マクミラン女史の保育園は1歳から小学校にあがるまで子供を預かる


 現在(注:1926年頃の英国),親の地位(身分)に応じて,二種類の学校がある。裕福な(親を持つ)子どものためのフレーベル式の学校モンテッソーリ式の学校があり,とても貧しい(親を持つ)子供のための少数の保育園がある。後者のうちで最も有名なものは,マクミラン女史の保育園であり,これについては,上述の著書の中に,子供を愛するすべての人が読むべき解説がある。私は,現行の裕福な子供たちの学校は,いずれも女史の保育園よりも劣るのではないかという意見に傾いている。その理由は,ひとつには,マクミランのほうがより多くの子供を扱っているからであり,ひとつには,彼女は中流階級の俗物根性が教師に押しつける小うるささに煩わされていないからである。教育当局(文部当局)は,子供は5歳から普通の小学校へ行くべきだという見解に傾いているけれども,彼女はできれば1歳から7歳までの子供を預かることを目指している
子供たちは,朝8時にやってきて,夕方6時まで保育園にいる。食事はすべて保育園でとる。できるだけ戸外で時を過ごし,室内でも普通よりずっと多くの新鮮な空気を与えられている。入園に先立って,子供は医学的な検査を受け,(健康に問題があるならば)可能ならば診療所や病院で治療してもらう。入園後は,ごくまれな例外をのぞいて,子供たちは健康になり,ずっとその状態が続く。(保育園には)広々とした美しい庭があり,(子どもたちは)多くの時間をそこで遊んで過ごす。教え方は,ほぼ,モンテッソーリ方式に沿っている。昼食後(注:After dinner 貧しい家庭の子どもたちにとっては,昼食がディナー 正餐となる,という含意が少しあるのか?),子供たちは皆昼寝をする。夜や日曜日は貧乏に打ちひしがれた家庭(我が家)で,ことによると酔っぱらった親といっしょに地下室で過ごさなければならないというにもかかわらず,彼らの体格や知能は,中流階級の子供たちが達する最上のタイプに匹敵するようになる。

There are, at present, two kinds of schools, according to the status of the parents. There are Froebel schools and Montessori schools for well-to-do children, and there are a small number of nursery schools for very poor children. Of the latter, the most famous is Miss McMillan’s, of which the above-mentioned book gives an account which should be read by every lover of children. I am inclined to think that no existing school for well-to-do children is as good as hers, partly because she has larger numbers, partly because she is not troubled by the fussiness which middle-class snobbery obtrudes upon teachers. She aims at keeping children, if possible, from one year old till seven, though the education authorities incline to the view that the children ought to go to an ordinary elementary school at the age of five. The children come at eight in the morning and stay till six in the evening ; they have all their meals in the school. They spend as much as possible of their time out-of-doors, and indoors they have an abnormal amount of fresh air. Before a child is admitted, he or she is medically examined, and if possible cured at the clinic, or in hospital. After admission, the children become and remain healthy with very few exceptions. There is a large, lovely garden, and a good deal of the time is spent in playing there. The teaching is broadly on Montessori lines. After dinner the children all sleep. In spite of the fact that at night, and on Sundays, they have to be in poverty-stricken homes, perhaps in cellars with drunken parents, their physique and intelligence become equal to the best that middle-class children achieve.
出典: On Education, especially in early childhood, 1926, Pt. 2:Education of character, chap. 13: Nursery School
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/OE13-040.HTM

<寸言>
生後1年間は育児休暇をとって子育てに専念するが,その後小学校にあがるまでは保育園(あるいは幼稚園)に子供を預かることができる制度があれば,女性も子供のために仕事をやめなくてもよくなる。日本でも、大企業や官公庁(文科省や東大など)も、独自に保育園を持つところが出てきている。職場付属の保育園であれば、時間的ロスを最小限にすることができるとともに、いざという時にはいつでも子供のもとにかけつけることができ、安心感がまったく違う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です