老若男女が「記憶にありません」で許される日本は無責任大国?


 無知健忘症(大事なことをすぐに忘れること)に基づく行動(様式)は、いかなるものも満足すべきものと見なすことはできない.即ち、最大限充分に知り理解することは、望ましいもの全てにとって、不可欠の要素である。

We cannot regard as satisfactory any way of acting which is dependent upon ignorance or forgetfulness: the fullest possible knowledge and realisation are an essential part of what is desirable.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, chap. 2: The Aims of Education
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE02-160.HTM

<寸言>
政治家官僚企業経営者も,都合が悪い事態になるとみんな「記憶にありません」を連発。これを多用したので有名なのは、ロッキード事件発覚の時に,(右翼で有名な)国会で追求された小佐野賢治国際航業社主。
右翼は,戦後ずっと今日まで,天皇を利用し、愛国と保守と自主憲法制定を看板に様々な利益や権益や既得権を確保してきた。現在、日本会議は日本最大の右翼+保守の組織となっており、与党の国会議員のほとんど及び野党の一部の議員が加入する有様となっている。森友学園問題及び(今後脚光を浴びそうな)加計学園問題により、分裂することになればよいが・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です