善人なおもて往生す,いわんや悪人をや ninety-nine just men


(ラッセル作の小説「郊外(町)の悪魔」から抜粋)

DOKUSH30 マラコ博士は応えた。「ああ,残念ながら,恐らく,我々の神聖なる宗教(キリスト教)には,あなたが十分に理解していないことが,たくさんあります。何ひとつ懺悔をする必要のない九十九人の正しい人間が,神のふところに帰った一人の罪人よりも,天国では喜びを得ることが少ないという寓話を,よくよく考えたことがおありでしょうか? ・・・ まず罪を犯さなくては罪を悔むことはできないということを,今まで思い浮かんだことはありませんか? さらに,これは福音書ではっきり教えているところです。神を喜ばす心構えに人を導きたいと望むなら,人間はまず罪を犯さなければなりません。・・・そうして,我々の神聖なる宗教の教えを信ずるなら,彼らの方が非の打ちどころのないまっすぐな人間よりも,造物主がお気に召す者になるのです。・・・
この論理は私を混乱させ,すっかり困惑してしまった。

‘Alas,’ Dr. Mal1ako replied, ‘there is, I fear, much in our holy  religion that you have failed adequately to understand. Have you  reflected upon the parable of the ninety-nine just men who needed no repentance, and caused less joy in Heaven than the one sinner who returned to the fold? … Has it ever occurred to you that one  cannot be contrite without first sinning? Yet this is the plain teaching of the Gospels. … and if we are to believe the teachings of our holy religion, they will then be more pleasing to their Maker than the  impeccably righteous, among whom hitherto you have been a notable  example.’
This logic confounded me, and I became perplexed in the extreme.
出典: Satan in the Suburbs, and Other Stories, 1953.
詳細:http://russell-j.com/cool/45T-0101.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。