ラッセル『権力-その歴史と心理』第3章 権力の形態 n.17


 本当のところは,学者に払われた敬意は,決して純粋の知識に対して与えられたのではなく,魔力をもっていると想像されたものに対して与えられたのである。科学は自然の過程についての生き生きとした知識をいくらか与えることで,魔術信仰を打ち破り,従って知識人に対する敬意を(も)打ち壊してきた。このようにして,科学者は,現代と過去の時代を区別する特色の根本原因であり,彼らの発見と発明を通して,出来事の進行に測りがたい影響を及ぼしているにもかかわらず,彼ら科学者は,個人としては,インドの裸の行者やメラネシアの呪術医(medicine-man)が享受しているほどの知恵に対する評判も持っていない。知識人たちは,自分たち自身の活動の結果として,(かえって)自分たちの威厳が手からすり落ちてしまっているのに気づき,現代(近代)世界に対して不満を懐くようになっている。この不満の一番少ない知識人は共産主義に惹かれ,不満が最も深い知識人は,象牙の塔に閉じこもる(のである)。

Chapter III: The Forms of Power, n.17

The truth is that the respect accorded to men of learning was never bestowed for genuine knowledge, but for the supposed possession of magical powers. Science, in giving some real acquaintance with natural processes, has destroyed the belief in magic, and therefore the respect for the intellectual. Thus it has come about that, while men of science are the fundamental cause of the features which distinguish our time from former ages, and have, through their discoveries and inventions, an immeasurable influence upon the course of events, they have not, as individuals, as great a reputation for wisdom as may be enjoyed in India by a naked fakir or in Melanesia by a medicine-man. The intellectuals, finding their prestige slipping from them as a result of their own activities, become dissatisfied with the modern world. Those in whom the dissatisfaction is least take to Communism; those in whom it goes deeper shut themselves up in their ivory tower.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER03_170.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です