(本館へ)  (トップへ)  (初心者のページへ)

Portal Site for Russellian in Japan


バートランド・ラッセル(著),河合秀和(訳)『ロシア共産主義』
(みすず書房,1990年4月。145pp.)

(原著:The Practice and Theory of Bolshevism, 1920)
第1部第1章「ボルシェヴィズムの約束するもの」n.1
What is hoped from Bolshevism, n.1
(挿絵は、ラッセルの Nightmares of Eminent Persons, 1954 より)
 ボルシェヴィズム(=ロシア共産主義)を理解するには、事実を知るだけでは充分でない。新しい精神の中へ共感や想像の力をもって入り込んでいくことも必要である。ボルシェヴィキのやったことで主要なことは、希望を生み出したこと、かつては少数の人々に限られていた希望を広げ強くしたことであった。運動のこの側面は、ロシアを遠く離れたところでも,ロシアにいる場合と同じく容易に理解できる――おそらくはもっと容易に理解できるであろう。ロシアでは当面の切迫した情勢のために、遠い将来の見通しはかえってぼやけてくるからである。しかし現実のロシアの状況は、全体の原動力になっている希望という要因を忘れるならば、表面的にしか理解できない。それは、古代エジプトのテーベイドの話をする時に当時の隠者たちがこの地上での犠牲の報酬として永遠の幸福を待ち望んでいたことに触れないようなものである。
 私はボルシェヴィキと同じ希望を持つことはできない。エジプトの隠者の希望に共感できないのと同じである。私は、ボルシェヴィキとエジプトの世捨て人の両者をともに悲劇的な妄想の所産――世界に何世紀もの暗黒と無益な暴力をもたらすかもしれない悲劇的な妄想の所産と見ている。キリスト教の「山上の垂訓」の教えは立派なものだが、それが平均的な人間に与えた影響は意図されたものとは大いに違っていた。キリストに従った人々は敵を愛したり、もう一方の頬を向けたりすることを学ばなかった。それに代って宗教裁判や焚刑の使い方、人間の知性を無知で狭量な僧侶たちの言いなりに従属させること、一千年にわたって芸術を堕落させ、科学を絶滅させることを学んだのであった。それは教えそのものではなく、教えを熱狂的に信じたことの不可避的な結果であった。共産主義を呼びさました希望は、概して山上の垂訓が教え込もうとした希望と同じく立派なものである。しかし、共産主義の希望はかつてのキリスト教と同じように熱狂的に信奉されており、同じように有害になるかもしれない(松下注:→有害になりそうである。be likely to)。われわれの本能には残酷さがひそんでおり、狂信は残酷さをかくすカモフラージュである。狂信の徒はめったに真に人間的であることはない。そして残酷さを心から恐れる人はなかなか狂信的な信条を抱かないであろう。ボルシェヴィズムが世界的権力を握るのを阻止できるかどうか、私には判らない。しかし、たとえ阻止できなかったとしても、旧来の不正を守るためではなく、人間の自由な精神の名においてそれに反対して立ち上った人々は、進歩の種子の担い手であり、世界の産み月が満ちた時にはその種子から新しい生命が誕生するであろう。
To understand Bolshevism it is not sufficient to know facts ; it is necessary also to enter with sympathy or imagination into a new spirit. The chief thing that the Bolsheviks have done is to create a hope, or at any rate to make strong and widespread a hope which was formerly confined to a few. This aspect of the movement is as easy to grasp at a distance as it is in Russia - perhaps even easier, because in Russia present circumstances tend to obscure the view of the distant future. But the actual situation in Russia can only be understood superficially if we forget the hope which is the motive power of the whole. One might as well describe the Thebaid without mentioning that the hermits expected eternal bliss as the reward of their sacrifices here on earth.
I cannot share the hopes of the Bolsheviks any more than those of the Egyptian anchorites; I regard both as tragic delusions, destined to bring upon the world centuries of darkness and futile, violence. The principles of the Sermon on the Mount are admirable, but their effect upon average human nature was very different from what was intended. Those who followed Christ did not learn to love their enemies or to turn the other cheek. They learned instead to use the Inquisition and the stake, to subject the human intellect to the yoke of an ignorant and intolerant priesthood, to degrade art and extinguish science for a thousand years. These were the inevitable results, not of the teaching, but of fanatical belief in the teaching. The hopes which inspire Communism are, in the main, as admirable as those instilled by the Sermon on the Mount, but they are held as fanatically, and are likely to do as much harm. Cruelty lurks in our instincts, and fanaticism is a camouflage for cruelty. Fanatics are seldom genuinely humane, and those who sincerely dread cruelty will be slow to adopt a fanatical creed. I do not know whether Bolshevism can be prevented from acquiring universal power. But even if it cannot, I am persuaded that those who stand out against it, not from love of ancient injustice, but in the name of the free spirit of Man , will be the bearers of the seeds of progress, from which, when the world's gestation is accomplished, new life will be born.