な感情を抱くことができなくなってしまった。従って,恋愛が何らかの美を持つであるのなら,プラトニック(精神的なもの)でなければならなかった。

 現代人にとって,中世の詩人の恋する人たちの心理を想像によって感じることは,とても困難である。彼らは,(その貴婦人と)親密になりたいといういかなる欲求もなしに,熱烈で献身的な愛情を公言する。これは,現代人には非常に奇妙に思われるので,彼らの恋愛は文学的慣習にすぎないと考えがちである。確かに,時には,そういうものにすぎないこともあったし,また,確かに,恋愛の文学的表現は,慣習に支配されていた。しかし,『新生』の中に表現されているベアトリーチェに対するダンテの愛は,確かに,ただ単に慣習に基づくものではなかった。それとは逆に,大部分の現代人に知られている,いかなる情念よりも情熱的なものである,と言うべきであろう。

中世の高貴な精神の持ち主は,この地上の生活を悪しきものと考えていた。我々人間の本能は,彼らにとっては,腐敗と原罪の所産であった。彼らは,肉体と色欲を憎んだ。彼らにとっては,純粋な喜びは,性的な混ざりものを一切含まないと思われる,恍惚とした瞑想の中でのみ見いだされる(のであった)。恋愛の領域では,このような見方は,ダンテに見るような態度をもたらさざるをえなかった。ある女性を熱愛しかつ尊敬している男性は,彼女と性交の観念とを結びつけることができなかったであろう。なぜなら,あらゆる性交は,彼にとっては,多かれ少なかれ,不純なものであったからである。そこで,彼の恋愛は,詩的で想像力に富む形式をとり,自然と(当然),象徴性に満ちあふれたものになったのである。この文学への影響は,皇帝フリードリヒ二世の宮廷に始まり,ルネッサンスに花開くまでの,恋愛詩の漸進的な発展に見られるように,賞賛すべきものである。
To say that romantic love was unknown before the Middle Ages would not be correct, but it was only in the Middle Ages that it became a commonly recognized form of passion. The essential of romantic love is that it regards the beloved object as very difficult to possess and as very precious. It makes therefore great efforts of many kinds to win the love of the beloved object, by poetry, by song, by feats of arms, or by whatever other method may be thought most pleasing to the lady. The belief in the immense value of the lady is a psychological effect of the difficulty of obtaining her, and I think it may be laid down that when a man has no difficulty in obtaining a woman, his feeling towards her does not take the form of romantic love. Romantic love, as it appears in the Middle Ages, was not directed, at first, towards women with whom the lover could have either legitimate or illegitimate sexual relations ; it was directed towards women of the highest respectability, who were separated from their romantic lovers by insuperable barriers of morality and convention. So thoroughly had the Church performed its task of making men feel sex inherently impure, that it had become impossible to feel any poetic sentiment towards a lady unless she was regarded as unattainable. Accordingly love, if it was to have any beauty, had to be platonic. It is very difficult for the modern to feel in imagination the psychology of the poet lovers in the Middle Ages. They profess ardent devotion without any desire for intimacy, and this seems to a modern so curious that he is apt to regard their love as no more than a literary convention. Doubtless on occasion it was no more than this, and doubtless its literary expression was dominated by conventions. But the love of Dante for Beatrice, as expressed in the Vita Nuova, is certainly not merely conventional ; I should say, on the contrary, that it is an emotion more passionate than any known to most moderns. The nobler spirits of the Middle Ages thought ill of this terrestrial life ; our human instincts were to them the products of corruption and original sin; they hated the body and its lusts; pure joy was to them only possible in ecstatic contemplation of a kind that seemed to them free from all sexual alloy. In the sphere of love, this outlook could not but produce the kind of attitude which we find in Dante. A man who deeply loved and respected a woman would find it impossible to associate with her the idea of sexual intercourse, since all sexual intercourse would be to him more or less impure; his love would therefore take poetic and imaginative forms, and would naturally become filled with symbolism. The effect of all this upon literature was admirable, as may be seen in the gradual development of love poetry, from its beginning in the court of the Emperor Frederick II to its flowering in the Renaissance.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM06-040.HTM

<寸言>
中世における恋愛は、現代と異なり、身分の差があるからこそ生じたものであった。それは騎士の淑女に対する恋愛感情の象徴されており、身分の低い女性に対する恋愛感情などは詩作の対象とならなかった。

ラッセル『結婚論』第六章 ロマンティックな恋愛 n.2

第六章 ロマンティックな恋愛 n.2:聖職者の堕落の例

(以下,レッキーの著書からラッセルが引用したもの)

 聖職者がひとたび誓いを破り,自らも常習的な罪の生活と考えている生活を送り始めたからには,すぐに,俗人よりもずっと下のレベルまで堕落してしまったのは,驚くべきことではない。堕落の個々の例をあまり強調してはいけないかもしれないが,堕落の例を挙げるなら,たとえば,他のかずかずの罪の中でも,近親相姦,及び姦淫(私通)のかどで断罪された教皇ヨハネス二十三世,あるいは,1171年に,調査の結果,ある一つの村で17人の私生児をもうけていた(産ませていた)ことがわかったカンタベリーの聖アウグステイン会の次期修道院長,あるいは1130年に,70人を下らない妾を囲っていたことが立証された,スペインの聖ベラヨ会の修道院長,あるいは65人の私生児を持っていたかどで1274年に退位させられた,リエージュの司教であるアンリ三世などである。

しかし,このような,長々と連鎖する教会会議や教会史の著者の挙げる証拠に抵抗することは不可能である。彼らは,単に妾を囲うことよりもずっと大きな害悪を描写している(からである)。司祭が現実に妻をめとった場合,この関係は不法であるという自覚がことに彼らの貞操(観念)にとって致命的であり,そのために重婚や極度の移り気(mobility of attachments)が,特に,彼らの間で一般的に見られたと言われている(It was obserbed that )。

中世の作家(の著作)は,売春宿のごとき女子修道院女子修道院内でのおびただしい数の嬰児殺し聖職者の間に常習的に蔓延していた近親相姦に関する記述に満ちあふれている。近親相姦のために,司祭は母や姉妹と同居してはいけないという,この上もなく厳しい条令を出すことが,くりかえし,必要となった。不倫の愛(unnatural love)をほとんどこの世から根絶したのは,キリスト教の偉大な功績の一つであったが,そうした愛が修道院の中にすたれずに残っている,と何度も(more than onde 一度ならず/くりかえし)うわさになった。そして,宗教改革の少し前には,告解場が誘惑の目的で使用されているという苦情が高まり,かつ,頻繁になった。(レッキー『ヨーロッパ道徳史』第二巻,pp.350-351)

It was not surprising that, having once broken their vows and begun to live what they deemed a life of habitual sin, the clergy should soon have sunk far below the level of the laity. We may not lay much stress on such isolated instances of depravity as that of Pope John XXIII, who was condemned for incest, among many other crimes, and for adultery; or the abbot-elect of St. Augustine, at Canterbury, who in 1171 was found, on investigation, to have seventeen illegitimate children in a single village; or an abbot of St. Pelayo, in Spain, who in 1130 was proved to have kept not less than seventy concubines ; or Henry III, Bishop of Liege, who was deposed in 1274 for having sixty-five illegitimate children ; but it is impossible to resist the evidence of a long chain of Councils and ecclesiastical writers, who conspire in depicting far greater evils than simple concubinage. It was observed that when the priests actually took wives, the knowledge that these connections were illegal was peculiarly fatal to their fidelity, and bigamy and extreme mobility of attachments were especially common among them. The writers of the Middle Ages are full of accounts of nunneries that were like brothels, of the vast multitude of infanticides within their walls, and of that inveterate prevalence of incest among the clergy, which rendered it necessary again and again to issue the most stringent enactments that priests should not be permitted to live with their mothers or sisters. Unnatural love, which it had been one of the great services of Christianity almost to eradicate from the world, is more than once spoken of as lingering in the monasteries; and shortly before the Reformation, complaints became loud and frequent of the employment of the confessional for the purposes of debauchery.(W. E. H. I.ecky, History of Europcan Morals, vol. ii, pp. 350, 351.)
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM06-020.HTM

<寸言>
庶民には性道徳を強い、権力者(政治家、高位の聖職者、富豪など)は自らを例外として性的自由を謳歌する。権力や富を武器に自分よりも身分や生活程度の低い女性をかこったり慰みものにするのは、古今東西、権力者の役得のようなもの。

ラッセル『結婚論』第六章 ロマンティックな恋愛 n.1

第六章 ロマンティックな恋愛 n.1:野蛮な男女関係

 キリスト教と野蛮人(注:ゲルマンの異教徒など)の勝利とともに,男と女の関係は,古代世界では何世紀にもわたって知られていなかったほどの野蛮さ(獣性)に低下した。古代世界は邪悪ではあったが,獣的ではなかった。(ヨーロッパの)暗黒時代においては,宗教と野蛮が結びついて,人生の性的側面の地位を低下させた(品位を低下させた)。結婚生活においては,妻にはなんの権利もなかった。結婚生活の外では,いっさいが罪であったので,文明化されていない男の自然のままの獣性を抑えるための目標(object 目的)がなかった。中世における不道徳は,広く行きわたり,嫌悪をもよおすものであった。司教は,自分の娘とおおっぴらに罪の生活を送り,大司教は,お気に入りの若者(男性)を近くの司教管区(の司教職)に昇進させた。(注:リー『中世における宗教裁判史』第一巻,pp.9,14/男色のことを言っている。)
聖職者の独身に対する信念(独身が善いという考え)は,しだいに強くなってはいたが,実践が教訓に追いつけなかった教皇グレゴリウス七世は,司祭たちに内妻(妾)と手を切らせようと大変努力したが,後年のアベラールの時代になっても,彼は(アベラールが)エロイーズと結婚することは醜聞的ではあるが,不可能ではない,と考えていたことを見出している(知っている)。聖職者の独身制が厳格に強制されたのは,ようや13世紀の末頃になってからのことである。
もちろん,聖職者は相変らず,女性と不倫の関係を続けていた。もっとも,聖職者は,そういう関係に,品位も美も添えることはできなかった。聖職者はみずからが,そういう関係を不道徳で不純だと考えていたからだ。また,キリスト教会も,性に対して禁欲的な見方をしていたために,恋愛の概念を美化することは何ひとつできなかった。これをするのは,当然,俗人の仕事となった。

Chapter V Christian Ethics

With the victory of Christianity and the barbarians, the relations of men and women sank to a pitch of brutality which had been unknown in the ancient world for many centuries. The ancient world was vicious, but not brutal. In the Dark Ages, religion and barbarism combined to degrade the sexual side of life. In marriage, the wife had no rights; outside marriage, since all was sin, there was no object in curbing the natural beastliness of the uncivilized male. The immorality of the Middle Ages was widespread and disgusting ; bishops lived in open sin with their own daughters, and archbishops promoted their male favourites to neighbouring sees. (note: Lea, History of the Inquisition in the Middle Ages, vol. i, pp. 9, 14) There was a growing belief in the celibacy of the clergy, but practice did not keep pace with precept. Pope Gregory VII made immense exertions to cause priests to put away their concubines, yet so late as the time of Abelard we find him regarding it as possible, though scandalous, for him to marry Heloise. It was only towards the end of the thirteenth century that the celibacy of the clergy was rigidly enforced. The clergy, of course, continued to have illicit relations with women, though they could not give any dignity or beauty to these relations owing to the fact that they themselves considered them immoral and impure. Nor could the Church, in view of its ascetic outlook on sex, do anything whatever to beautify the conception of love. To do this was necessarily the work of the laity.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM06-010.HTM

<寸言>
女子校や男子校においては,同性に対する恋愛感情が起こりやすいが、原則女人禁制の教会や修道院においても、同性愛や男色がめずらしいことではなかった。
古今東西、権力者の間においても同性愛や男色はめずらしいことではなく、テレビの大河ドラマ(時代物)でも、お小姓などが権力者の男色の相手として登場するのを目にする。