プロレタリアート独裁 → 小さな委員会による独裁 → スターリン独裁


 マルクスの教義は(それ自身)十分悪かったが,レーニンやスターリンの(体制)下で行われた発達によって一層悪いものとなった。マルクスは,プロレタリアートが内戦(内乱)で勝利をおさめた後,革命の移行期が続き,この期間にプロレタリアートは,内戦後通常行われるやり方に従って,打ち負かした敵から政治的権力を奪取する,ということを教えていた。この期間(時期)は,プロレタリアートの独裁の期間であるべきであった。マルクスの預言的な洞察力においては,プロレタリアートの勝利は,プロレタリアートが人口(国民)の大多数を占めるまでに成長した後に来るはずであったということを忘れてはならない。それゆえ,マルクスが抱いた(考えた)プロレタリアート独裁は,本質的に反民主主義的なものでなものではなかった(注:もともとは,多数派を形成することを目指していたため)。けれども,(ロシア革命が起こった)1917年においては,プロレタリアートは人口(国民)の僅かな割合しかなく,大部分は小作人であった。ボルシェヴィキ党(ロシア共産主義者党)がプロレタリアートの階級意識に目覚めた(階級意識を持った)部分(前衛)であり,(さらに)ボリシェヴィキ党の指導者の小さな委員会がボリシェビキ党の目覚めた部分(前衛)だ,とされた(宜言された)のである。このようにして,プロレタリアート独裁は小さな委員会による独裁になり,ついには,スターリン独裁になった。階級意識に目覚めたたったひとりのプロレタリアであるスターリンは,何百万もの小作人を飢餓によって死に追いやり,他の何百万の人々を強制収容所での強制労働へと追いやった。スターリンは,遺伝法則は,今後,かつてのものとは異なったものにならなければならない,また,胚原質(注:遺伝子)は,反動的な僧侶であるメンデル(の法則)に従うのではなく,ソヴィエト(社会主義共和国)の法令に従わなければならない,と宣告さえするところまでいった。人間味も知性もある人たちが,スターリンによって産み出された広大な奴隷収容所に何か賞賛すべきものを見つけることができるなんてことがどのようにして起るのか,私にはまったく理解することができず当惑する。

Marx’s doctrine was bad enough, but the developments which it underwent under Lenin and Stalin made it much worse. Marx had taught that there would be a revolutionary transitional period following the victory of the Proletariat in a civil war and that during this period the Proletariat, in accordance with the usual practice after a civil war, would deprive its vanquished enemies of political power. This period was to be that of the dictatorship of the Proletariat. It should not be forgotten that in Marx’s prophetic vision the victory of the Proletariat was to come after it had grown to be the vast majority of the population. The dictatorship of the Proletariat therefore as conceived by Marx was not essentially antidemocratic. In the Russia of 1917, however, the Proletariat was a small percentage of the population, the great majority being peasants. It was decreed that the Bolshevik party was the class-conscious part of the Proletariat, and that a small committee of its leaders was the class-conscious part of the Bolshevik party. The dictatorship of the Proletariat thus came to be the dictatorship of a small committee, and ultimately of one man Stalin. As the sole class-conscious Proletarian, Stalin condemned millions of peasants to death by starvation and millions of others to forced labor in concentration camps. He even went so far as to decree that the laws of heredity are henceforth to be different from what they used to be, and that the germ plasm is to obey Soviet decrees but not that reactionary priest Mendel. I am completely at a loss to understand how it came about that some people who are both humane and intelligent could find something to admire in the vast slave camp produced by Stalin.
出典: Why I Oppose Communism? (1954).
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/1059_WIOC-020.HTM

<寸言>
権力は必ずと言ってよいほど,腐敗し、暴走する。
権力者が独裁者となり歯止めが効かなくなると,その圧政を覆すには,革命が暗殺か,悪事を衆人の目にあきらかにして弁解不可能に追い込むしかなくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。