ラッセル『宗教と科学』第3章 進化 n.22


 よくあることだが(as often happens しばしばそのようなことが起こるように),(新学説に反対する)神学者たちの方が,新学説の擁護者たちよりも,新学説がどういう結果を生むかをより早く認識した(気づいた)新学説を擁護した人々の大部分は証拠に基いた確信をもっていたが,彼らは信心深い人々であり,できるだけ以前(旧来の)の信仰を持ち続けたいと思っていた。特に十九世紀の期間,ダーウィン説の擁護者たちに論理(性)が欠けていたことによって,進歩が大いに促進され,その論理(性)の欠如は,他の変化を受け容れなければならなくなる前に,一つの変化に慣れることを可能にした(注:同時にいくつもの大きな変化は受け入れがたいが、一つ一つならOK)。改革による論理的帰結が全て同時に与えられていたなら,習慣に対するショックがとても大き過ぎて,人々は全てを拒否することになりやすい。しかるに(一方),もし人々が,10年ごとあるいは20年ごとに一段ずつ段階を踏むように誘われていたなら,大きな抵抗をすることなく進歩の道に沿うように説得することが可能であっただろう。19世紀の偉大な人々は,知識の面においても政治の面においても革命的ではなかったけれども,改革の必要(性)が圧倒的に明らかになった時には,喜んで改革を擁護した。このような革新者たちの慎重な気質は,それが19世紀の発展をきわめて早くしたことで19世紀を注目に値するものにすることに役立ったのである。

Chapter 3: Evolution, n.22 As often happens, the theologians were quicker to perceive the consequences of the new doctrine than were its advocates, most of whom, though convinced by the evidence, were religious men, and wished to retain as much as possible of their former beliefs. Progress, especially during the nineteenth century, was much facilitated by lack of logic in its advocates, which enabled them to get used to one change before having to accept another. When all the logical consequences of an innovation are presented simultaneously, the shock to habits is so great that men tend to reject the whole, whereas, if they had been invited to take one step every ten or twenty years, they could have been coaxed along the path of progress without much resistance. The great men of the nineteenth century were not revolutionaries, either intellectually or politically, though they were willing to champion a reform when the need for it became overwhelmingly evident. This cautious temper in innovators helped to make the nineteenth century notable for the extreme rapidity of its progress.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 3: Evolution.
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_03-220.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。