「上品な人々」の無知・無関心・思いやりの無さ


tokken-kaikyu 権力を握っている者,古今東西,恐怖心に駆られている場合を除けば,権力を持たない人間の幸・不幸に無頓着です。これは耳ざわりなひどい言葉に響くかも知れません。上品な人々は限度を越えて,他の人々に苦痛を与えないといえるかも知れません。こう口でいうことはできても,現実はそうでないことを示しています。今問題になっている上品な人々は,自分たちが幸福に暮らすためにどんな苦痛を他人に与えているかを,知らずに終わってしまったり,あるいは,知らないふりをするのに成功しています。

Holders of power, always and everywhere, are indifferent to the good or evil of those who have no power, except in so far as they are restrained by fear. This may sound too harsh a saying. It may be said that decent people will not inflict torture on others beyond a point. This may be said, but history shows that it is not true. The decent people in question succeed in not knowing, or pretending not to know, what torments are inflicted to make them happy.
出典:What is Democracy? 1953: Evils of Power.
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/AXIOM-2006X2015.HTM#20150716

[寸言]
bonbon_sekensirazu 想像力や理解力が不足しているので,自分がよく理解できない人たち(弱者)に対して思いやりを持つことができない表面的な理解しかできず,口では「国民のために」と言いながら、実際は「国民のために」ならない矛盾した政策を実行してもなんとも思わない。
一部の人間のためではなく国民全体のために、と言いながら、国民は一部の人々から出来ていることを理解しないで、一部の人々(結局は大部分の国民)に不幸をもたらす。
もちろん、国民自身も一部の人をおろそかにすれば結局は自分に跳ね返ってくることをよく理解しない人が少なくなく、・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です