ラッセル『私の哲学の発展』第15章 「真理」の定義 n.12


 言葉を発しなくても何を言いたいかわかる

 私としては、今述べたように、最も単純で最も直接的でかつ最も動物に近いところ(removed from 離れていないところ)から始めてみることにする(try to 試みることにする)。私が「私は暑く感じる」と言い、そうして、そう言うことで、ある信念を表現しており、その信念は語の使用なしで存在することができるある一定の身体的状態で成り立っている。しかし、それは、言語を持っている者においては、それを「表現する」ものとして一定の語(諸語)を暗示(suggest)する。(私の)経験が、ある一定の身体的状態と「暑い」という語との間に、一つの因果的結合(繋がり)を確立している。そしてこの結合(繋がり)により、「私は暑く感ずる」という諸語が、私の状態の一つの「表現」となるのである。しかし、私は、語を全く用いなくても、容易に、暑いと感じることができ、また、自分が暑く 感じていることを知ることができる。さらに、語は、私が自分の状態を表現できる多用な方法の中の最も有効かつ便利な方法であるに過ぎない。語を用いる代りに、私はあえぐかも知れないし、 額の汗をぬぐうかも知れないし、着物を半分ぬぎ捨てる(cast aside half my clothing)かも知れない。そういった行為(action)は、「私は暑いと感じる」と言う行為と同様、私の(身体的)状態を示している。そしてそういう場合には、誤謬(エラー)の余地はほとんどないように思われる。もちろん、(直前まで)寒く感じていたが今丁度暖かくなりつつあるというような場合もあり、その後(then それから)、自分が暑く感じているかどうか確かにはわからないような中間的推移の時期(過渡期)もあるであろう。しかし、時には、我々がそのような点について確かに知っている場合もあるということは全く明らかである。われわれが注意するところの強い感覚に関しては一般にそう言ってよい。 私が稲妻を見たり、大きな音を聞いたり、堪えがたい悪臭を嗅いだりする場合、私がその出来事を注 意していることはかなり確かであって、そういう出来事が起ったということを疑うべき理由はまずな いと言ってよいのである。

Chapter 15, n.12
For my part, I try to start, as I said a moment ago, with what is simplest and most nearly immediate and least removed from the animal. If I say ‘I feel hot’, and in saying so, am expressing a belief, the belief consists in a certain bodily state which can exist without the use of words, but which, in those who possess language, suggests certain words as ‘expressing’ it. Experience has established in me a causal connection between a certain bodily state and the word ‘hot’. It is on account of this connection that the words ‘I feel hot’ become an ‘expression’ of my state. But I can quite easily feel hot, and know that I feel hot, without using words at all. Words, moreover, are only the most efficient and convenient of a number of ways in which I can ‘express’ my state. I may pant, I may wipe my sweating forehead, I may cast aside half my clothing. Such actions, like the action of saying ‘I feel hot’, indicate my condition. In such a case, there seems almost no possibility of error. I might, of course, be just getting warm after having been cold, and there might then be a transitional period during which I should not be sure whether I felt hot. But it is quite clear that we are sometimes sure on such a point. This applies generally to vivid sensations that we notice. If I see a flash of lightning or hear a loud noise or smell an intolerable stink, I am pretty certain to notice the occurrence, and there can be no reasonable doubt that it has taken place.
 Source: My Philosophical Development, 1959, by Bertrand Russell  
 More info. https://russell-j.com/beginner/BR_MPD_15-120.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。