貴族的改革者としての祖父ジョン・ラッセル


 私の祖父は,現代ではほとんど死に絶えたタイプ,即ち,その熱意が,いかなる最近の源泉よりも,むしろデモステネスやタキトゥスのような古典(の源泉)に由来しているような貴族主義的改革者のタイプであった,彼らは「自由」という女神を崇拝したが,その顔立ち(輪郭/特徴)はかなり曖昧であった。また,「暴政(圧政)」という悪魔もいた。彼(の顔立ち)はかなりはっきりしていた。悪魔は,王や僧侶や警官によって代表された。彼らが異邦人(外国人)の場合には特にそうであった。この信条は,断頭台のロラン夫人(Madame Roland,1754- 1793)はやや単純すぎると気づいたけれども,フランスの知的な革命家たちを鼓舞した。バイロンをはげまし,彼をギリシアのための戦いに導いたものは,この信条であった。またマッツィーニ(Giuseppe Mazzini, 1805-1872:イタリア統一運動時代の政治家)やガリバルディ(Giuseppe Garibaldi, 1807-1882:イタリア統一運動の指導者)や,彼らの英国における崇拝者を鼓舞したのもこの信条であった。それは,一つの信条として,文学的かつ詩的かつ浪漫的であった。それは,現代(近代)の政治的思考を支配している困難な経済的事実にはまったく関係ない(触れない)ものである。祖父は,子供の時,家庭教師として,動力織機の発明者であるカートライト博士をつけてもらったが,彼は産業革命の主要要因のひとつであった。祖父は彼がこの機械の発明をしたことを決して知らなかったが,博士の優雅なラテン語や,道徳的感覚の高貴さや,著名な急進的扇動家の兄弟であるということ(事実)から,彼を崇拝した。
祖父は理想としてのデモクラシーには賛成したが,民主主義への接近はともかくも急ぐべきだといったことを決して切望はしなかった。彼は選挙権(参政権)の漸進的拡大に賛成した。しかし,選挙権の拡大が可能だとしても(if = even if),英国の改革政党はいつもその指導者を偉大なるホイッグの家族のなかに見いだすだろうと確信していたと私は思う。彼は意識的にこれを確信していたというのではないが,このことは彼が呼吸する空気のように日常的なものになっており,議論の必要なく,当然のこととされていたのである。

My grandfather belonged to a type which is now quite extinct, the type of the aristocratic reformer whose zeal is derived from the classics, from Demosthenes and Tacitus, rather than from any more recent source. They worshiped a goddess called Liberty, but her lineaments were rather vague. There was also a demon called Tyranny. He was rather more definite. He was represented by kings and priests and policemen, especially if they were aliens. This creed had inspired the intellectual revolutionaries of France, though Madame Roland on the scaffold found it somewhat too simple. It was this creed that inspired Byron, and led him to fight for Greece. It was this creed that inspired Mazzini and Garibaldi and their English admirers. As a creed it was literary and poetic and romantic. It was quite untouched by the hard facts of economics which dominate all modern political thinking. My grandfather, as a boy, had as tutor Dr. Cartwright, the inventor of the power loom, which was one of the main factors in the Industrial Revolution. My grandfather never knew that he had made this invention, but admired him for his elegant Latinity and for the elevation of his moral sentiments, as well as for the fact that he was the brother of a famous radical agitator.
My grandfather subscribed to democracy as an ideal, but was by no means anxious that the approach to it should be in any way precipitate. He favored a gradual extension of the franchise, but I think he was convinced that, however it might be extended, English reforming parties would always find their leaders in the great Whig families. I do not mean that he was consciously convinced of this, but that it was part of the air he breathed, something which could be taken for granted without discussion.
出典: Lord John Russell (1952).
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/1003_L-JR030.HTM

<寸言>
昔は「素朴な」自由主義の崇拝でよかったが,現代は社会が複雑になり、そんなに単純にはいかないということ。自由が非常に制限されている時は「自由の拡大」が最大の目標となるが、格差や不平等が非常に大きくなっている時は「格差の解消」が最大の目標になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。