幸・不幸の背景や状況と個々人の信条及び感情 - 相互の因果関係は?


 不幸な人は,概して不幸な信条をいだくのに対して,幸福な人幸福な信条をいだく。どちらも,自分の幸福や不幸を自分の信念のせいにするかもしれないが,真の因果関係はその逆である。

The man who is unhappy will, as a rule, adopt an unhappy creed, while the man who is happy will adopt a happy creed; each may attribute his happiness or unhappiness to his beliefs, while the real causation is the other way round.
出典: The Conquest of Happiness, 1930, chap. 17: Th Happy Man.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/HA28-010.HTM

<寸言>
不幸(幸福)な状態・状況にある=客観的な状況・状態 (1)
不幸(幸福)に感じる = 主観的な状態 (2)
(結果として,)不幸(幸福)な信条を抱く (3)

(3)だから(2) ではなく,(2)あるいは(1)だから(3)である。
ただし,気持ちの持ち方ひとつで不幸にも幸福にも,どうにでもなるとまで言っているわけではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。