ラッセル『私の哲学の発展』第2章 私の現在の世界観 n.11


 このことの大部分は、ほとんど修正(変更)なしに、私が擁護したい理論(説)の実例として応用可能である。(即ち)私の知覚の世界における空間があり、また物理学における空間(の2種類)がある。私の知覚における空間の全体は、ライプニッツにとってと同様私にとっても、物理的空間の極くちっぽけな領域を占めるにすぎない。けれども,私の理論(説)とライプニッツの理論(説)との間には重要な相違があり、それは(その相違は)因果律(causality 因果説:全てのことには原因があるとする考え方)のについての異なる概念(考え方の違い)及び、相対性理論の導く諸帰結、に関係がある。私の考えでは,物理的世界の時空(space-time 相互に影響しあう一体としての時間+空間)の秩序は因果関係(causation)と密接な関係があり(is bound up with)、その因果関係はまた、物理的過程の非可逆性(irreversibility)と密接な関係がある。古典物理学においては全てのものは可逆的(注:一度起きた変化がまた元に戻ることができる性質)であった。もし(この宇宙の)物質の全ての断片を、以前と同じ速度で、(今の進行方向とは)逆向きに動かし始めたなら、宇宙の全歴史は、逆向きに(逆方向に)展開して行くであろう(注:ビッグバンにより宇宙は拡大しているが、逆向きにすればビッグクランチして最後には点となるはず)。(だが)現代物理学は熱力学の第二法則(the Second Law of Thermodynamics)を出発点として、この見方を熱力学においてだけでなく他のいかなる場合においても捨て去った(注:不可逆だということ)。放射性原子(注:radioactive atoms 放射能をもった原子/放射性同位元素:原子核が崩壊して何らかの放射線を放出する同位元素のこと)は崩壊し(disintegrate)、再結合すること(注: put themselves together again 再び元のように集まってひとつになること)はない。一般的に言って、物理的世界における諸過程(プロセス)は全て,原因と結果とを区別するような(一つ))方向(性)をもっており、この原因と結果との区別は古典物理学においては存在していなかったものである。物理的世界の時空の順序にはこの方向(性)のある因果律が含まれている(伴っている),と私は考える。あらゆる哲学者がぞっとする(find shocking 衝撃だと思う)ある意見(見解)を私が主張するのは、まさにこの理由に基づいている。即ち,その意見(見解)とは,人々の思考・思想は人々の頭の中(脳内)にあるというものである。星からの光は介在する空間を通り、視神経において撹乱を生じさせ,脳内の(一つの)出来事で終わる。私が主張するのは、脳内のその出来事が(一つの)視覚(a visual sensation)であるということである。私は,実際、-デカルトが用いたような,最も広義の意味で- 脳は思考から成っている,と主張する。これに対し,人々は次のように返答するだろう。「馬鹿を言うな! 私は顕微鏡(注:今なら電子顕微鏡)を通して脳(内)を見ることができ,また(しかも)脳が思考から成っておらず、ちょうど机や椅子と同じ物質から成っていることを見ることができる」。これは全くの誤まりである。あなたが顕微鏡を通して脳(内)を眺める時、あなたの目に見えるもの,はあなた自身の私的世界の一部である。 それ(あなたの私的世界の一部)は,自分が眺めている(注目している)とあなたが言う(ところの/対象の)脳から始まる長い因果の過程があなたのうちに生み出した結果(effect 影響/効果)であるあなたが眺めているとあなたが言う脳は、疑いもなく、物理的世界の一部分である。しかしそれ(物理的世界の一部)はあなたの経験における一所与(与件/データ)であるところの脳ではない(注:要するに、物理的世界と私的世界を混同するなかれ)。その私的世界の脳は物理的脳の生んだ一つの遠隔効果(a remote effect)である。そして、もし私が主張するように、物理的「時空」における事象の位置(location あり場所)が、因果関係によって影響される(運命にある)とするならば、(その場合には)あなたの知覚内容 -、それは眼や脳に向かう視神経における事象が起こった後に生ずるもの(である)- は,あなたの脳内にそのあり場所を位置づけられなければならない。私の見解(意見)が大多数の哲学者といかに異なるかは、ハドソン(H.Hudson)氏が「マインド」誌の1956年4月号に掲載した論文の表題を引用することによって例証できるかも知れない。彼の論文の表題は「何故我々は『我々の頭の中』に起る事柄を目撃したり観察したりできないのか」というものである。私が主張しているのは,我々は我々の頭の中で起こる事柄を目撃したり観察したりできるとともに,我々はそれ以外他の何ものをも決して目撃したり観察したりできない,ということである。

Chapter 2: My present view of the world, n.11 Most of this can be applied with little change to exemplify the theory that I wish to advocate. There is space in the world of my perceptions and there is space in physics. The whole of the space in my perceptions, for me as for Leibniz, occupies only a tiny region in physical space. There is, however, an important difference between my theory and that of Leibniz, which has to do with a different conception of causality and with consequences of the theory of relativity. I think that space-time order in the physical world is bound up with causation, and this, in turn, with the irreversibility of physical processes. In classical physics, everything was reversible. If you were to start every bit of matter moving backwards with the same velocity as before, the whole history of the universe would unroll itself backwards. Modern physics, starting from the Second Law of Thermo-dynamics, has abandoned this view not only in thermodynamics but also elsewhere. Radioactive atoms disintegrate and do not put themselves together again. Speaking generally, processes in the physical world all have a certain direction which makes a distinction between cause and effect that was absent in classical dynamics. I think that the space-time order of the physical world involves this directed causality. It is on this ground that I maintain an opinion which all other philosophers find shocking: namely, that people’s thoughts are in their heads. The light from a star travels over intervening space and causes a disturbance in the optic nerve ending in an occurrence in the brain. What I maintain is that the occurrence in the brain is a visual sensation. I maintain, in fact, that the brain consists of thoughts – using ‘thought’ in its widest sense, as it is used by Descartes. To this people will reply ‘Nonsense! I can see a brain through a microscope, and I can see that it does not consist of thoughts but of matter just as tables and chairs do.’ This is a sheer mistake. What you see when you look at a brain through a microscope is part of your private world. It is the effect in you of a long causal process starting from the brain that you say you are looking at. The brain that you say you are looking at is, no doubt, part of the physical world ; but this is not the brain which is a datum in your experience. That brain is a remote effect of the physical brain. And, if the location of events in physical space-time is to be effected, as I maintain, by causal relations, then your percept, which comes after events in the eye and optic nerve leading into the brain, must be located in your brain. I may illustrate how I differ from most philosophers by quoting the title of an article by Mr H. Hudson in Mind of April 1956. His article is entitled, ‘Why we cannot witness or observe what goes on “in our heads”.’ What I maintain is that we can witness or observe what goes on in our heads, and that we cannot witness or observe anything else at all.
 Source: My Philosophical Development, chap. 2,1959.  
 More info.:https://russell-j.com/beginner/BR_MPD_02-110.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。