ラッセル『私の哲学の発展』第12章 意識と経験 n12


 観念論哲学者の影響によって、「経験」というものの重要性がひどく大げさに主張されて来た、と 私には思われる。 経験されないもの、経験でないものは何も存在しえないとまで考えられるにいたっている。こういう意見に何らかの根拠があるとは私にはみとめられない。またさらに、我々の 知りえないものが存在することを我々は知りえないという見解に対しても、私は何の根拠も認めない。もし人々が「経験」なる語はどういう意味を持ちうるかを明らかにしようとつとめさえ経していたなら、私がここに攻撃しているような意見が盛んにおこなわれるようになりえたとは思われないのである

Under the influence of Idealist philosophers the importance of ‘experience* has, it seems to me, been enormously exaggerated. It has even come to be thought that there can be nothing which is not experienced or experience. I cannot see that there is any ground whatever for this opinion, nor even for the view that we cannot know that there are things we do not know. I do not think that the opinion which I am combating could have flourished if people had taken the trouble to find out what the word ‘experience’ is capable of meaning. Chapter 12: Consciousness and Experience
 Source: My Philosophical Development, 1959, chapter 12  
 More info.: https://russell-j.com/beginner/BR_MPD_12-012.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。