ラッセル『私の哲学の発展』第16章 「非論証的推論語」n.5


 次に、私は論理外の原理によってのみ検証される(正しいと認められる)ような推論であるけれども、 我々がまったく堅固である(確かである)と感ずる推論の実例の収集に熱中した(devoted myself to 専心した)。 そうして、そういう実例を集める に当って、ある理論を擁護する哲学者によってのみ疑われるものは何でも全て(実例として)受け入れた(訳注:一人あるいは少数の哲学者が自分の理論を擁護するために疑問符をつけているだけで、多くの哲学者は疑問に思っていないような推論の事例を収集対象とした、ということか?)。大雑把に言って、(人間の)常識を、その常識が何か非常に説得力のある科学上の議論に反しないかぎり、 私は(収集対象として受け入れることを)拒否しなかった。 非常に簡単な例をとってみよう。 ある晴れた日に戸外を散歩していると仮定しよう。我々(Your)の影は我々(の歩み)とともに動く。 腕をふれば影も腕をふる。跳べば影も跳ぶ。そういった理由から、我々は躊躇なくそれを我々の影と呼び、その陰は我々の身体と因果関係(causal connection)をもっていることを我々はまったく疑わない。しかしこの推論は正気の人なら誰も疑わないものであるけれども、それは論理的に証明されるものではない。我々の身体の動きに似た動きをするが、しかし、それ自身の独立な存在をもっている、何か暗いパッチ(布状のもの)が存在していることは、論理的に不可能なことではない。 非論証的推論が疑う余地なく正しいと見えるような例をできる限り多数集めることによって、そういう場合に我々が誤まりを犯していないとすればいかなる論理外の原理が真でなければならないかを分析によって発見しようと私は努めた。そういう原理を正しいとする証拠は、個別的事例から得られる(由来する)のであって、逆は真でない。そのような原理が数個あると私には思われた。しかし帰納法はそれらのうちの一つではないという結論に達した。

Chapter 16: Non-Demonstrative Inference , n.5
I next devoted myself to a collection of instances where we make inferences that we feel to be quite solid although the inferences in question can only be validated by extra-logical principles. In collecting such instances, I accepted whatever would only be doubted by a philosopher in defence of a theory. Broadly speaking, I did not reject common sense, except where there was some very cogent scientific argument against it. Take a very simple example: suppose you are walking out-of-doors on a sunny day; your shadow walks with you; if you wave your arms, your shadow waves its arms; if you jump, your shadow jumps; for such reasons, you unhesitatingly call it your shadow and you have no doubt whatever that it has a causal connection with your body. But, although the inference is one which no sane man would question, it is not logically demonstrative. It is not logically impossible that there should be a dark patch going through movements not unlike the movements of your body, but having an independent existence of its own. I attempted, by collecting as many instances, as I could think of in which non-demonstrative inferences seem to us unquestionable, to discover by analysis what extra-logical principles must be true if we are not mistaken in such cases. The evidence in favour of the principles is derived from the instances and not vice versa. There seemed to me to be several such principles, but I came to the conclusion that induction is not one of them.
 Source: My Philosophical Development, 1959, by Bertrand Russell  
 More info. https://russell-j.com/beginner/BR_MPD_16-050.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。