青年に「罪の意識」を与えることの愚かさ

 キリスト教徒の態度人間の福祉(幸福)にとって危険であるのは,性行為に関してだけでなく,性の問題に関する知識にも関してもそうである。偏見のない精神でこの問題を研究しようと骨を折った人なら,誰でも正統派のキリスト教徒が青年に強用しようとする性に関する作為的な無知は,道徳的及び肉体的健康に極めて危険であり,大抵の子供たちがそうするように,「不適切な(下劣な)」会話によって知識を拾う者に,性とはそれ自体わいせつかつ馬鹿げたものであるという態度をとらせることになるのである。知識は望ましいものではないという見方に弁護の余地はない,と私は考える。いかなる人がいかなる年齢に知識を得ようとしても,障害をもうけるべきではない。しかし,性の知識という特殊な場合には,大部分の他の知識の場合よりも,障害をもいけるべきではないということに対するはるかに重みのある賛成論がある。知識を授けられている場合よりも無知な場合の方が,人はより愚かな行為をする(賢明な行為をいっそうしそうにない)ものであり,青年が重要な問題について自然な好奇心を持つからといって,青年に罪の意識を与えるということは馬鹿げている。

It is not only in regard to sexual behaviour but also in regard to knowledge on sex subjects that the attitude of Christians is dangerous to human welfare. Every person who has taken the trouble to study the question in an unbiased spirit knows that the artificial ignorance on sex subjects which orthodox Christians attempt to enforce upon the young is extremely dangerous to mental and physical health, and causes in those who pick up their knowledge by the way of “improper” talk, as most children do, an attitude that sex is in itself indecent and ridiculous. I do not think there can be any defense for the view that knowledge is ever undesirable. I should not put barriers in the way of the acquisition of knowledge by anybody at any age. But in the particular case of sex knowledge there are much weightier arguments in its favor than in the case of most other knowledge. A person is much less likely to act wisely when he is ignorant than when he is instructed, and it is ridiculous to give young people a sense of sin because they have a natural curiosity about an important matter.
出典:Has Religion Made Useful Contributions to Civilization? 1930
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/0466HRMUC-030.HTM

<寸言>
知性を軽視する宗教あるいは宗教家は益よりも害を与えやすい。