ラッセル『結婚論』第八章 性知識に関するタブー, n.11


第八章 性知識に関するタブー, n.11:ハヴロック・エリス (著)『性心理の研究』

この法令(ロード・キャンベル法)に出てくる「猥褻(わいせつ)」という単語は,法律上,精確に定義されてはいない。実際には,ある出版物は,治安判事(注:magistrate 英国における治安判事)が猥褻だと考えるなら,法律上,猥褻となる。また,他の点では猥褻と考えられるかもしれない文書(matter)の出版が,この特殊なケースにおいては(in this particular case)ある有用な目的に役立っているということを示す専門家の証言に耳を傾ける義務は,治安判事にはない(のである)。このことは,つまり,小説や,社会科学の学術論文や,性的な事柄に関係する法律の改正案(suggestion for reform)を書く者は誰でも,たまたま,ある無知な年配の人間がその著作を読んで不快だと思うならば,自分の著作を破棄される恐れがある,ということを意味している(言っているのである)。この法律のもたらす結果は,はなはだ有害である。

 よく知られているように,ハヴロック・エリス(著)『性心理の研究』の第一巻は,この法律により有罪とされた。ただし,幸いにも,この事例ではアメリカのほうが(英国より)よりリべラルであることがわかった(注:第一巻が起訴されたため,続く巻は,英国では出版されなかった)。ハヴァロック・エリスの目的が不道徳なものであったと言うことは誰にもできない,と私は思っている(できるとは思はない)。また,あのように分量が多く,学問的で,まじめな著作が,単にみだらなスリルのみを欲求する人びとに読まれただろうとは,とても考えられない。もちろん,そのような問題を扱うためには,普通の治安判事が,妻や娘の前では口にしたくないような事柄をも論じないわけにいかない。しかし,このような書物の出版を禁止することは,まじめな研究者(serious student)はこの領域(分野)の事実を知ることは許されない,と言うことである(と言うことに等しい。
因習的な見地からすれば,おそらく,ハヴロック・エリスの著作の最も異議のある特徴の一つは,症例(case histories 病歴,事例史)の収集であり,それらの症例は,現行の方法が,美徳や精神の健康を生み出す点で,いかに成功していないかを明らかにしている。そのような文書は,既存の性教育の方法を合理的に判断するデータを提供してくれる。(しかるに)法律は,我々がそのようなデータを持つことは許されないし,この方面での我々の判断は,無知に基づき続け無ければならない,と言明している(のである)。

Chapter VIII: The Taboo on sex knowledge, n.11

The word “obscene” which occurs in this Act has no precise legal definition. In practice a publication is legally obscene if the magistrate considers it to be so, and he is not obliged to listen to any evidence by experts to show that in this particular case the publication of matter which might otherwise be considered obscene serves some useful purpose. This means to say that any person who writes a novel, or a sociological treatise, or a suggestion for reform in the law as it relates to sexual matters, is liable to have his work destroyed if some ignorant elderly man happens to find it disagreeable reading. The consequences of this law are extraordinarily harmful. As is well known, the first volume of Havelock Ellis’s Studies in the Psychology of Sex was condemned under this law, although fortunately America proved in this instance more liberal.(note: Owing to the prosecution of the first volume, the subsequent volumes were not published in England.) I do not think anybody could suggest that Havelock Ellis’s purpose was an immoral one, and it seems extraordinarily unlikely that such a bulky and learned and serious work would have been read by persons who desired merely the thrill of indecency. It is, of course, impossible to treat of such a subject without discussing matters which the ordinary magistrate would not mention before his wife or daughters, but to prohibit the publication of such a book is to say that serious students are not to be allowed to know the facts in this domain. From a conventional standpoint I imagine that one of the most objectionable features of Havelock Ellis’s work is his collection of case histories, which show how extraordinarily unsuccessful existing methods are in producing either virtue or mental health. Such documents provide data for a rational judgment upon existing methods of sex education; the law declares that we are not to be allowed to have such data, and that our judgments in this domain are to continue to be based upon ignorance.
出典: Marriage and Morals, 1929.
詳細情報:https://russell-j.com/beginner/MM08-130.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。