ラッセル『宗教と科学』第9章 科学と倫理 n.13


 全体的な(一般的な/普遍的な)欲求,例えば人類(全体)の幸福に対する欲求は,もし絶対的善の是認がなければ(絶対的な善が存在することを認めていないのであれば)ある意味で(in some way 何らかの意味で/何らかの点で)不合理(非理性的)である,と考える人もいる。これは,客観的価値(があること)に対する信念がいつまでも残り続けているせいである(訳注:荒地出版社刊の津田訳では「This is due to a lingering belief in objective values」を「これは客観的価値に対する信念がぐらついていることによる」と訳出している。「linger」は「居残る;いつまでも残る」であり,何を勘違いしたのだろうか?)。(しかし)欲求は,それ自体,合理的でも非合理的でもありえない。ある欲求は他の欲求と衝突し,それゆえに,不幸へと導くかも知れない。その欲求は他の人たちの間に反対をまき起し,満たされないかも知れない。しかし,その欲求を感ずる理由が与えられないという理由だけで,それは「不合理」であると考えることはできない。我々はAをBへの手段であるということで欲求するかも知れないが,最終的には,単なる手段であるものを処理してしまったら -「不合理に」そういった理由で欲求したものではなく- 理由なしに欲する何らかのものに到達しなければならない。全ての倫理体系は,自分たちの倫理体系を擁護する人々の欲求を体現(具体化)しているが,その事実は言葉の霞に隠されている。我々の欲求は,実際のところ,多くのモラリスト(道徳家)が考えているよりも一般的なものでありかつそれほど利己的なものではない。もし,そうでなかったらいかなる倫理学の理論も道徳的改善を可能としないだろう。実際,人々が,現在よりも人類の一般的幸福に一致するように行為するようになるのは,倫理的理論によってではなく,知性や,幸福や,恐怖からの解放を通しての,広範かつ寛容な欲求の育成(cultivation 開拓)によってである。「善」についての我々の定義がいかなるものであろうと,また,我々がそれ(善)を主観的なものであると信じるか,客観的なものであると信じるかにかかわらず,人類の幸福を願わない者は,善を促進しようと努力はしないだろう。他方,善の促進を願う者は,それをもたらすためにできることをなすであろう。  私は次のように結論する。科学は価値の問題に結論を下すことはできないことは事実であると同時に(while),それは(その理由は)価値の問題は知的には決して決定されえず,真偽の領域外にあるからである。(また)いかなる知識であっても,入手できる知識は科学的方法によって入手されなければならない。そうして,科学が発見しえないものは人類が知りえないものである。
Chapter 9: Science and Ethics, n.13
Some people feel that if a general desire, say for the happiness of mankind, has not the sanction of absolute good, it is in some way irrational. This is due to a lingering belief in objective values. A desire cannot, in itself, be either rational or irrational. It may conflict with other desires, and therefore lead to unhappiness ; it may rouse opposition in others, and therefore be incapable of gratification. But it cannot be considered “irrational” merely because no reason can be given for feeling it. We may desire A because it is a means to B, but in the end, when we have done with mere means, we must come to something which we desire for no reason, but not on that account “irrationally.” All systems of ethics embody the desires of those who advocate them, but this fact is concealed in a mist of words. Our desires are, in fact, more general and less purely selfish than many moralists imagine ; if it were not so, no theory of ethics would make moral improvement possible. It is, in fact, not by ethical theory, but by the cultivation of large and generous desires through intelligence, happiness, and freedom from fear, that men can be brought to act more than they do at present in a manner that is consistent with the general happiness of mankind. Whatever our definition of the “Good,” and whether we believe it to be subjective or objective, those who do not desire the happiness of mankind will not endeavour to further it, while those who do desire it will do what they can to bring it about. I conclude that, while it is true that science cannot decide questions of value, that is because they cannot be intellectually decided at all, and lie outside the realm of truth and falsehood. Whatever knowledge is attainable, must be attained by scientific methods ; and what science cannot discover, mankind cannot know.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 9: Science and Ethics
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_09-130.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。