「討論」を言葉上の勝負に勝つためではなく、真理探求の手段として使う


 正規の(regular 標準の)勉強のほかに,少年少女(生徒)は,現在論争の的になっている,政治や社会に係る,また神学すらに係る,重要問題に関心を寄せるように奨励されなければならない。そういう論争の正統的な側(多くの人に正しいとされた立場)だけでなく,あらゆる側の意見を読むよう奨励されるべきである。もしも,彼らの中にある側あるいはその反対側に強く共感している者がいたら,教師はその生徒に自分の意見(見解)を支持する事実を見つける方法を教えてあげるべきであり,また,反対意見を持つ者と討論するように仕向けるべきである。真理を突きとめるために(注:事実を確かめ,何が正しいかを明らかにするために)真剣に行なわれる討論は,大きな価値を持ちうる。こういう討論では,教師は,たとえ(個人的な)強い確信を持っている場合でも,特定の側に立つことがないようにしなければならない。しも,大半の生徒が一方の側に立つようであれば、教師は、単に論争のためにこうしますと言って、反対の側に立つとよい。さもなければ、教師の役割は、事実に関する誤りを正すことに限らなければならない。こういう方法によって、生徒たちは、討論を言葉の上での勝負を争うものとしてではなく、真理を突きとめる手段として学ぶことができるだろう。

In addition to regular work, boys and girls ought to be encouraged to take an interest in current controversial questions of importance, political, social, and even theological. They should be encouraged to read all sides in such controversies, not only the orthodox side. If any of them have strong feelings on one side or the other, they should be told how to find out facts which support their view, and should be set to debate with those who hold the opposite view. Debates, conducted seriously with a view to ascertaining the truth, could be of great value. In these, the teacher should learn not to take sides, even if he or she has strong convictions. If almost all the pupils take one side, the teacher should take the other, saying that it is only for purposes of argument. Otherwise, his part should be confined to correcting mistakes as to facts. By such means, the pupils could learn discussion as a means of ascertaining truth, not as a contest for rhetorical victory.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 16: Last school years.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE16-050.HTM

<寸言>
事実はいろいろ知る必要があるが,論争になっている問題においては,(政府や教師側が)「正しい」と考えることを生徒に学ばせることよりも,より正しそうな方にたどりつくための探求の技術や討論の技術を生徒に習得させることのほうがより重要であろう。

現代日本の高校以下の学校教育においては、「正しいこと」を教えようという傾向が強く、教科書検定制度によって、体制側や権力側に都合の悪いことは教材にすることさえもできない状態になっている。本来は、論争になっている問題については、賛成の立場と反対の立場の両方を紹介し、正しい結論にいたるための、事実の確認方法、議論の進め方を学びつつ、自分なりの結論に達することを教えることが教育において重要なはずであるが、残念ながらそのようにはなっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。