ラッセル『私の哲学の発展』第18章 「批評に対する若干の返答」その1_10


  特に、ある程度もっともらしく見えるけれども注意深い吟味(精査)には耐えられない(ところの)ひとつの議論(論証)がある。(即ち)「全てのAはBであるという形式の命題は、個々のAがBであることの経験を通してしか知ることができない、と言われている。この見解は一般命題の誤まった分析に起因するものである。いかなる個別の(個々のA)もこの「全てのAはBである」という命題の構成要素となってはおらず、従って、この命題は我々がいかなる個別のAなるものを一度も見たことがなくても、「A」という語の意味さえ知っているならば理解できる(のである)。(いや)その命題の意味を知ることができるだけでなく、その命題が真であることさえもしることができる(のである)。をあげてみよう。「誰もが今世紀の終りまで決して考えることがないであろう数は、全て1000より大きい(という例である)。」 今世紀が終るまで、この命題の真なることを示すひとつの事例(実例)を示すことは明らかに不可能ですが、誰もがこの命題(が真であること)を否定できるかわからない(=否定できるわけがない)。けれども 厳密には、このような念の入った例に限定する必要ははない。未来についての陳述で通常真と認められているものは全て、同じ原理の例となるであろう。 『航海年鑑/航海暦(The Nautical Almanack)』(注:航海士が海上にいるときに、天測航法を使用して自身の船の位置を決定する際に使用する、天体の位置が記載された刊行物)は、その出版された時には、きわめて精確な予言(予想)が多数含まれているが、水夫たち(船の乗組員たち)は、そういった理由によりその本を疑わしい形而上学の本だとは考えない。

Chapter 18: Some Replies to Criticism, n.1_10
There is one argument in particular which has a certain plausibility but cannot survive careful scrutiny. It is said that you cannot know a proposition of the form ‘all A is B’ except through experience of As which are Bs. This view is due to a false analysis of general propositions. No particular A is a constituent of the proposition ‘all A is B’ and the proposition can therefore be understood if you know the meaning of the word ‘A’ even if you have never seen an ‘A’. Not only can you know the meaning of the proposition, but you may even know that it is true. Take for example: ‘All the whole numbers which no one will have thought of before the end of the present century are greater than 1,000.’ I do not see how anybody can deny this proposition although it is clearly impossible to give an instance of its truth until the present century comes to an end. It is not however strictly necessary to confine oneself to such an elaborate illustration. Every statement about the future which is generally agreed to be true will illustrate the same principle. The Nautical Almanack at the time of its publication contains a large number of very precise prophecies, but sailors do not on that account consider it a work of questionable metaphysics.
 Source: My Philosophical Development, 1959, by Bertrand Russell      
More info.: https://russell-j.com/beginner/BR_MPD_18-120.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。