9 ラッセル教育論/第13章 保育園(OE13-040)- Bertrand Russell のページ
(本館)  (トップ)  (分館)

Portal Site for Russellian in Japan


『ラッセル教育論』(Bertrand Russell On Education/松下彰良・訳)

次ページ(Forward) 前ページ(Back) Chap. 13(第13章) Index

Contents(目次)
第二部 性格の教育
 第13章 保育園 (OE13-040)


 現在(注:1926年頃の英国),親の地位(身分)に応じて,二種類の学校がある。裕福な(親を持つ)子どものためのフレーベル式の学校モンテッソーリ式の学校があり,とても貧しい(親を持つ)子供のための少数の保育園がある。後者のうちで最も有名なものは,マクミラン女史の保育園であり,これについては,上述の著書の中に,子供を愛するすべての人が読むべき解説がある。私は,現行の裕福な子供たちの学校は,いずれも女史の保育園よりも劣るのではないかという意見に傾いている。その理由は,ひとつには,マクミランのほうがより多くの子供を扱っているからであり,ひとつには,彼女は中流階級の俗物根性が教師に押しつけるこうるささに煩わされていないからである。教育当局(文部当局)は,子供は5歳から普通の小学校へ行くべきだという見解に傾いているけれども,彼女はできれば1歳から7歳までの子供を預かることを目指している。子供たちは,朝8時にやってきて,夕方6時まで保育園にいる。食事はすべて保育園でとる。できるだけ戸外で時を過ごし,室内でも普通よりずっと多くの新鮮な空気を与えられている。入園に先立って,子供は医学的な検査を受け,(健康に問題があるならば)可能ならば診療所や病院で治療してもらう。入園後は,ごくまれな例外をのぞいて,子供たちは健康になり,ずっとその状態が続く。(保育園には)広々とした美しい庭があり,(子どもたちは)多くの時間をそこで遊んで過ごす。教え方は,ほぼ,モンテッソーリ方式に沿っている。昼食後(注:After dinner 貧しい家庭の子どもたちにとっては,昼食がディナー 正餐となる,という含意が少しあるのか?),子供たちは皆昼寝をする。夜や日曜日は貧乏に打ちひしがれた家庭(我が家)で,ことによると酔っぱらった親といっしょに地下室で過ごさなければならないというにもかかわらず,彼らの体格や知能は,中流階級の子供たちが達する最上のタイプに匹敵するようになる。7歳の生徒たちについて,マクミラン女史は次のように述べている。
 彼ら(子供たち)は,ほとんどみな背が高く,姿勢が良い。実際,姿勢はみな良い。たとえみな背が高くないとしても,(しかし)平均して大柄であり,身体のがっしりした子供たちで,きれいな肌をし,目をきらきらさせ,絹のような(なめらかな)髪の毛をしている。男の子も女の子も,アッパー・ミドル(上流中位階級)に属する裕福な(親を持つ)子供の一番体格のよいものの平均をやや上回っている。子供たちの体格については,これだけにしておこう。精神的には,男の子は機敏で,社交的で,人生と新しい経験に対して熱意を持っこのような子供たちている。子どもは完全に,あるいはほぼ完全に,読み書きができる。文章もうまく,自己表現も容易にできる。よい英語(母国語)を話し,フランス語も話せる。自分のことを自分でするだけでなく,もう何年も,年下の子供たちの世話をしてきている。彼は,数えることも,測ることも,デザインすることもできるし,科学を勉強する準備もいくらかできている。(入園時から)最初の何年かは、愛情と穏やかさと楽しさの中で過ごし,最後の2年間は興味深い経験と実験に満ちあふれていた。子ども,庭いじりの経験や知識があり,動物の世話と同様に,植物を植えたり水をやったりしてその世話をしてきた。7歳児は,また,ダンスができ,歌うことができ,いろんなゲームもできる。このような子供たちは,まもなく大勢で小学校の校門をくぐるであろう。彼らをどう扱えばよいのか。まず指摘したいのは,小学校の先生たちの仕事は,こうして,清潔で丈夫な若々しい生命が突然小学校に上がってくることによって一変するにちがいない,ということである。保育園は,つまらないもの,つまり,新たな失敗作となるか,それとも,やがては小学校だけでなく,中学校にも影響を及ぼすようになるかのどちらかだろう。保育園は,教育されるべき新しい種類の子供たちを供給するだろう。このことは,遅かれ早かれ,あらゆる学校に影響を与えるだけでなく,私たちの社会生活全体にも,国民のために作られる政治や法律の性質にも,ひいては,わが国と他国との関係にも,影響を与えるにちがいない。
(Pt.2 Education of Character)
Chap.13 Nursery school (OE13-030)

There are, at present, two kinds of schools, according to the status of the parents. There are Froebel schools and Montessori schools for well-to-do children, and there are a small number of nursery schools for very poor children. Of the latter, the most famous is Miss McMillan's, of which the above-mentioned book gives an account which should be read by every lover of children. I am inclined to think that no existing school for well-to-do children is as good as hers, partly because she has larger numbers, partly because she is not troubled by the fussiness which middle-class snobbery obtrudes upon teachers. She aims at keeping children, if possible, from one year old till seven, though the education authorities incline to the view that the children ought to go to an ordinary elementary school at the age of five. The children come at eight in the morning and stay till six in the evening ; they have all their meals in the school. They spend as much as possible of their time out-of-doors, and indoors they have an abnormal amount of fresh air. Before a child is admitted, he or she is medically examined, and if possible cured at the clinic, or in hospital. After admission, the children become and remain healthy with very few exceptions. There is a large, lovely garden, and a good deal of the time is spent in playing there. The teaching is broadly on Montessori lines. After dinner the children all sleep. In spite of the fact that at night, and on Sundays, they have to be in poverty-stricken homes, perhaps in cellars with drunken parents, their physique and intelligence become equal to the best that middle-class children achieve. Here is Miss McMillan's account of her seven-year-old pupils :
They are nearly all tall, straight children. All are straight, indeed, if not tall, but the average is a big, well-made child with clean skin, bright eyes, and silky hair. He or she is a little above the average of the best type of well-to-do child of the upper middle class. So much for his or her physique. Mentally he is alert, sociable, eager for life and new experience. He can read and spell perfectly, or almost perfectly. He writes well and expresses himself easily. He speaks good English and also French. He can not only help himself, but he or she has for years helped younger children : and he can count and measure and design and has had some preparation for science. His first years were spent in an atmosphere of love and calm and fun, and his last two years were full of interesting experiences and experiment. He knows about a garden, and has planted and watered, and taken care of plants as well as animals. The seven-year-old can dance, too, and sing and play many games. Such are the children who will soon present themselves in thousands at the junior schools' doors. What is to be done with them? I want to point out, first of all, that the elementary school teachers' work will be changed by this sudden uprush of clean and strong young life from below. Either the nursery school will be a paltry thing, that is to say a new failure, or else it will soon influence not only elementary schools but also the secondary. It will provide a new kind of children to be educated, and this must react sooner or later, not only on all the schools, but on all our social life, on the kind of government and laws framed for the people, and on the relation of our nation to other nations.

(掲載日:2015.06.11/更新日: )