知的陶酔の時期-知的側面については1900年9月(28歳の時)が我が生涯の最高点

PLAS05-2W ホワイトヘッド夫妻は,ファーンハースト(Fernhurst)の私たちの家(Millhanger)に滞在した。そこで私は,私の新しい考えを彼に説明した。毎晩議論のあと何かしら難点が残り,そうして毎朝,前夜のその難点が寝ているうちに自然に解決されているのを発見した。それは,一種の知的陶酔の時期であった。私のその時の感動は,霧の中を登山し山頂に達すると,突然霧がなくなり,田舎の景色が全方角40マイルにわたって眺望できた時に体験する’感動’に似ていた。(写真:,ラッセルが晩年に住んだプラス・ペンリンの自宅の庭からポートマドックを望む)
長年の間,私は,順序数(序数)とか基数とかいったような数学の基礎概念を分析する努力を続けていた。突如として2,3週間のうちに,長年にわたって私を悩ませてきた諸問題に対する決定的な解答と思われるものを発見した。そうして,それらの解答を発見する過程で,私は,新しい数学上のテクニックを取り入れ,それによって,それまで哲学者の(考えや表現の)不明瞭さのもとに見捨てられていた領域は,精確な公式の精密さによって,克服されたのである。 知的には,1900年9月は私の生涯の最高の頂点であった。今遂に自分は,為す価値のある何ごとかを為し遂げたのだと自分に言い聞かせ,そうして,論文を書き下ろす前に通りで車にひかれないないよう注意しなければならないという感情をいだいた。私の新しい考え方を具体的に記述した論文(Sur la logique des relations avec des applications a la theorie des series)を,ペアノが編集刊行している雑誌((Peano’s) Rivista di Matematica [=Revue de Mathematiques](Turin),v.7: 1900/1901, p. 115-148)のために送った。

The Whiteheads stayed with us at Fernhurst, and I explained my new ideas to him. Every evening the discussion ended with some difficulty, and every morning I found that the difficulty of the previous evening had solved itself while I slept. The time was one of intellectual intoxication. My sensations resembled those one has after climbing a mountain in a mist, when, on reaching the summit, the mist suddenly clears, and the country becomes visible for forty miles in every direction. For years I had been endeavouring to analyse the fundamental notions of mathematics, such as order and cardinal numbers. Suddenly, in the space of a few weeks, I discovered what appeared to be definitive answers to the problems which had baffled me for years. And in the course of discovering these answers, I was introducing a new mathematical technique, by which regions formerly abandoned to the vaguenesses of philosophers were conquered for the precision of exact formulae. Intellectually, the month of September 1900 was the highest point of my life. I went about saying to myself that now at last I had done something worth doing, and I had the feeling that I must be careful not to be run over in the street before I had written it down. I sent a paper to Peano for his journal, embodying my new ideas.
出典: The Autobiography of Bertrand Russell, v.1, chap. 6: Principia Mathematica, 1967]
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/AB16-020.HTM

[寸言]
20代や30代前半に世界的な業績をあげる数学者が多い。ラッセルの場合も、1900年(28歳)の頃から、数学や論理学の分野において,世界的な(画期的な)業績を上げ始めている。
ただし、ラッセルが言うように、知的(ラッセルの場合は、「論理的」)な側面において、最も創造的な時代であったということであり、社会との関係が重要な社会科学の分野については、中年時代以降に円熟さや幅の広さが増していく。
その辺の区別を自覚しないと、能力のある若い人は、多くの年配者が馬鹿(おろか)に見え、良いアドバイスがないと大きな失敗をしてしまいやすい。もちろん、数学などの純理論的な分野については、他人や社会との関係で失敗するなんてことはないので、安心して突っ走れるけれども・・