ラッセル『私の哲学の発展』第18章 「批評に対する若干の返答」その2_論理学と存在論 _01


 この論文における私の目的は、まずウォーノック (G. F. Warnock) の論文「論理学における形而上学」 (アントニー・フルー教授(編)『概念的分析論集』 Essays in Conceptual Analysis, ed. Antony Flew 所収) を論じ、次に、同じ問題について、自分自身のために(on my own account)、私自身の主張を少し述べることである。 まず、一般的な所見を二、三、 述べることにしよう。ウォーノック氏は「苦労なしの哲学」派 ― 哲学をこれまでよりもはるかに容易なものにするのでそう名づけられている― に属している。有能な哲学者となるにはファウラーの『近代英語法』 (Fowler, Modern English Usage) を研究するだけでよく、大学院学生ともなれば 『キングズ・イングリッシュ』 (The King’s English) に進んでよいが、この本は、その表題の示すように いくらか古風であるので注意して使用する必要がある。ウォーノック氏は、「我々は、論理学のきちんとした単純な言い方を、(日常の)言語の面倒で複雑さに押し付けてはならない」と述べている。彼は「存在記号 (existential quantifier) を議論することに関心を持ち、論理学者がというただひとつの記号で示すところの多数の主張は(訳注:a number of assertions/野田氏は「いくつかの」と訳出しているが不適切)、日常会話では様々な句(フレーズ)によって表されるということを指摘することが重要だと考え、そうして、これを根拠にして、∃(記号)によって表される一般概念は重要でないかあるいは偽りのもの(spurious)であると決めてかかる。これは、私には、全く馬 鹿げた推論だと思われる。私は、その馬鹿らしさを、恐らく(以下の)ひとつの寓話で示すことができるであろう。

Chapter 18: Some Replies to Criticism, n.2_1 My purpose in this article is first to discuss G. F. Warnock’s ‘Metaphysics in Logic’, published in Essays in Conceptual Analysis, edited by Professor Antony Flew, and then to say what little I have to say on my own account on the same subject. I will begin with a few general remarks. Mr Warnock belongs to the ‘Philosophy-Without-Tears’ School, so named because it makes philosophy very much easier than it has ever been before: in order to be a competent philosopher, it is only necessary to study Fowler’s Modern English Usage; post-graduates may advance to The King’s English, but this book is to be used with caution for, as its title shows, it is somewhat archaic. Mr Warnock states that we should not ‘impose the neat simplicities of logic upon the troublesome complexities of language’. He is concerned to discuss the existential quantifier, and thinks it important to point out that a number of assertions, which the logician would represent by the one symbol ∃, would be represented in common speech by a variety of phrases, and on this ground he assumes that the general concept represented by ∃ is unimportant or spurious. This seems to me a totally absurd inference. Perhaps I can illustrate the absurdity by means of a fable.
 Source: My Philosophical Development, 1959, by Bertrand Russell
 More info.: https://russell-j.com/beginner/BR_MPD_18-170.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。