共産主義の拡大は 世界の貧困格差及び憎悪の解消によってを防ぐ


 共産主義の害悪に圧倒されて(重圧感を感じ),これらの害悪と戦う唯一の効果的な方法は世界戦争(による方法)しかないという結論に到達する人々がいる。私はこれを聞達っていると考える。一時期,そのような政策が可能だったかもしれないが,現在では戦争は非常に恐ろしいものとなっており,世界戦争後に何が残るかを誰も答えられないほど共産主義は強力なものになっており,また,何が後に残ったとしてもそれは,多分,少くとも現在の共産主義と同じくらい悪いものであるだろう。この予測は,たとえどちらかが勝利するとしても(if = even if),どちらかが名目的に勝つかどうかということには依存していない。それはただ水素爆弾やコバルト爆弾や,極めて巧妙に伝播させられた悪疫(注:生物化学兵器によるもの?)による大量破壊の不可避的な効果だけに依存している。共産主義と闘う道は戦争ではない。共産主義者たちが西欧を攻撃するのを阻止するであろう武力(軍備)に加えて必要なものは,非共産主義世界のあまり豊かでない地域における不満の理由(根拠)を減らすことである。アジアの大部分の国において,西欧にそうする力がある限り,西欧が減らさなければならない赤貧がある。また何世紀にも渡るヨーロッパ(諸国)の傲慢な支配によって引き起こされた激しい苦痛がある。これは,アジアに生き残っている白人支配の歴史的遺物を放棄するという劇的な声明を伴った忍耐強い臨機応変の才との組み合わせによって(と合わせて)処理されるべきである。共産主義は,貧困や憎悪や闘争によって育まれた信条である。その拡大は貧困と憎悪の地域を減少させることによってのみ阻止できるのである。

There are those who, oppressed by the evils of Communism, are led to the conclusion that the only effective way to combat these evils is by means of a world war. I think this a mistake. At one time such a policy might have been possible, but now war has become so terrible and Communism has become so powerful that no one can tell what would be left after a world war, and whatever might be left would probably be at least as bad as present-day Communism. This forecast does not depend upon which side, if either, is nominally victorious. It depends only upon the inevitable effects of mass destruction by means of hydrogen and cobalt bombs and perhaps of ingeniously propagated plagues. The way to combat Communism is not war. What is needed in addition to such armaments as will deter Communists from attacking the West, is a diminution of the grounds for discontent in the less prosperous parts of the non-Communist world. In most of the countries of Asia, there is abject poverty which the West ought to alleviate as far as it lies in its power to do so. There is also a great bitterness which was caused by the centuries of European insolent domination in Asia. This ought to be dealt with by a combination of patient tact with dramatic announcements renouncing such relics of white domination as survive in Asia. Communism is a doctrine bred of poverty, hatred and strife. Its spread can only be arrested by diminishing the area of poverty and hatred.
出典: Why I Oppose Communism? (1954).
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/1059_WIOC-040.HTM

<寸言>
人間や国家を正義と悪に二分して考えるのは間違っている(悪の枢軸国など)。キリスト教(一神教)の影響のある国では、そのように世界を二分して考える傾向があるが、正義を代表している側が悪を代表している側をたたき、それに対し報復がなされ、また同様の繰り返しが行われる。イスラム教もユダヤ教もキリスト教と同根であり、一神教の残酷さ、傲慢さが宿っていると言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。