ラッセル『結婚論』第十七章 人口(問題) n.6


『結婚論』第十七章 人口 n.6:死亡率の低下による人口増加

 この人口の増加を,出生率の上昇のせいにする理由はほとんどない。むしろ,死亡率の低下に帰すことができる死亡率の低下は,一部は医学の進歩によるものであるが,産業革命によって繁栄の水準が上昇したことによるほうがずっと大きい,と私は考えている。英国で出生率が記録されはじめた1841年から,1871~1875年(の期間)にいたるまで,出生率はほとんど一定しており,後者の期間(1871~1875年の期間)には,最高の35.5に達している。

この段階で,二つの事件が起こっている。第一1870年の教育法であり,第二は,1878年に,新マルサス主義を宣伝したかどで,ブラッドロー(Charles Bradlaugh, 1833-1891,社会改革家で有名な無神論者。産児制限を主張。)が起訴されたことである。それに応じて,それ以後,出生率は,最初はゆっくりと,その後は急激に,低下していったことがわかる。英国教育法がその動機(注:出生率低下の動因)を提供し始めた。子供は,もはや,あまりもうかる投資ではなくなったからである。そして,ブラッドローがその方法(注:出生率を下げる方法/産児制限のことと思われる。)を提供した。

1911年から1915にいたる5年間に,出生率は23.5(人)に落ちた。1929年の最初の第一四半期には,28.5(人)に落ちた。(それでも)英国の人口は,医学と衛生学の進歩のおかげで,いまなお,ゆっくりと増加してはいるが,急速に増減の変動のない数字に近づいている。(原注:1929年の第1四半期において出生率は低下したが,これは,流行性感冒に帰すぺきものである。1929年5月27日付けの『タイムズ』を参照のこと)フランスは,周知のとおり,かなり前から(かなりの期間),実質的に(文字通りに)静止人口(状態)になっている。

Chapter XVII: Population, n.6

There is very little reason to attribute this increase of population to an increase in the birth-rate. It is attributable rather to a decline in the death-rate, due partly to the advance of medical science, but much more, I think, to the rising level of prosperity brought about by the industrial revolution. From the year 1841, when the birth-rate began to be recorded in England, down to the years 1871-1875, the birth-rate was nearly constant, reaching, in the latter period, a maximum of 35.5. At this stage two events occurred. The first was the Education Act of 1870; the second, the prosecution of Bradlaugh for neo-Malthusian propaganda in 1878. One finds, accordingly, that the birth-rate declined from that moment onward, at first slowly and then catastrophically. The Education Act began to afford the motive, since children were no longer such a lucrative investment; and Bradlaugh afforded the means. In the quinquennial period 1911-1915, the birth-rate had fallen to 23.6. In the first quarter of 1929, it had fallen to 16.5. The population of England is still slowly increasing owing to improvements in medicine and hygiene, but it is rapidly approaching a stationary figure. (note: In the first quarter of 1929 it diminished, but this is to be attributed to the influenza epidemic. See Times, May 27, l929.) France, as everyone knows, has had a virtually stationary population for a considerable time.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM17-060.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です