ラッセル『結婚論』第19章 性と個人の福祉 n.8


『結婚論』第19章 性と個人の福祉: n.8:好奇心を抑圧する弊害

 現状では(as things are 今のところ),生涯にわたって未婚のままでいなければならない多数の女性にとって,因習的な道徳は苦痛であり,また,たいていの場合,有害である。あらゆる人が知っているように,いかなる点から見ても最高の称賛に値する,厳格な因習的な美徳を備えた独身女性たちを,私も知っている。しかし,一般的には,そうではない(賞賛に値しない)と思われる。性体験がなく,貞操を守ること(preserve her virture)が大切だと考えてきた女性は,恐怖心も少し入りまじった,否定的な反応をしてきたので,概して臆病になっており,一方,同時に,本能的で無意識的な嫉妬のために,正常な人びとに対する不承認(disapproval 非難)と,自分がさし控えてきたものを楽しんでいる人々に罰を与えたい,という欲求を胸に募らせてきている

知的な臆病さは,とりわけ万年処女に共通した(common ありふれた)付きもの(concomitant 付随物)である。実際,仮に,女性が知的に劣っているとしたら,それは主として,性に対する恐怖心から,女性が好奇心を抑制するようになったせい(結果)ではないかという気がする。きまった夫を見つけられない女性が終生,処女でいるために,不幸になったり,無益になったりする十分ないわれはない(注:そんな必然性も理由もない)。こういうことが必然的に,頻繁に起こる現在の状況は,結婚制度の初期の頃には,予期されないことであった。当時においては,男女の数はほぼ等しかったからである(注:第一次対戦で多くの男性が戦死したために,男女比が歪になったことを言っている)。多くの国で女性が(男性の数に比較して)とても超過していることは,疑いもなく,因習的な道徳律の修正を支持する非常に真剣な論議を提供している(提供するものである)。

Chapter XIX: Sex and Individual Well-being, n.8

For the large class of women who, as things are, must remain permanently unmarried, conventional morality is painful and, in most cases, harmful. I have known, as we all have, unmarried women of strict conventional virtue who deserve the highest admiration from every possible point of view. But I think the general rule is otherwise. A woman who has had no experience of sex and has considered it important to preserve her virtue has been engaged in a negative reaction, tinged with fear, and has therefore, as a rule, become timid, while at the same time instinctive unconscious jealousy has filled her with disapproval of normal people, and with a desire to punish those who have enjoyed what she has foregone. Intellectual timidity is an especially common concomitant of prolonged virginity. Indeed, I am inclined to think that the intellectual inferiority of women, in so far as it exists, is mainly due to the restraint upon curiosity which the fear of sex leads them to impose. There is no good reason for the unhappiness and waste involved in the lifelong virginity of those women who cannot find an exclusive husband. The present situation, in which this necessarily occurs very frequently, was not contemplated in the earlier days of the institution of marriage, since in those days the numbers of the sexes were approximately equal. Undoubtedly, the existence of a great excess of women in many countries affords a very serious argument in favour of modifications of the conventional moral code.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM19-080.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。