ラッセル『結婚論』第十七章 人口(問題) n.9


『結婚論』第十七章 人口 n.9:繁殖競争を防ぐ

けれども,もし人口が実際に減少するとするならば,問題はまったく別になるだろう。というのは,人口減少が何も手を打たずに続くならば,最終的には人類が絶滅することになるからであり,また,我々は,世界の最も文明化した諸民族が消滅するのを願うわけにはいかないからである。それゆえ,避妊用具の使用は,人口をほぼ現在のレベルに保つであろう制限内に限定する措置(steps 手段)をとることができるならば,歓迎されるべきである。私は,このことに関し何か困難があるとは思わない。子供(の数)を制限する動機は,主として経済的なものであるので,子供にかかる出費を減らしたり,あるいは必要なら,子供を,親の実際の収入源にしたりする方法によって,出生率を高めることもできるだろう。

 けれども,現在のような国家主義的な世界においては,そういう方法をとるのは,非常に危険である。軍事上の優勢を確保する方法として利用されるだろうからである。主要な軍国主義国家のすべてが,「砲弾には餌食がなければならない」というスローガンの下に,軍拡競争の上に,繁殖競争(a race of propagation)もあわせてやっている光景を眼に浮かべることができる。ここでも,また,我々は,もしも文明を存続させるべきであれば,国際政府が絶対必要である,という事実に直面することになる。そのような国際政府は,世界平和を維持する上で効果を挙げようと思えば,いかなる軍国主義国家もそれぞれの国の人口を増やす速さを制限する法令を出さなければならない(国会で通過させなければならない)。オーストラリアと日本との敵対は,この問題がいかに深刻であるかを例証している。日本の人口は急速に増えているが,オーストラリアの人口は(移民は別として),かなりゆっくりしている。これは,とても処理しにくい敵意を生み出す。なぜなら,紛争の当事者(当事国)は,両方とも,一見正しそうに見える原理に訴えることができるからである。

近い将来,西ヨーロッパとアメリカのいたるところで,政府が人口を増やすための明確な対策(処置)を立てないかぎり,出生率は人口がまったく増加しないほどになるだろうと想定してよい,と私は考える。しかし,他の諸国家が単なる繁殖という方法で勢力の均衡をくつがえそうとしているときに,最も強力な軍事諸国家(注:複数)が静かにしている(眺めている)ことは,到底期待することはできない。従って,いかなる国際機関も,適切に仕事をやろうとするならば,人口問題を考慮に入れ,頑強に言うことを聞かないいかなる国においても産児制限の宣伝をするように強く要求(強制)しなければならない。これがなされないかぎり,世界平和を確保することはできない。

Chapter XVII: Population, n.9

The matter would, however, be quite otherwise if the population were actually to diminish, for a diminution, if it continues unchecked, means ultimate extinction, and we cannot desire to see the most civilized races of the world disappear. The use of contraceptives, therefore, is only to be welcomed if steps can be taken to confine it within such limits as will preserve the population at about its present level. I do not think there is any difficulty in this. The motives to family limitation are mainly, though not wholly, economic, and the birth-rate could be increased by diminishing the expense of children, or, if this should prove necessary, by making them an actual source of income to their parents. Any such measure, however, in the present nationalistic world, would be very dangerous, since it would be used as a method of securing military preponderance. One can imagine all the leading military nations adding to the race of armaments a race of propagation, under the slogan : “The cannon must have their fodder.” Here, again, we are faced with the absolute necessity of an international Government if civilization is to survive. Such a Government, if it is to be effective in preserving the peace of the world, must pass decrees limiting the rate at which any military nation may increase its population. The hostility between Australia and Japan illustrates the gravity of this problem. The population of Japan increases very fast and that of Australia (apart from immigration) rather slowly. This causes a hostility which is exceedingly difficult to deal with, since apparently just principles can be appealed to by both sides in the dispute. It may, I think, be assumed that before very long throughout Western Europe and America the birth-rate will be such as to involve no increase in population, unless definite steps are taken by Governments with that end in view. But it cannot be expected that the most powerful military nations will sit still while other nations reverse the balance of power by the mere process of breeding. Any international authority which is to do its work properly will therefore be obliged to take the population question into consideration and to insist upon birth-control propaganda in any recalcitrant nation. Unless this is done, the peace of the world cannot be secure.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM17-090.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。