「未分類」カテゴリーアーカイブ

第11章 組織体の生物学 n.16

 国家以外の組織体は(も),武力を使用できないこと以外は,大部分,我々がこれまで考察してきたものと同種の(諸)法則に支配されている。(なお)私は,クラブのような,権力衝動に’はけ口’をほとんど与えない組織(体)考慮の外に置くことにする。我々の目的からいって最も重要なものは,政党,教会,事業法人である。大部分の教会は -教会の目的が実現するとはほとんど思っていなくても- 世界的規模となることを目ざす(ものである)。(また)教会の大部分は,自分たちの信者(成員)の最も私的な関心事について,たとえば結婚とか子どもの教育などについて,規制をしようと努める。それ(私的関心事への関与)が可能だということがわかると,教会は -チベット及びペテロ世襲領(the patrimony of St. Peter)において,またある程度まで,宗教改革に至るまでの西欧全体において- 国家の機能を奪ってきた教会の権力衝動は,若干の例外を除いて,(権力衝動を発揮する)機会の欠如及び異端ないし(教会の)分裂という形での反抗に対する恐怖によってのみ限界をもうけられてきた。けれども,国家主義は,多くの国々において教会の権力を著しく減小させ,以前は宗教にはけ口を見出していた種々の(強い)感情を国家のほうに転移させた(向ける方向を変えさせた)*注。宗教のカの減少は,国家主義及び民族国家のカの増大の,一部は原因であり,一部は結果である。 (* 注)故人の A. S. ヘウィンズ(William Albert Samuel Hewins,1865-1931)は、ジョウゼフ・チェンバレン(1836-1914, 英国のグラッドストン内閣で通商大臣や自治大臣を務めた)が関税改正(論者)に転向するのを手助けしたが,彼は,自分の祖先は熱烈なローマン・カトリック教徒であったが,しかし,自分の気持は彼の祖先の気持が教会に結びついていたのと同じように大英帝国に結びついている,と私に語った。これは,右に述べた気持の展開の典型(的な一例)である。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.16 Organizations other than States are, in the main, subject to laws of the same kind as those that we have been considering, except that they cannot use force. I omit from consideration those that afford little outlet to power-impulses, such as clubs. The most important, for our purposes, are political parties, Churches, and business corporations. Most Churches aim at being world-wide, however little they may expect their aim to be realized; also most of them endeavour to regulate some of the most intimate concerns of their members, such as marriage and the education of children. When it has proved possible, Churches have usurped the functions of the State, as in Tibet and the patrimony of St. Peter, and to some extent throughout Western Europe until the Reformation. The power impulses of Churches, with some exceptions, have been limited only by lack of opportunity, and by the fear of revolt in the shape of heresy or schism. Nationalism, however, has greatly diminished their power in many countries, and has transferred to the State many emotions which formerly found their outlet in religion. (note: The late W. A. S. Hewins, who was instrumental in the conversion of Joseph Chamberlain to tariff reform, told me that his ancestors had been ardent Roman Catholics, but that his emotions attached themselves to the British Empire as theirs had to the Church. This was a typical development.) The diminution in the strength of religion is partly the cause and partly the effect of nationalism and the increased strength of national States.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER11_160.HTM

第11章 組織体の生物学 n.15

 自立を愛することというのは,大部分の場合,外的な干渉を抽象的に嫌悪することではなく,政府が望ましいと考る何らかの形の統制 - (たとえば)酒類製造販売禁止(prohibition),徴兵制,国教信奉(religious conformity 英国国教会などの信奉)、その他、を嫌悪することである。時として,そういった(嫌悪)感情は,宣伝と教育によって徐々に克服されることがあるが,宣伝と教育は個人の自立に対する欲求を限りなく(indefinetely)弱めてゆくことができる。現代社会においては,多くの力 -(たとえば,)学校,新聞,映画,ラジオ,教練(反復練習),その他 - が,協同して,画一性(一様性)を作り出そうとする。人口密度(の高さ)も同様の効果をもつ。それゆえ,自立したいという感情と権力愛との間の一時的な均衡(状態)の位置は,現代の状況では,徐々に権力の方向に傾きがちであり,そうして(thus),全体主義国家の誕生と成功とを容易にする(のである)。教育によって,自立への愛は,現在,限界がわからないほど弱体化が可能である。どの程度まで国家の対内権力を,反乱を引き起こさずに徐々に増大してゆくことができるかについては,言うことは不可能であるが,しかし,時間さえ与えられればそのような国家の対内権力は,最も独裁的な国家が現在到達している点よりもはるかに越えて増大させることができることについては,疑問の余地がないように思われる。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.15 Love of independence is, in most cases, not an abstract dislike of external interference, but aversion from some one form of control which the government thinks desirable — prohibition, conscription, religious conformity, or what not. Sometimes such sentiments can be gradually overcome by propaganda and education, which can indefinitely weaken the desire for personal independence. Many forces conspire to make for uniformity in modern communities – schools, newspapers, cinema, radio, drill, etc. Density of population has the same effect. The position of momentary equilibrium between the sentiment of independence and the love of power tends, therefore, under modern conditions, to shift further and further in the direction of power, thus facilitating the creation and success of totalitarian States. By education, love of independence can be weakened to an extent to which, at present, no limits are known. How far the internal power of the State may be gradually increased without provoking revolt it is impossible to say; but there seems no reason to doubt that, given time, it can be increased far beyond the point at present
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER11_150.HTM

第11章 組織体の生物学 n.14

 権力の密度,あるいは組織化の強度(といってもよいであろうが)に関して,そこに含まれている(諸)問題は,複碓かつ非常に重要である。国家は,すべての文明国において,昔と比較して今日,はるかに活動的である。(たとえば)ロシアやドイツやイタリア(注:第二次世界大戦直前の1938年の状況)においては,国家は殆んど全ての人間の関心事(人間に関わること)に干渉を加えている。人間は権力を愛するゆえに,平均して(概して),権力を勝ち取る人々は大部分の人々以上に権力を愛するゆえに,国家を支配統制する人々は,通常の状態では,自国の領土の増大を望むのと全く同じほどに,国内における諸活動の増大を望むものだと思ってよいであろう。(また)国家の機能を増大させるしっかりした理由が存在しているので,一般市民の側には,この点において,政府の意志に黙従する傾向があるであろう。けれども,自立に対する一定程度の欲求もあり,それがある点に達すると,少なくとも一時的には,組織化の強度がそれ以上増大することを阻止するほど強くなるであろう。従って,市民における自立への愛及び官公吏における権力愛は,組織化がある一定の強度に達すると,少なくとも一時的には平衡状態となるであろうし,組織化が増大すれば,自立に対する愛はより強力になり,もし組織化が減少すれば官僚の権力愛のほうが(相対的に)より強くなるであろう。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.14 As regards density of power, or intensity of organization (as it may also be called), the questions involved are complex and very important. The State, in every civilized country, is far more active now than at any former time; in Russia, Germany, and Italy it interferes in almost all human concerns. Since men love power, and since, on the average, those who achieve power love it more than most, the men who control the State may be expected, in normal circumstances, to desire an increase of its internal activities just as much as an increase of its territory. Since there are solid reasons for augmenting the functions of the State, there will be a predisposition, on the part of ordinary citizens, in favour of acquiescing in the wishes of the government in this respect. There is, however, a certain desire for independence, which will, at some point, become strong enough to prevent, at least temporarily, any further increase in the intensity of the organization. Consequently love of independence in the citizens and love of power in the officials will, when organization reaches a certain intensity, be in at least temporary equilibrium, so that if organization were increased love of independence would become the stronger force, and if it were diminished official love of power would be the stronger.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER11_140.HTM

第11章 組織体の生物学 n.13

(ここで)技術的な要因遠隔地(at a distance 少し離れたところ)に対して国家権力をふるうことを容易にする方向にばかり働いてきた(作用してきた)わけではない,ということに気づくべきである。(即ち)いくつかの点で,技術的要因は逆の効果(結果)をもたらしてきた。ハンニバルの軍隊は,何年も兵站線(line of communications へいたんせん:本国と戦場を連絡する輸送連絡路)を塞いだままで(without keeping open ~ 開くことなく)生存してゆくこと(食いつないでゆく/食べてゆくこと)ができたが(注:敵に自軍の行動がすぐに伝わってしまうことがないため),他方,現代の大軍は,そのような条件では,2,3日も持ちこたえることはできないであろう。海軍も,(お互い)帆にたよっている限り,軍事行動は世界を股にかけるものであった(注:in their operations: operations と複数形になっていることに注意)。(これに対し)今日の海軍は,何度も燃料の補給をしなければならないので,どこかの基地を離れてそう長い間軍事行動をするわけにいかない。ネルソン(提督)の時代には,英国海軍が何処かの海を支配すれば(注:command ここでは「支配する」),それだけでもう世界中の海を支配することとなった(注:大洋は全てつながっているため)。今日の英国海軍は,本国水域を支配するカはもっているかもしれないが,極東では弱いし,バルチック海へはまったく近よることもできない。(注:英国の海軍力は強くなったが、他国も強くなったので、相対的に英国海軍の力は弱くなってしまった。)  それにもかかわらず(以上のような例外はあるけれども),一般的な原理/原則は,昔にくらべて今日のほうが,中央から離れた地に(対して)権力をふるうことがより容易となっている。この結果,国家間の競争の激しさが増し,(競争による)勝利を(以前よりも)断乎たるものにした。それは,(勝利による)領土の拡大は,効率を損うことはないからである。世界国家(国家の統一による一つの世界国家)は,今日,技術的には可能であり,また,ある種の過酷な世界大戦での勝利国によって樹立されるかも知れないし、あるいはそれよりもっと可能性があるのは,最も強力な中立諸国による世界国家の樹立である。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.13 Technical causes, it should be observed, have not operated wholly in the direction of making it easier to exercise the power of the State at a distance; in some respects they have had the opposite effect. Hannibal’s army subsisted for many years without keeping open its line of communications, whereas a large modern army could not last more than two or three days in such conditions. Navies, so long as they depended upon sails, were world-wide in their operations ; now, since they must frequently refuel, they are unable to operate long at a distance from some base. In Nelson’s day, if the British commanded the seas in one region they commanded them everywhere ; now, though they may have command of the home waters, they are weak in the Far East, and have no access to the Baltic. Nevertheless, the broad rule is that it is easier now than in former days to exert power at a distance from the centre. The effect of this is to increase the intensity of competition between States, and to make victory more absolute, since the resulting increase of size need not impair efficiency. A World State is now a technical possibility, and might be established by a victor in some really serious world-war, or, more probably, by the most powerful of the neutrals.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER11_130.HTM

第11章 組織体の生物学 n.12

 メッセージの伝達の(絶対的な)迅速さだけが重要ではなく,メッセージが「人間が旅するよりも」速く移動する(travel 旅する)ということ(事実)も,いや,それがよりいっそう,重要である(注:abosolute rapidity 疑問の余地のない迅速性)。百年ちょっと前までは,メッセージも,それ以外の何でも,馬より速く移動することはできなかった。追い剥ぎ(highwayman )は(物取して)隣町へと逃れ,その犯罪のニュースが伝わらない内にその町に到着することができた。今日では,ニュースがまず伝わるので,逃亡は以前よりもずっと困難である。戦時中においては,あらゆる迅速な伝達手段は全て政府によって統制され(統制されるので),それによって政府の権力は非常に増大する。  現代の技術は -メッセージの伝達の迅速性を通してだけでなく,鉄道や電信や自動車輸送や政府の宣伝なども通して- 昔よりもずっと大規模な帝国に安定を与えることを可能にしてきている。(これに対し)古代ペルシャ帝国の地方総督や古代ローマ帝国の地方総督は容易に反乱を起こせる自立性を十分持っていた。アレクサンダー大王の帝国も大王の死と共に瓦解した。アッテイラやジンギス汗の帝国もつかのまのものであった。ヨーロッパの諸国家も新世界における所有物(アメリカ大陸その他)の大部分を失った。しかし,現代の技術を備えた大部分の帝国は,外部からの攻撃を受けたとき以外はかなり安全であり,革命は,敗戦後に予想されるだけである(戦争に敗れなければ革命は起こりそうもない)。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.12

It is not only the absolute rapidity in the transmission of messages that is important, but also, and still more, the fact that messages travel faster than human beings. Until little over a hundred years ago, neither messages nor anything else could travel faster than a horse. A highwayman could escape to a neighbouring town, and reach it before the news of his crime. Now-a-days, since news arrives first, escape is more difficult. In time of war all rapid means of communication are controlled by governments, and this greatly increases their power. Modern technique, not only through the rapidity in the transmission of messages, but also through railways, telegraph, motor traffic, and governmental propaganda, has made large empires much more capable of stability than they were in former times. Persian satraps and Roman proconsuls had enough independence to make rebellion easy. Alexander’s empire fell apart at his death. The empires of Attila and Jenghis Khan were transitory; and the nations of Europe lost most of their possessions in the New World. But with modern technique most empires are fairly safe except against external attack, and revolution is only to be expected after defeat in war.   出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER11_120.HTM

第11章 組織体の生物学 n.11

 蒸気船,鉄道,そうして,最後には飛行機が,(諸国)政府が遠隔地に対して迅速に権力を行使することを可能にした。(スペイン領)サハラやメソポタミアで反乱が起こっても,今日では数時間以内で鎮圧できるが,他方,百年前だったら、軍隊を送るだけでも数ケ月を要したであろうし,また,バルチスタン(注:Baluchistan パキスタン南西部からイラン南東部にまたがる乾燥地帯)におけるアレクサンダー大王の率いた兵士たちのように,喉の渇きのために軍隊(の兵隊)が死んでいくのを防ぐことは非常に困難であったであろう。  人や物資の移動と同様にとても重要なのは,ニュースの伝達の迅速さである。1812年の戦争(米英戦争)で,ニュー・オーリンズの戦い(注:米英戦争末期の1814年12月から1815年1月にかけて行われた戦い)は,講和締結以後に起こったけれども,両軍のいずれもこの締結の事実を知らなかった(のである)。七年戦争(注:1756-1763年の7年間,プロイセン王国とオーストリアの対立を軸に,プロイセンはイギリスと,オーストリアはフランス,ロシアと結び,全ヨーロッパに広がった戦争のこと)の終りに,英国軍はキューバとフィリッピン群島とを占領したが,しかし,ヨーロッパがこのことを知ったのは,講和(条約)の署名が終った後のことであった。電信機が発明されるまでは,平時の大使も,戦時の将軍も,(ともに)最新の出来事を考慮に入れて指令を出すことができなかったので,必然的に非常に大きな行動の自由を持っていた。(そうして)遠隔地にいる政府を代理する者は,自分自身の判断で行動することを要求されることが非常に多く,そうして,中央(政府)によって示された政策の単なる伝達者以上の者になったのである。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.11

Steamships, railways, and finally aeroplanes have made it possible for governments to exercise power quickly at great distances. A revolt in the Sahara or in Mesopotamia can now be quelled within a few hours, whereas a hundred years ago it would have required months to send an army, and there would have been great difficulty in preventing it from dying of thirst, like Alexander’s soldiers in Baluchistan. Quite as important as the mobility of persons and goods is the rapidity in the transmission of news. In the war of 1812, the battle of New Orleans was fought after the conclusion of peace, though neither of the opposing armies was aware of this fact. At the end of the Seven Years War, British forces captured Cuba and the Philippines, but this was not known in Europe until peace had been signed. Until the invention of the telegraph, ambassadors in time of peace and generals in time of war had necessarily a very great latitude, since their instructions could not take account of the most recent occurrences. Agents of a distant government were very frequently called upon to act on their own judgment, and thus became much more than mere transmitters of a centrally directed policy.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER11_110.HTM

第11章 組織体の生物学 n.10

 ローマ帝国は,マケドニア人を通して(経由で),ペルシャ人から道路(整備)による中央政府の強化の仕方を学んだ。ローマ帝国の使者は,西欧と南欧,北アフリカ及び西アジアの全体を通して,昼夜の別なく,一時間平均数マイルの速度で旅をつづけることができた。しかし,どの領地でも,ローマ帝国の軍隊駐屯地(the imperial post)は軍司令官によって統制されており,(従って)軍司令官は,自軍の中にいない誰にも知られずに部隊(軍隊)を移動させることができた。歩兵隊(legions)の(行軍の)迅速さ及びニュースの伝わり方の遅さは,しばしば,ローマ皇帝に対する反逆に好都合なものとなった。ギボンは,コンスタンティヌス帝のガリア(注:Gaul ゴール)の北部からイタリアへの進軍について語る時,コンスタンティヌス帝の移動の容易さとハンニバル(将軍)の移動の困難さとを(次のように)対照させている。 「ハンニバル(将軍)がガリア(ゴール)からイタリアに進軍した時,彼は,山々を越える,またかつて決して正規軍に明け渡したことのなかった(通行を許したことのなかった)未開の国々を抜ける道を,まず発見し,そうしてそれを切り開かなければならなかった。アルプス(の山々)は,当時は自然(の要塞)で守られていたが,現在では技術によって守られている。しかし,この両者の中間の時代においては,ここを通ろうと試みた将軍たちは,いかなる困難にも抵抗にもめったにあわなかった。コンスタンティヌス帝の時代には,山岳地帯の農民(小百姓)たちも文明化された従順な臣民であった。田園地方では食糧が十分に備蓄され,ローマ人がアルプスを越えて延長された(数本の)幹線道路は,ガリア(ゴール)とイタリアの間に数本の連絡網(communications 連絡通路)を開いていた。コンスタンティヌス帝は,(何本かの道路の中で)コチアン・アルプス(Cottian Alps)の道路,あるいは現在の呼びかたで言えばモン・スニ峠(Mount Cenis = Mont Cenis)の道路を好み,自分の軍勢を非常に熱意を持って率いていたので,彼がアルプスを越えてピエモンテ州(Piedmont)の平原におり立った時には,マクセンティウスの宮廷(ローマにあった)では,まだ彼がライン河の岸辺から出発したという確実な情報(intelligence 諜報)を受けとっていなかった。」(注記がないが、ギボン『ローマ帝国衰亡史』からの引用と思われる。)  その結果,マクセンティウス(注:ローマ帝国のテトラルキア時代の皇帝の一人:在位:306年 – 312年)は敗れ,キリスト教が(ローマ帝国の)国教となった。世界の歴史は,もしローマ人がもっと悪い道路しかもっていなかったら,あるいは,ニュースのもっと敏速な伝達手段ががあったなら,異なっていたかも知れない。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.10 The Roman Empire learnt from the Persians, through the Macedonians, how to fortify the central government by means of roads. Imperial messengers could travel at an average rate often miles an hour, day and night, throughout Western and Southern Europe, North Africa, and Western Asia. But in each province the imperial post was controlled by the military commander, who could therefore move his armies without the knowledge of anyone not in their line of march. The swiftness of the legions and the tardiness of news resulted often in advantage to rebels against the Emperor in Rome. Gibbon, in telling of Constantine’s march from the north of Gaul to invade Italy, contrasts the ease of his movements with the difficulty of Hannibal’s : “When Hannibal marched from Gaul into Italy, he was obliged, first to discover, and then to open, a way over mountains and through savage nations that had never yielded a passage to a regular army. The Alps were then guarded by nature, they are now fortified by art. But in the course of the inter-mediate period, the generals, who have attempted the passage, have seldom experienced any diffiiculty or resistance. In the age of Constantine, the peasants of the mountains were civilized and obedient subjects ; the country was plentifully stocked with provisions, highways, which the Romans had carried over the Alps, opened several communications between Gaul and Italy. Constantine preferred the road of the Cottian Alps, or as it is now called of Mount Cenis, and led his troops with such active diligence, that he descended into the plain of Piedmont before the court of Maxentius (in Rome) had received any certain intelligence of his departure from the banks of the Rhine.” The result was that Maxentius was defeated and Christianity became the religion of the State. The history of the world might have been different if the Romans had had worse roads or a swifter means of transmitting news.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER11_100.HTM

第11章 組織体の生物学 n.9

 権力の集中は,政治の領域においては,常に支配者によって追求されてきたものであり(であるが),それは常に被支配者によって抵抗されてきたというものではなかった。権力の集中は,名目上は,古代の帝国のほうが近代の政体の最も独裁的なもの(さえ)よりも完璧であったが,実際においては,権力の集中には技術的な限界があった。古代の君主にとって最も緊急の問題は,移動の問題であった。エジプトとバビロニアでは,この移動の問題は大河によって促進された。しかし,ペルシャの統治は道路に依存していた。ヘロドトスは,サルディス(Sardis)からスーサ(Susa)に至る,延長1500マイルの非常に長い王道を,平時には王の使者が旅し,戦時には王の軍隊が進軍した,と記している。  ヘロドトスはこう書いている。「 当の(問題の)道路の実話(true account 正しい説明)は次の通りである。王立の宿場(Royal stations)が全王道に沿って(多数)存在し,また立派な隊商宿(caravanserais)も同様である。そして王道全体に渡って,居住区が広がっており(? and throughout, it traverses an inhabited tract),危険はない。・・・フリギア(王国)(Phrygia)を後にすると,ハリス河(注:the Halys 現在のトルコを流れるクズルウルマク川のこと)を渡らなければならない。そこには関門が(いくつか)あって,河を渡る前に必ずそれらの関門を通過しなければならない。強力な軍隊がその地を警備している。・・・キリキア(Cilicia)とアルメニアとの境界をなすのがユーフラテス河で,小舟で渡らなくてはならない。アルメニアには休憩所が15ケ所,その距離は56ファルサフ半(約180マイル/parasang = ファルサフ)である(?)。警備隊の配置されているところが1ケ所ある。4つの大河がこの地方を交叉しているが,それらの河は全て小舟で渡らなくてはならない。・・・宿場の数は111ケ所まで増やされている。事実,サルディスとスーサの間にある休憩所は非常に数が多い。」  彼はさらに続けて次のように述べている。「一日150ハロン(注:furlong ファーロングとも)の割合で旅をしても(軍隊の行軍速度とほぼ同じ),旅を終えるにはきっかり90日はかかるであろう。(注:これで宿場が111もある理由がわかる。)」(ヘロドトス『歴史書』第五巻,五二章,五三章。ローリンソン訳)  このような(長い)道路は,帝国の拡大を可能にしたが,それによって王が遠隔地の地方総督(satraps)の監督を事細かに行うことを可能にしなかった(不可能であった)。馬にのった使者は,サルディスからスーサまで一ケ月で知らせを持っていけたかもしれないが,しかし,軍隊がサルディスからスーサまで行軍するのには三ケ月はかかるであろう。イオニア人がペルシャ(帝国)に叛旗を翻した時にも,小アジアにいるペルシャ軍を迎えうつまでに,彼らイオニア人は幾月も彼らの自由にできた(のである)(注:any troops not already in Asia Minor 小アジアをいまだ立っていない部隊)。古代の帝国は全て,叛乱に悩まされたが,その叛乱を指導したものは,しばしば地方の総督(守備隊長)であった。そうして,明白な坂乱が起きていない場合でさえ,征服が最近行われたばかりというのでもないかぎり,地方における自治はほとんど避けがたく,時間の経過とともに,独立へと発展しがちであった。古代の大国で,今日と同程度に近くまで,中央からの支配が及んだ国は一つもない。そうして,その主な理由は,迅速な移動の欠如にあった。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.9 Concentration of power, in the political sphere, has always been sought by rulers, and has not always been resisted by those over whom they ruled. Nominally, it was more complete in the great empires of antiquity than in even the most dictatorial of modern regimes, but in practice it was limited to what was technically possible. The most urgent problem for ancient monarchs was that of mobility. In Egypt and Babylonia, this was facilitated by the great rivers; but the Persian rule depended upon roads. Herodotus describes the great royal road from Sardis to Susa, a distance of about 1,500 miles, along which the King’s messengers travelled in time of peace, and the King’s armies in time of war. “The true account of the road in question,” he says, “is the following: Royal stations exist along its whole length, and excellent caravanserais ; and throughout, it traverses an inhabited tract, and is free from danger…. On leaving Phrygia the Halys has to be crossed; and here are gates through which you must needs pass ere you can traverse the stream. A strong force guards this post…. The boundary between Cilicia and Armenia is the river Euphrates, which it is necessary to cross in boats. In Armenia the resting-places are fifteen in number, and the distance is 56½; parasangs (about 180 miles). There is one place where a guard is posted. Four large streams intersect this district, all of which have to be crossed by means of boats. :.. The entire number of stations is raised to one hundred and eleven; so many are in fact the resting-places that one finds between Sardis and Susa.” He goes on to state that, “travelling at the rate of 150 furlongs a day” (about the speed of an army), “one will take exactly ninety days to perform the journey. (note: Book V, Chapters 52, 53. Rawlirwon’s translation.) Such a road, though it made an extended empire possible, did not enable the King to exercise any detailed control over the satraps of distant provinces. A messenger on horseback might bring news from Sardis to Susa in a month, but an army would require three months to march from Susa to Sardis. When the Ionians revolted against Persia, they therefore had a number of months at their disposal before they had to meet any troops not already in Asia Minor. All ancient empires suffered from revolts, often led by provincial governors ; and even when no overt revolt occurred, local autonomy was almost unavoidable except when conquest was recent, and was apt, in the course of time, to develop into independence. No large State of antiquity was governed from the centre to nearly the same extent as is now customary; and the chief reason for this was lack of rapid mobility.

 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER11_090.HTM

第11章 組織体の生物学 n.8

 アメリカ合衆国は,国家(というもの)は征服可能なもの(国や地域)を(全て)征服するという(一般)原則に対する例外だ,と主張する人がいるかも知れない。メキシコの征服は,いやそれどころか全てのラテン・アメリカ諸国の征服も,アメリカ合衆国がひとたび征服したいと思えば,まったく骨の折れる仕事ではないだろうことは,明らかである。けれども,政治的征服のための通例の動機が,この場合においては,これを妨害する(種々の)カによって,現在のところ,抑制させられている。南北戦争以前には,(アメリカの)南部諸州には帝国主義的傾向があり,それはメキシコ戦争(注:アメリカ=メキシコ戦争,1846-1848)にそのはけ口を見出し,膨大な領土の併合へと導いた。南北戦争以後は,アメリカ西部の植民と経済的発展は,アメリカの最も精力的な国民の精力さえ吸いとってしまうほどの十分な仕事であった。この仕事がある種の終結(注:conclusion 結論,終局)に達するやいなや,1898年の米西戦争が新たな帝国主義の衝動にはけ口(注:vent 出口)を与えた。しか,領土の併合は,アメリカ合衆国憲法においては種々の困難が存在している。(即ち)領土の併合には新しい有権者(選挙民)の新規追加の承認が伴っており,彼らは望ましくないと思われることもあるであろうし,また -さらに重要なことであるが- 領土併合は,国内の自由貿易の範囲が拡大し,従って,重要な経済的な諸利益に損害を与える(ことになる)。モンロー主義は,ラテン・アメリカに対する事実上の属国化(保護国化/保護領化)を伴うものであり(意味するものであり),従って,そのほうが実際に併合するよりも支配的利益により満足を与える(のである)。もし政治的征服が経済的に(も)有利だということになれば,すぐにそれ(政治的征服)が行われることは疑いはないであろう。

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.8 It might be urged that the United States is an exception to the principle that a State conquers what it can. It is obvious that the conquest of Mexico, and indeed of all Latin America, would offer no serious difficulties if the United States cared to undertake the task. The usual motives for political conquest, however, are at present inhibited in this case by various counteracting forces. Before the Civil War, the Southern States had imperialistic tendencies which found an outlet in the Mexican War, leading to the annexation of an immense territory. After the Civil War, the settlement and economic development of the West was a sufficient task to absorb the energies of even the most energetic nation. As soon as this business had been brought to some sort of conclusion, the Spanish-American War of 1898 gave vent to a fresh impulse of imperialism. But annexation of territory has difficulties under the American Constitution : it involves the admission of new voters, who may be thought undesirable, and – -what is more important — it extends the area of internal free trade, and is therefore damaging to important economic interests. The Monroe Doctrine, which involves a virtual protectorate over Latin America, is therefore more satisfactory to the dominant interests than annexation would be. If political conquest were economically advantageous, no doubt it would soon take place.

 出典: Power, 1938.

 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER11_080.HTM

第11章 組織体の生物学 n.7

 今 (just) 述べてきたことは抽象的すぎて,(部分的)修正なしでは真実とは言えない。小国は,自力によってではなく,大国の嫉妬によって、存在する。たとえば,(小国の)ベルギーが存在するのは,イギリスとフランスにとって(ベルギーの存在が)好都合だからである(注:両国にとって緩衝地帯となる)。ポルトガルが広大な植民地をもっているのは,大国同志がそれらの植民地の分割方法について意見の一致を見ないからである。戦争は重大な事柄なので,もし任意の強国がある国の領土をとってしまおうと思えば失ってしまう領土でも,国家は,かなりの期間、領土を保持できることがある。しかしそういった考慮(事項)も,けっして我々の一般原理をくつがえすものではない。(即ち)そういった考慮は,露骨な権力の作用に猶予を与える摩擦力を取り入れているだけなのである。(注:猶予を与えているだけで、権力の実際の姿は変わらない。/ちなみに,they only introduce frictional forces … のところを、東宮氏は「つまり,★強国★は,露骨な権力の作用に猶予を与える摩擦力を用いているに過ぎないのである」と訳出している。想像力を働かせ過ぎではないか? この一つ前の文の主語は considerations と複数形であるが、その前の a State; any strong State は全て単数形となっており、単数形の主語を複数形の they で受けるはずがないことに気づくべきであろう。 )

Chapter XI: The Biology of Organizations, n.7 What has just been said is too abstract to be true without modification. Small States exist, not by their own power, but through the jealousies of large ones; Belgium, e.g., exists because its existence is convenient for England and France. Portugal has large colonies, because the Great Powers cannot agree about how to divide them. Since war is a serious business, a State may, for a considerable time, retain territory which it would lose if any strong State chose to take it. But such considerations do not destroy our general principle; they only introduce frictional forces which delay the operation of crude power.

 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER11_070.HTM