Portal Site for Russellian in Japan


女嫌いについて(松下彰良・訳)
(1932年5月25日執筆)
Our Woman Haters

* 改訳及びHTML修正をしました。(2010.10.28)
 今回は,女を憎む男(の2つのタイプ)に関するエッセイです。('03.03.01,松下)


 我々は皆,世の中には男を憎む女がいることを知っているが,そのような女性は今では昔よりも少なくなったので,私も一人の男性としてうれしく思っている。男を憎む女たちは,男に対する憎しみを公衆の面前で披瀝し,それを最高の道徳的根拠に立って正当化し,男どもの我慢ならないうぬぼれに一撃を与えるためには,男どもにそれらの道徳的根拠を理解させなければならないと考える。しかし残念なことに,彼女らの意図はめったに実現しない。
 女を憎む男は,男を憎む女とくらべると,かなり違うタイプの人間である。彼は,男を憎む女が持っている自信と狂暴さと崇高な倫理的情熱を持ち合わせていない。彼は自分がある信条を代弁している(ある主義を主張している?)とは思っていないし,かりにそう思ったとしても,その信条はアダムとイヴが楽園を去る前に失なわれたものである(松下注:最初はこの世に男しか存在しなくて,女は男の肋骨から作られたということか?)。彼は自分が恐ろしい危険のなかを歩いているという意識から,自分の考えを自分一人のなかに閉じこめ,(女という)男を不安にさせる性(alarming sex)との接触をすべて避ける。しかし,ネズミ穴を凝視するテリア犬(獲物をねらう猟犬)のように,運命は執念深く彼を待ちかまえる。そうして,彼は50歳くらいになると病気になり,体格がよく有能な看護婦の効果的な看護を受けることになる。
 ほぼ健康を取り戻したがまだ体力がつかない時に,彼女は,「やがてお別れしないといけませんが,私が面倒を見なくなってから,あなたがどうやって行くのか想像がつきません。」と彼に言う。彼も同様にどうしてよいかわからないので,彼女と結婚することになり,彼女はそれ以後ずっと幸せに暮すことになる。
 このタイプの男(女を憎む男)は時に本を執筆する。執筆においては,彼(彼ら)は非常に荒々しく雄々しい。二ーチェ(Nietzsche, 1844-1900)はこのタイプの男であり,誰もが知っているように,彼は,第二次世界大戦を引き起こした責任があると非難されたような,血に飢えた著作家であった。彼が「女性」について書く時は,あの軽蔑されるべき性に属するすべての成員(=彼の意見)は,彼が少しでも眉をひそめると震え上がったかのように書いている。このことから,男を良く知る女ならば誰でも,実生活におけるニーチェは,女の言いなりになる怯えた男であるという結論を出すだろう。
 けれども,世の中には,女を憎むもっと複雑な別のタイプの男がいる。それは,ドンファン・タイプの男(Don Juan type)である。彼は絶えず女性の中に理想(像)を追い求め,失敗し,相手の女に欠点を見つけるやいなや,その傷ついた偶像を捨ててしまう。正直に言って,私はこのタイプの男に我慢がならない。
 男が女にとって理想(像)であるべき理由がないのに,どうして女が男にとっての理想(像)でなければならない理由があるのだろうか? 理想(像)であることは,日々の偽善と不自然な行動を強制されたつまらない骨折り仕事であるにちがいない。本物のドンファンは,女が鼻風邪(注:a cold in her head/中野氏は「風邪で頭痛」と訳されている)で苦しんだり,朝食の席で元気がないと,たちまち淑女(の理想)への信頼が粉々にされたと感ずる。彼は,これらの精神的苦痛を女性に与える罪について自分自身は無実かどうかは全く自問自答しない。
 ドンファン・タイプの男(Don Juan type)は,自分では非常に男らしいと信じているが,実際はマザー・コンプレックスの犠牲者である。子どもは通例,母親のすべてを知ってはおらず,母親は大人の関心事を子どもには知らせないようにする。それゆえに,子供は(母親について)自分に献身的で,子ども抜きの生活は持たず,人間生活に不可欠な自我(エゴ)の中心が欠けている女性という概念を持つことになる。バイロンのようなこれとはまったく反対のタイプの母親を持った人たちでさえ,文学や時代の感性から,母親の理想像や,自分が母親から得られなかった妻に対する無意識の欲求を引き出している。
 昔ほどではないにせよ,この点に関する現代の感性は誤っている。現代のドンファンたちは,時代遅れの人種であり,もはや彼らの祖先のような自信とさも満足げな悲劇的気分とともに自分の苦悩を表すことはできない。現代にはもっとふさわしい役割が別にある。精神分析家の役割が多分一番よいだろう。
[From: Mortals and Others, v.1, 1975.]

We all know the sort of woman who hates men, though as a man I rejoice that she is less common than she used to be. She proclaims her hatred on public platforms, justifies it on the highest moral ground, and considers it important that men should know of it in order that their intolerable conceit may suffer a blow - which, alas, it seldom does.
The woman-hating man is a very different type from the man-hating woman. He lacks her self-assurance, her ferocity, her lofty ethical fervour. He does not feel that he represents a cause, or, if he does, it is one that was lost before Adam and Eve left Paradise. Aware that he walks amid dreadful perils, he keeps his view to himself and shuns all contact with the alarming sex. But fate lies in waiting for him as implacably as a terrier at a rat hole : at the age of fifty or thereabouts, he falls ill and is efficiently nursed by some brawny and capable sick nurse.
When he is convalescent but still weak, she informs him that she will soon have to leave him but that she cannot imagine how he will get on without her to look after him. He cannot imagine it either; so he marries her, and she lives happily ever after.
Sometimes this type of man writes books ; when he does, they are very fierce and manly. Nietzsche belonged to this category and, as everyone knows, was such a bloodthirsty author that he was accused of having caused the Great War. When he writes about 'Woman' he writes as though whole regiments of that (in his opinion) contemptible sex trembled at his slightest frown. From this every experienced woman decides that in real life he was submissive and terrifled.
There is, however, another type of woman hater, rather more complex; this is the Don Juan type, who is perpetually seeking his ideal in woman, failing to find it, and abandoning the flawed idol as soon as he perceives the flaw. I confess I have little patience with this type.
Why should woman be an ideal to man any more than man to woman? Being an ideal must be dull work, involving daily hypocrisy and the constraint of unnatural behaviour. Your true Don Juan will find his faith in a lady shattered because she has a cold in her head or is not sprightly at breakfast; he never asks himself whether he is guiltless of these soul-shattering crimes.
The Don Juan type, while it believes itself very manly, is really the victim of a mother complex. Children do not know their mother as a rule at all completely - their mothers keep their adult concerns away from the children's notice. Children thus get a conception of a woman wholly devoted to them, having no life apart from them, destitute of that core of egoism without which life is impossible. Even those who like Byron, have mothers who are the exact opposite of all this derive from literature and current sentiment an ideal of motherhood and unconsciously desire of a wife what they have failed to obtain from a mother.
Current sentiment in this has been at fault, though it is less so than it was formerly. The Don Juans of our days are belated dence and cannot proclaim their woes with the self-confidence and gloating tragicality of their predecessors. Some other role is more suited to the modern age - perhaps that of psycho-analyst will be found the best.

★2月(前月)の言葉★格言集へ