「知的戯言の概要」(1943年発表)」n.17


 人々の抱く信念には様々な原因がある。その一つ(の信念)は、当該信念を抱くための(裏付ける)何らかの証拠があるものである。我々は、これを「誰それの電話番号は何番か」とか「(何かのスポーツの)ワールド・シリーズに誰が勝利したか?」といったような事実に関する事柄(事実問題)に適用する。しかし、問題がもっと議論の余地があるものになるいなや、その信念を引き起こす原因は擁護できないものになる。我々は、まずまっさきに、自分達はいいやつだと感じさせるものを信じる。人間様(Mr. Homo)は、胃の消化がよく(体調が良く)、十分な収入があれば、自分は、気まぐれな女房と結婚しいつも無駄遣いをしている隣人の誰それよりも何と分別があることか、と考える。彼(彼女)は、自分の(住んでいる)市(都市)は、五十マイル離れているところにある他の市よりもなんとすぐれていることか、と考える。即ち、わが市には、(その都市よりも)より大きい商工会議所(Chamber of Commerce 商業会議所)があり、より進取的なロータリー・クラブがある。 そして市長は一度も刑務所に入ったことはない、と。彼(彼女)は、 自国はいかに計り知れないほど他のあらゆる国々よりも勝っていることか、と考える。もし、彼(彼女)が英国人であれば、その気性に応じて、シェイクスピアやミルトン、あるいはニュートンやダーウィン、あるいは(海軍の)ネルソ提督や(陸軍の)ウェリントン元帥のことを考える(思い浮かべる)。もし、彼(彼女)がフランス人であれば、フランスは数世紀に渡って、文化、ファッション及び料理において世界の先頭にたってきたと得意がる(congratulate himself 自分を褒める)。もし、彼(彼女)がロシア人であれば、彼(彼女)は自分が真に国際的な唯一の国家に属していることを自覚する。 もし、彼(彼女)がユーゴスラヴィア人であれば、自国の豚を自慢する。もし、彼(彼女)がモナコ王国の生まれあれモナコがばギャンブルの件(he matter of gambling)で世界をリードしていることを自慢する。

Outline of Intellectual Rubbish (1943), n.17

People’s beliefs have various causes. One is that there is some evidence for the belief in question. We apply this to matters of fact, such as “what is so-and-so’s telephone number?” or “who won the World Series?” But as soon as it comes to anything more debatable, the causes of belief become less defensible. We believe, first and foremost, what makes us feel that we are fine fellows. Mr. Homo, if he has a good digestion and a sound income, thinks to himself how much more sensible he is than his neighbor so-and-so, who married a flighty wife and is always losing money. He thinks how superior his city is to the one 50 miles away: it has a bigger Chamber of Commerce and a more enterprising Rotary Club, and its mayor has never been in prison. He thinks how immeasurably his country surpasses all others. If he is an Englishman, he thinks of Shakespeare and Milton, or of Newton and Darwin, or of Nelson and Wellington, according to his temperament. If he is a Frenchman, he congratulates himself on the fact that for centuries France has led the world in culture, fashions, and cookery. If he is a Russian, he reflects that he belongs to the only nation which is truly international. If he is a Yugoslav, he boasts of his nation’s pigs; if a native of the Principality of Monaco, he boasts of leading the world in the matter of gambling. . Source: Bertrand Russell : An Outline of Intellectual Rubbish, 1943  Reprinted in: Unpopular Essays, 1950, chapter 7:
More info.: http://www.ditext.com/russell/rubbish.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です