我々の本能には残酷さが潜んでおり,狂信は残酷さを隠すカモフラージュである


STALIN 私はボルシェヴィキ(ロシア共産主義者)と同じ希望を共有することはできない。エジプトの隠者の希望を共有できないのと同じである。私は、両者をともに,世界に何世紀にも渡って,暗黒と無益な暴力をもたらすかもしれない悲劇的な妄想の所産と見ている。(キリスト教の)山上の垂訓」(の教え)は立派であるが、それが平均的な人間に与えた影響は意図されたものとは非常に違っていた。キリストに従った人々は敵を愛したり、(なぐられたら)もう一方の頬を向けたりすることを学ばなかった。彼らは,その代わりに学んだのは,宗教裁判や焚刑の使用、人間の知性を無知で非寛容な僧侶たちの支配(くびき)に従属させること、また,一千年にわたって芸術の品位を低下させ、科学を絶滅させることであった。それは,キリストの教えそのものではなく、教えを熱狂的に信じたことによる不可避的な結果であった。共産主義を鼓舞した希望は、概して,山上の垂訓によって教え込もうとした希望と同じく立派なものである。しかし、共産主義の希望はかつてのキリスト教と同じように熱狂的に信奉されており、同じように有害になりそうである。我々の本能には残酷さが潜んでおり、狂信は残酷さをかくすカモフラージュである。狂信主義者はめったに心から人間的であることはなく,残酷さを心から恐れる人はなかなか狂信的な信条を抱かないであろう。ボルシェヴィズム(ロシア共産主義)が世界的権力を握るのを阻止できるかどうか、私には判らない。しかし、たとえ阻止できなかったとしても、旧来の不正を好むためではなく、人間の自由な精神の名においてそれに反対して立ち上った人々は、進歩の種子の運搬人となり、世界の産み月が満ちた時には,その種子から新しい生命が生まれるであろう。
(イラスト出典:Nightmares of Eminent Persons, 1954, by Bertrand Russell)

I cannot share the hopes of the Bolsheviks any more than those of the Egyptian anchorites; I regard both as tragic delusions, destined to bring upon the world centuries of darkness and futile violence. The principles of the Sermon on the Mount are admirable, but their effect upon average human nature was very different from what was intended. Those who followed Christ did not learn to love their enemies or to turn the other cheek. They learned instead to use the Inquisition and the stake, to subject the human intellect to the yoke of an ignorant and intolerant priesthood, to degrade art and extinguish science for a thousand years. These were the inevitable results, not of the teaching, but of fanatical belief in the teaching. The hopes which inspire Communism are, in the main, as admirable as those instilled by the Sermon on the Mount, but they are held as fanatically, and are likely to do as much harm. Cruelty lurks in our instincts, and fanaticism is a camouflage for cruelty. Fanatics are seldom genuinely humane, and those who sincerely dread cruelty will be slow to adopt a fanatical creed. I do not know whether Bolshevism can be prevented from acquiring universal power. But even if it cannot, I am persuaded that those who stand out against it, not from love of ancient injustice, but in the name of the free spirit of Man , will be the bearers of the seeds of progress, from which, when the world’s gestation is accomplished, new life will be born.
出典: The Practice and Theory of Bolshevism, 1920, chap.1:What is hoped from Bolshevism,
詳細情報: http://russell-j.com/cool/15T-1011.HTM

[寸言]
これが書かれたのは、1917年のロシア革命らわずか3年の,1920年だということは注目に値します。ラッセルは1920年革命直後のロシアを,英国労働党代表団にまぎれこんで訪れ、帰国後、自分が見聞きしたことを正直に書くべきとの思いから、『ロシア共産主義の理論と実践』を執筆し、出版しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です