ラッセルの哲学 概観と手引 07


 ラッセルはこう言った(言っている)。「結果から前提を推論することは帰納(induction)の本質(精髄)である。従って、数学の原理を探究する方法は、実は、ひとつの帰納法(an inductive method)なのであり、他のあらゆる科学において一般法則を発見する方法と本質において(substantially)同じものである」と。
 彼は、1924年には次のように書いている、純粋数学及び演繹的体系として整えられたいかなる科学においても、「前提のいくつかはその(前提の)結果(帰結)のいくつかよりも、はるかに明白さを欠いており、主としてその結果(帰結)のために信じられている」と。(注:『論理と知識』p.325。なお、『人間の知識』参照) (では)なぜラッセルはこの哲学的方法を採用したのだろうか? なぜ彼は与えられた知識体系の前提を発見しようとしたのだろうか? なぜなら、彼は当初、十分に(結果から前提に)遡ぼることによって絶対的に確実な前提にたどりつくことを期待していたからである。なぜ彼は前提の数を可能な限り少なくしようとしたのだろうか? その理由の一つは、誤謬(間違い)の機会を減らすことであった。この理由から、オッカムの剃刀(を使ったのである)【「オッカムの剃刀」訳注:「ある事柄を説明するためには、必要以上に多くを仮定するべきでない」という例えによく使われる言葉】。
分析の目的は何であったのだろうか? 知識を増すためである。 もしラッセルが、当初、確実な知識に到達するという希望によって鼓舞されていなかったら、彼の哲学的方法は決して展開されなかったであろう、と私は信じている。もし、確実性は到達しえないものであると初めから認識していたならば、彼は哲学を捨てて、経済学あるいは歴史学に没頭したであろう。このようにして、彼の仕事は、不可能(なこと)を企てることによって何が達成可能かということの典型的な例である。

Summary and Introduction 07 He said: “The inferring of premisses from consequences is the essence of induction; thus the method in investigating the principles of mathematics is really an inductive method, and is substantially the same as the method of discovering general laws in any other sciences.’ He wrote in 1924 that, both in pure mathematics and in any science arranged as a deductive system; “Some of the premisses are much less obvious than some of their consequences, and are believed chiefly because of their consequences.”(Logic and Knowledge, p.325 ; cf. Human Knowledge) Why did Russell adopt this philosophical method? Why did he want to find the premisses for a given body of knowledge? Because at first he hoped that, by going far enough back, he could arrive at premisses which were absolutely certain. Why should he want to reduce the number of premisses to the fewest possible? One reason was to reduce the risk of error: hence Occam’s Razor. What was the purpose of analysis? To increase knowledge. Russell’s

philosophical method would never, I believe, have been developed if he had not at first been inspired by the hope of arriving at knowledge which was certain. Had he realized from the start that certainty was unattainable, he might have abandoned philosophy and devoted himself to economics, or history. His work is thus a classic example of what can be achieved as a result of attempting the impossible.
Source: My Philosophical Development, 1959, by Bertrand Russell.
More info.: https://russell-j.com/beginner/wood_br_summary-and-introduction_07.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です