ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.18


 規模の大きな経済組織の発達は,新しいタイプの強力な個人を生みだしてきた。(即ち)アメリカで呼ばれているところの”エグゼクティブ“(企業等の経営幹部や執行役員)である。典型的な「エグゼクティヴ」は,(自らを)迅速な決定を行い,即座に相手の性格(人間性)を読み取り,鉄の意志をもった人間であるという印象を,他人(人々)に与える。(また)このような人は,堅くひきしまった顎,きりっと結んだ唇,簡潔かつ鋭いスピーチをする習慣をもっていなくてはならない。彼は,同輩に敬意(尊敬の念)を起させ(inspire),有能な部下(注:subordinates who are by no means nonentities 決してとるに足りないものではない部下)には信頼を起こさせることができなくてはならない。(また)彼は,偉大なる将軍と偉大なる外交官の資質を併せ持っていなくてはならない。(即ち)戦いに臨んでは無慈悲だが,交渉に当っては巧みに譲歩する能力を持っていなくてはならない。このような資質によって,人は,重要な経済組織の支配(権)を獲得するのである。

Chapter III: The Forms of Power, n.18

The growth of large economic organizations has produced a new type of powerful individual: the “executive,” as he is called in America. The typical “executive” impresses others as a man of rapid decisions, quick insight into character, and iron will ; he must have a firm jaw, tightly closed lips, and a habit of brief and incisive speech. He must be able to inspire respect in equals, and confidence in subordinates who are by no means nonentities. He must combine the qualities of a great general and a great diplomatist: ruthlessness in battle, but a capacity for skilful concession in negotiation. It is by such qualities that men acquire control of important economic organizations.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_180.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。