ラッセル『結婚論』第六章 ロマンティックな恋愛 n.10

第六章 ロマンティックな恋愛 n.10:恋愛結婚の夢と現実

 まったく近代になって,即ち,ほぼフランス革命の頃から以降,結婚はロマンチックな恋愛(身分・地位・貧富の格差などが影響しない純粋な恋愛感情)の結果であるべきである,という考えが強まってきた。大部分の現代人は,少なくとも英語を話す国々においては,それは当然のこととし,つい先ごろまでそれが革命的に新しい考えであったことはまったく知らない(のである)。百年前の小説や戯曲は,主に,親が結婚相手を選ぶという伝統的な結婚に反対して,この新しい結婚(ロマンティック・ラブによる結婚)の基礎を確立しようとする若い世代の闘いを扱っている。(その闘いの)結果が革新家が望んだとおりによいものであったかどうかは,疑問の余地がある。好きも嫌いも,ともに結婚生活(matrimony)においてはすり減るのであるから,最初は少しぐらい嫌いであったほうがよいという,マラプロッフ夫人の原則にも言うべきところ(一理)はある。

確かに,人々が事前にお互いに性的に知る(関係する)ことなく,ロマンチックな恋愛の影響のもとに結婚する時には,お互いに相手が人間以上の完全さを備えていると想像し,結婚は一つの長い(長く続く)至福の夢になるのだ,という思いを抱く。女性が無知かつ純粋(純潔)に育てられ,それゆえ,性的飢餓と相性(性格と趣味)の一致との区別がつかないような場合には,特にそうなりやすい。アメリカにおいては,,他のどこよりも,ロマンチックな結婚観が重大なものとして受けとられきており,法律も慣習も同様に未婚女性の夢に基づいているので,その結果,アメリカにおいては,離婚が極端に流行し,幸福な結婚が極端に少なくなってしまっている

Chapter VI: Romantic Love n.11

In quite modern times, that is to say, since about the period of the French Revolution, an idea has grown up that marriage should be the outcome of romantic love. Most moderns, at any rate in English-speaking countries, take this for granted, and have no idea that not long ago it was a revolutionary innovation. The novels and plays of a hundred years ago deal largely with the struggle of the younger generation to establish this new basis for marriage as opposed to the traditional marriage of parental choice. Whether the effect has been as good as the innovators hoped may be doubted. There is something to be said for Mrs. Malaprop’s principle, that love and aversion both wear off in matrimony, so that it is better to begin with a little aversion. Certain it is that when people marry without previous sexual knowledge of each other and under the influence of romantic love, each imagines the other to be possessed of more than mortal perfections and conceives that marriage is going to be one long dream of bliss. This is especially liable to be the case with the woman if she has been brought up ignorant and pure, and therefore incapable of distinguishing sex hunger from congeniality. In America, where the romantic view of marriage has been taken more seriously than anywhere else, and where law and custom alike are based upon the dreams of spinsters, the result has been an extreme prevalence of divorce and an extreme rarity of happy marriages.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/MM06-110.HTM

<寸言>
人間は勘違いしやすい動物。
勘違いが死ぬまで続けばそれはそれで幸せかもしれないが、途中で気づく。
いつの間にか、理想の男性(or女性)だったと思った相手に熱がさめ、その愛情は子供あるいは他の異性へと移っていく。