科学者は仕事の上で幸福なので複雑な感情を持つ必要がない?


DOKUSHO2-300x372 科学者仕事の上で幸福であるが、その理由は、現代世界において科学は進歩的かつ強力であり、またその重要性は科学者自身にも一般人にも全く疑われていないからである。それゆえ--単純な感情は、障害物にぶちあたることがまったくないので--、科学者は複雑な感情を持つ必要がない。

In their work they are happy because in the modern world science is progressive and powerful, and because its importance is not doubted either by themselves or by laymen. They have therefore no necessity for complex emotions, since the simpler emotions meet with no obstacles.
出典:The Conquest of Happiness, 1930, chap. 10: Is Happiness Still Possible?
詳細情報:http://russell-j.com/beginner/HA21-020.HTM

[寸言]
このように言われると,自分の思想や感情はそんなに単純ではないと反発を覚える科学者がいるかも知れませんが、あくまでも他の職業や人文社会科科学者に比べて,相対的にそうだと言っており、あたっているでしょう。
れから、現代では,サラリーマンとしての科学技術労働者が膨大な数にのぼっていますので,ラッセルが「科学者」という言葉でイメージするものと,現代人がその言葉でイメージする内容はかなり異なっているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。