ラッセル『宗教と科学』第8章 宇宙の目的 n.24


 今や私は,宇宙の目的に関する議論における最後の問い -即ち,「これまでに起きてきたことは宇宙の善い意図を保障する証拠だろうか?(という問い)」- (をする段階)にやってきている(やってきた)。それ(宇宙の善い意図)を信ずる根拠として主張されていることは,既にこれまで見てきたように,宇宙が「(心を持った)我々人間」を生み出したということである。私はそのことを否定することはできない。しかし,(人類誕生までの)そんなに長いプロローグを正当化するほど,我々はそんなに素晴らしい存在だろうか? 哲学者(たち)は価値(というもの)を強調する。彼らはこう言う。(即ち)我々(人間)は一定の物事を善と考えるし、それらのものは(実際)善であるのでそれらについてそう考えるためには、我々はとても善でなければならない、と哲学者達は主張する。しかし,これは循環した議論である。(これとは違う)他の価値観を持った存在者は,我々(人間)はきわめて残酷な存在であり,その残酷さは我々が悪魔によって鼓舞されている証拠であるほどである,と考えるかも知れない。自分の前に鏡をかざし,宇宙の目的はずっとそれ(人間の誕生)を目指してきたことを証明するほど,自分たちは優れていると考える人間の光景のなかに,ささいで馬鹿げたものはないのだろうか? いずれにせよ,どうしてこれが人間の栄光なのだろうか? ライオンや虎についてはどうだろうか? 彼らは我々人間ほど,動物や人間の生命を滅ぼすことは少ないし,また,人間よりもずっと美しい。蟻についてはどうだろうか? 彼らはいかなるファシストたちよりもずっとよく全体主義国家を管理運営する(訳注:ラッセルは蟻の社会を全体主義国家にたとえている)。ナイチンゲール(サヨナキドリ),ひばり,鹿等の世界は,人類の残酷,不正,戦争(があふれる)社会よりももっと優れてるのではないだろうか? 宇宙の目的(の存在)を信ずる人々は,人間がもっているとされる知性(our supposed intelligence)を重視するが(make much of),彼らの著述は人間の知性について人に疑いをもだせる(their writings make one doubt it)。仮に,私に全能の力及び実験のための数百万年の時間を与えられたとしたら,私の全努力の最終結果として人間(の誕生)を大いに自慢すること(自慢できること)とは,私は考えないであろう。  淀み(backwater 逆流;淀み)の中における興味深い偶然の出来事(a curious accident)としての人間(の出現)は理解できる(intelligible 理解しやすい)。人間の美徳と悪徳との混合(物)は,偶然の起源から生じると予想されるようなものである。しかし、底知れない自己満足(うぬぼれ)(abysmal self-complacency)のみが 全能者(神)が創造主にとっての動機として十分だと考えることができる(ひとつの)理由(a reason)を人間(の誕生)のなかに見ることができる。コペルニクス的革命は,人間を宇宙の目的(の存在)の十分な証拠だと考えている人々の間に今日見出される以上の謙虚さを教えるまでは,その効果はもたないであろう。

Chapter 8:Cosmic Purpose , n.24
I come now to the last question in our discussion of Cosmic Purpose, namely : is what has happened hitherto evidence of the good intentions of the universe? The alleged ground for believing this, as we have seen, is that the universe has produced US. I cannot deny it. But are we really so splendid as to justify such a long prologue? The philosophers lay stress on values ; they say that we think certain things good, and that since these things are good, we must be very good to think them so. But this is a circular argument. A being with other values might think ours so atrocious as to be proof that we were inspired by Satan. Is there not something a trifle absurd in the spectacle of human beings holding a mirror before themselves, and thinking what they behold so excellent as to prove that a Cosmic Purpose must have been aiming at it all along? Why, in any case, this glorification of Man? How about lions and tigers? They destroy fewer animal or human lives than we do, and they are much more beautiful than we are. How about ants? They manage the Corporate State much better than any Fascist. Would not a world of nightingales and larks and deer be better than our human world of cruelty and injustice and war? The believers in Cosmic Purpose make much of our supposed intelligence, but their writings make one doubt it. If I were granted omnipotence, and millions of years to experiment in, I should not think Man much to boast of as the final result of all my efforts. Man, as a curious accident in a backwater, is intelligible : his mixture of virtues and vices is such as might be expected to result from a fortuitous origin. But only abysmal self-complacency can see in Man a reason which Omniscience could consider adequate as a motive for the Creator. The Copernican revolution will not have done its work until it has taught men more modesty than is to be found among those who think Man sufficient evidence of Cosmic Purpose.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 8: Cosmic Purpose  
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_08-240.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です