ドンファン・タイプの男はマザー・コンプレックスの犠牲者


shohousen ドンファン・タイプの男(Don Juan type)は,自分では非常に男らしいと信じているが,実際はマザー・コンプレックスの犠牲者である。子どもは通例,母親のすべてを知ってはおらず,母親は大人の関心事を子どもには知らせないようにする。それゆえに,子供は(母親について)自分に献身的で,子ども抜きの生活は持たず,人間生活に不可欠な自我(エゴ)の中心が欠けている女性という概念を持つことになる。

The Don Juan type, while it believes itself very manly, is really the victim of a mother complex. Children do not know their mother as a rule at all completely – their mothers keep their adult concerns away from the children’s notice. Children thus get a conception of a woman wholly devoted to them, having no life apart from them, destitute of that core of egoism without which life is impossible.
出典:Our Woman Haters, May 25, 1932. In:Mortals and Others, v.1 (1975)
詳細情報:http://russell-j.com/HATE-W.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。