ラッセル『権力-その歴史と心理』第7章 革命的な権力 n.19


(三) フランス市民革命とナショナリズム(続き)

 革命的な権力(革命をめざす権力)は,ナポレオンの事例が示しているように,むきだしの権力にしばしば堕落して行きがちである。相争う狂信主義の衝突は,外国の征服においてであろうが,宗教的迫害においてであろうが,階級闘争においてであろうが,権力を求める者が個人ではなくて集団だという事実(こと)から(言って),また,その集団が権力を求めるのは権力自体のためからではなくその集団の信条のためだという事実(こと)から(言っても),確かに,むきだしの権力とは,はっきりと区別される(is distinguished)。しかし,権力はその集団の手段であるので,また長い闘争の間には目的が忘れられがちであるので,特に争いが長期かつ厳しいものの場合には,狂信主義は単なる勝利の追求へと変容する傾向がある。従って,革命的な権力(革命をめざす権力)とむきだしの権力との違いは,しばしば,最初思われたものよりも,少ない。ラテン・アメリカにおいては,スペインに対する反抗は,当初,自由主義者と民主主義者によって導かれたが,大部分の場合,暴動のためとぎれとぎれて,一連の不安定な軍事独裁体制の樹立となって終わった(注:separated by munities 暴動によって軍事独裁政権が倒れても,しばらくするとまた別の軍事独裁政権が誕生。つまり,”separated” というのは,1日の切れ目なく連続的に政権が移行したのではなく,暴動によって独裁政権がたおされ,次の政権ができるまでに少し時間がかった,と言っていると思われる)。革命的な信念が強固で人々の間に広まっている場合にのみ,また勝利があまり時間がかからない場合にのみ,人々のもっている協力の習慣が革命に伴う衝撃に打ち勝って存続でき,そうして,新しい政府は単なる軍事力によるよりもむしろ同意に基礎を置くことができるようになる。心理的権威が伴わない政府(政治)は,暴政とならざるを得ない(のである)。

Chapter VII: Revolutionary Power, n.19

III. The French Reuolution and Nationalism.(continued)

Revolutionary power, as the case of Napoleon shows, is very apt to degenerate into naked power. The clash of rival fanaticisms, whether in foreign conquest, in religious persecution, or in the class war, is distinguished, it is true, from naked power by the fact that it is a group, not an individual, that seeks power, and that it seeks it, not for its own sake, but for the sake of its creed. But since power is its means, and in a long conflict the end is apt to be forgotten, there is a tendency, especially if the struggle is long and severe, for fanaticism to become gradually transformed into the mere pursuit of victory. The difference between revolutionary and naked power is therefore often less than it seems to be at first sight. In Latin America, the revolt against Spain was led, at first, by Liberals and democrats, but ended, in most cases, in the establishment of a series of unstable military dictatorships separated by mutinies. Only where the revolutionary faith is strong and widespread, and victory is not too long delayed, can the habit of co-operation survive the shock involved in revolution, and enable the new government to rest upon consent rather than upon mere military force. A government without psychological authority must be a tyranny.
 出典: Power, 1938.
 詳細情報:https://russell-j.com/beginner/POWER07_190.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。