『宗教と科学』第1章 闘争の原因 n.6


 宗教の教義(creed)が科学理論と異なるのは,宗教の教義は永遠かつ絶対的に確実な真理を具体的に表現していると主張する点にある。一方(しかるに)科学は常に仮説的なもの(tentative)であり,現在の理論は遅かれ早かれ修正が必要だとわかるだろうということを予想しており,また,科学の方法によっては完全かつ最終的な証明(demonstration 論証)に達することは論理的に不可能であることに気づいている。しかし,高度の科学においては,必要とされる変更(changes 改変)は,一般的に言って,わずかにより大きな確実性を与えるのに役立つものに過ぎない。(また)古い(旧来の)理論も大まかな近似だけに関心がある場合には(厳密性を要求されない場合は)依然として役に立つが(serviceable),新しい詳細な観察が可能になると役に立たなくなる。さらに,古い理論によって示唆をうけた技術的発明は,古い理論はある程度まで(up to a point)依然として一種の実用的な真理(practical truth)を持っていることを証拠立てている。科学は,このようにして,絶対的真理の探求を放棄するとともに,発明や将来の予測にうまく用いることが可能な理論に属している(ところの)「技術的」真理(”technical” truth)と呼んで良いものに代替させることを助長する(奨励する)。「技術的」真理(の真理性)は,程度問題である。(即ち)より有効な(よい結果を生む)発明や予測を生む理論は,その度合の少ない理論よりもより真実である(真理性/真実性が高い)。「知識」は,宇宙を映す精神的鏡(a mental mirror)であることを止め,物質をあやつる単なる実用的な道具となっている。しかし,このような科学的方法の含意を,科学の先駆者たちは把握することができず,彼らは真理を追求(探求)する新しい方法を実行はしたけれども,いまだ真理そのものを,彼らの神学上の敵対者がそうであったのと同様に,絶対的なものと考えていた(のである)。

Chapter 1: Grounds of Conflict, n.6 A religious creed differs from a scientific theory in claiming to embody eternal and absolutely certain truth, whereas science is always tentative, expecting that modifications in its present theories will sooner or later be found necessary, and aware that its method is one which is logically incapable of arriving at a complete and final demonstration. But in an advanced science the changes needed are generally only such as serve to give slightly greater accuracy ; the old theories remain serviceable where only rough approximations are concerned, but are found to fail when some new minuteness of observation becomes possible. Moreover, the technical inventions suggested by the old theories remain as evidence that they had a kind of practical truth up to a point. Science thus encourages abandonment of the search for absolute truth, and the substitution of what may be called “technical” truth, which belongs to any theory that can be successfully employed in inventions or in predicting the future. “Technical” truth is a matter of degree : a theory from which more successful inventions and predictions spring is truer than one which gives rise to fewer. “Knowledge” ceases to be a mental mirror of the universe, and becomes merely a practical tool in the manipulation of matter. But these implications of scientific method were not visible to the pioneers of science, who, though they practised a new method of pursuing truth, still conceived truth itself as absolutely as did their theological opponents.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 1.
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_01-060.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。