ラッセル『私の哲学の発展』第2章 私の現在の世界観 n.1


 私が徐々に導かれた世界の見方は、ほぼ例外なく(almost universally)これまで誤解されてきている。そのため,できるかぎり単純かつ明確に(簡明に)述べることにしよう。目下のところ,私は自分が現在の世界観に導かれた(諸)理由を示さずに、その世界観について述べることだけに努めている。けれども、前置きとして(by way of preface)このこと(次のこと)だけは言っておこう。それは、4つの異なる科学,即ち,物理学,生理学,心理学及び数学的論理学- の総合から生じた見方(世界観/見解)である、と。数学的論理学は、数学的な扱いやすさ(smoothness 滑らかさ)をわずかしかもっていない諸要素から,割り当てられた特性(assigned properties)を持っている構造を作り出すために使用されている。私は,カント以来,哲学において一般的である(一般的であり続けている)プロセス(process 過程;手続き)を逆にする(逆のプロセスをとる)。(即ち)これまで,哲学者たちの間では,如何にして我々(人間)は(ものごとを)知るか(知る方法)から始め、その何をしるか(知る内容)に進む、というのが一般的(common 普通)であった(注:how から what へ)。私はこれは誤まりであると考える。なぜなら、如何に知るかを知ることは、何を知るかを知ることのひとつの小さな部分(注:部分集合)にすぎないからである。(また)もうびとつの別の理由からも、それは誤まりだと思う。(即ち)そういうやり方は、「知ること」が(受けるに)値しない宇宙的重要性を、「知ること」に対して与えがちであり(give to knowing a cosmic importance)、そうして(thus)哲学の研究者のうちに、精神が非精神的宇宙(物的宇宙/物理的宇宙)に対してある種の優越性をもつとか(supermacy over 優越性,支配権)、さらには非精神的宇宙は(人間の)精神がその非哲学的瞬間に夢みた悪夢にすぎないとかいうような信念を用意する(prepare for 準備する)(からである)。このような観点は、私が想像する宇宙像とは全くかけ離れたものである。私は無条件で(without qualification)天文学と地質学から生ずる見方を受けいれる。この見方からは、「時空」の一つの小さな断片の中にしか、精神的なものがあるという証拠は見当らず、また,星雲の進化や星の進化などの大規模な諸過程は、精神が何の役割ももたない法則に従って進行している、と見える(思われる)であろう。

Chapter 2: My present view of the world, n.1
The view to which I have been gradually led is one which has been almost universally misunderstood and which, for this reason, I will try to state as simply and clearly as I possibly can. I am, for the present, only endeavouring to state the view, not to give the reasons which have led me to it. I will, however, say this much by way of preface: it is a view which results from a synthesis of four different sciences – namely, physics, physiology, psychology and mathematical logic. Mathematical logic is used in creating structures having assigned properties out of elements that have much less mathematical smoothness. I reverse the process which has been common in philosophy since Kant. It has been common among philosophers to begin with how we know and proceed afterwards to what we know. I think this a mistake, because knowing how we know is one small department of knowing what we know. I think it a mistake for another reason: it tends to give to knowing a cosmic importance which it by no means deserves, and thus prepares the philosophical student for the belief that mind has some kind of supremacy over the non-mental universe, or even that the non-mental universe is nothing but a nightmare dreamt by mind in its un-philosophical moments. This point of view is completely remote from my imaginative picture of the cosmos. I accept without qualification the view that results from astronomy and geology, from which it would appear that there is no evidence of anything mental except in a tiny fragment of space-time, and that the great processes of nebular and stellar evolution proceed according to laws in which mind plays no part.
 Source: My Philosophical Development, chap. 2,1959.  
More info.:https://russell-j.com/beginner/BR_MPD_02-010.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。