ラッセル『結婚論』第十八章 優生学 n.2


『結婚論』第十八章 優生学 n.2:産児制限と中絶

優生学の主題については,特に大量のナンセンス(無意味な戯言)が書かれてきた。優生学の主唱者(擁護者)の大部分は,十分な生物学的基礎の上に,それほど確実でないいくつかの社会学的な命題を付け加える(付け加えている)。たとえば,美徳は収入に比例する;貧困の遺伝(あまりにもありふれている!)は,法律的な現象ではなく,生物学的な現象である。ゆえに,貧乏人の代わりに,金持ちを説得して子供を生む気にさせることができれば,誰もが金持ちになれるだろう,とかいうものである。金持ちよりも,貧乏人のほうが子供をたくさん生むという事実について,(優生学の主唱者/擁護者は)大騒ぎをしている。私は,この事実をあまり残念だと思う気になれない。金持ちのほうが,何らかの点で貧乏人よりもすぐれている,という証拠が私にはまったく見つからないからである。仮に嘆かわしいことであるとしても,ひどくまじめに残念がる事柄ではないだろう。それは,事実,数年の遅れがあるにすぎないからである。(即ち)貧乏人の間でも出生率は減少しており,現在では,九年前の金持ちの出生率に劣らず低いものになっている。(原注:ユーリウス・ヴォルフ『新しい性道徳と今日の出産問題』1928年刊, pp.165-167)

 確かに,望ましくない種類の特異な出生率を作り出す要因はいくつかある。たとえば,政府や警察当局が,産児制限の情報を入手することを困難にすれば,その結果は,一定の水準以下の知能の人々はこの情報を入手することができなくなる一方,他の人々に対しては,当局の企ては成功しない,ということになる。その結果,産児制限に関する知識の普及に反対する全ての企ては,知的な人々よりも,愚かな人々がたくさんの子供を持つことにつながるのである。しかし,これは,多分,ごく一時的な要因であるように思われる。というのも,ほどなく,最も愚かな人々でさえ,産児制限の情報を獲得しているか,あるいは 当局の半啓蒙主義(obscrantism)のかなりありふれた結果と思われるが 中絶手術をするのを進んでする人たちを見つけ出しているだろうからである。(原注:ユーリウス・ヴォルフ『前掲書』p.6以降)によれば,ドイツにおける出生率の低下の説明においては,避妊法よりも中絶のほうが大きな役割を果たしている。彼の見つもりでは,今日ドイツでは毎年60万の人工中絶(妊娠中絶)が行われている。英国については,流産が記録されていないので,見つもりがもっと困難である。しかし,実情はドイツとあまり変わらないと考えてよいだろう(問題ないだろう)。

Chapter XVIII: Eugenics, n.2

There has been a quite exceptional lot of nonsense written on the subject of eugenics. Most of its advocates add to their sound biological foundation certain sociological propositions of a less indubitable nature. Such are: that virtue is proportional to income; that the inheritance of poverty (alas, too common!) is a biological, not a legal phenomenon; and that, therefore, if we could induce the rich to breed instead of the poor, everybody would be rich. A great deal of fuss is made about the fact that the poor breed more than the rich. I cannot bring myself to regard this fact as very regrettable, since I see no evidence whatever that the rich are in any way superior to the poor. Even if it were regrettable, it would not be matter for very serious regret, since there is, in fact, only a lag of a few years. The birth-rate diminishes among the poor, and is quite as small now among them as it was nine years ago among the rich.(note: See Julius Wolf, Die neue Sexualmoral und das Geburtenproblem unserer Tage, I928, pp. 165-167.) There are certain factors, it is true, which make for a differential birth-rate of an undesirable kind. For example, when Governments and police authorities place difficulties in the way of the acquisition of birth-control information, the result is that persons whose intelligence falls below a certain level fail to acquire this information, while with others the attempts of the authorities are unsuccessful. Consequently all opposition to the dissemination of knowledge concerning contraceptives leads to stupid people having larger families than intelligent ones. It seems probable, however, that this is a very temporary factor, since before long even the stupidest will have either acquired birth-control information or–what I fear is a tolerably common result of the obscurantism of the authorities–will have discovered persons willing to procure abortion.
[Note: According to Julius Wolf (op. cii., pp. 6 ff.), abortion plays a larger part than contraceptives in accounting for the fall of the birth-rate in Germany. He estimates that there are 600,000 artificial abortions annually in Germany at the present day. It is more difficult to arrive , at an estlmate for Great Britain, owing to the fact that miscarriages are not registered ; but there is reason to think that the facts are not so very different from those in Germany.]
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM18-020.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。