ラッセル『宗教と科学』第10章 結論 n.1


 前述のところで、我々は,過去400年(4世紀)間における神学者と科学者との間でなされたより注目に値する闘争のいくつかについて,おおざっぱに、後を辿るとともに,今日の科学の今日の神学に対する関係を評価しようと試みてきた。我々は、コペルニクス以後の時代において、科学と神学が意見を異にする場合には,常に,科学が勝利を得たことが判明したことを,(これまで)見てきた(proved victorious)。我々は、また、魔女術(魔女の魔術)や医術におけるように、実際的な問題が関係しているところでは、科学苦痛を減少(削減)させることを支持する一方、神学人間の生来の野蛮さを助長してきたことも(これまで)見てきた。科学的な物の見方の普及は、神学的な物の見方とは反対に、疑問の余地なく、これまで、幸福(助長)に役立ってきた。  けれども、今ではこの問題は全く新しい局面に入りつつあり、そうして,それには二つの理由がある。第一の理由は、科学技術は、科学的な精神(気質)よりも、その影響においてより重要になりつつある(ということ)、第二の理由は、新しい宗教がキリスト教が(従来)占めていた位置に代わりつつあり(taking the place of Christianity)、キリスト教が(これまで)悔い改めてきた誤謬(誤)を繰返しつつある(ということ)。  科学的精神は、慎重で(用心深く)、暫定的で(仮説的で)、漸進的である。科学は、全ての真理を知っていると想像する(imagine 思う)ことはなく,また,その最上の知識さえ全面的に真理であるとは想像しない(思わない)。科学は、いかなる説(理論)も遅かれ早かれ、修正(emendation )を必要とし、その修正のためには、探求の自由や議論の自由が必要であることを知っている。しかし、理論的な科学(理論科学)から科学技術が発達してきており、そうして、科学技術は科学理論の持つ仮定性(tentativeness ためらいがちなこと;試験性)を持っていない。物理学は,今世紀の間、相対性理論及び量子論によって革命を起こしてきたが、古典物理学に基礎を置く発明は全て,いまだ満足のいくものであるとわかっている。電気の産業や日常生活への応用は -発電所・放送・電灯のようなものも含む- 60年以上前に発表されたクラーク・マックスウェルの研究に基づいている。そして、周知のように、これらの発明のどれ一つとして,マックスウェルの見解が多くの点で不十分であったからということで失敗してしまったということはなかった。こうして、科学技術を用いる実務専門家(practical experts)、また、彼らを使用する政府や大企業はなおさら,科学者とは全く異なった気質を獲得している。即ち、無限な力、尊大な確信、人的資源さえ操縦する(という)喜び(など)の意識に満ちた気質を獲得している。これは、まさに科学的精神とは正反対のものであるが,科学がそれらを助長してきたことは否定できない
Chapter 10: Conclusion, n.1 In the foregoing pages we have traced, in brief outline, some of the more notable conflicts between the theologians and the men of science during the past four centuries, and we have tried to estimate the bearing of present-day science upon present-day theology. We have seen that, in the period since Copernicus, whenever science and theology have disagreed, science has proved victorious. We have seen also that, where practical issues were involved, as in witchcraft and medicine, science has stood for the diminution of suffering, while theology has encouraged man’s natural savagery. The spread of the scientific outlook, as opposed to the theological, has indisputably made, hitherto, for happiness. The issue is now, however, entering upon a wholly new phase, and this for two reasons : first, that scientific technique is becoming more important in its effects than the scientific temper of mind ; secondly, that newer religions are taking the place of Christianity, and repeating the errors of which Christianity has repented. The scientific temper of mind is cautious, tentative, and piecemeal ; it does not imagine that it knows the whole truth, or that even its best knowledge is wholly true. It knows that every doctrine needs emendation sooner or later, and that the necessary emendation requires freedom of investigation and freedom of discussion. But out of theoretical science a scientific technique has developed, and the scientific technique has none of the tentativeness of the theory. Physics has been revolutionized during the present century by relativity and the quantum theory, but all the inventions based upon the old physics are still found satisfactory. The application of electricity to industry and daily life – including such matters as power stations, broadcasting, and electric light – is based upon the work of Clerk Maxwell, published over sixty years ago ; and none of these inventions has failed to work because, as we now know, Clerk Maxwell’s views were in many ways inadequate. Thus the practical experts who employ scientific technique, and still more the governments and large firms which employ the practical experts, acquire a quite different temper from that of the men of science : a temper full of a sense of limitless power, of arrogant certainty, and of pleasure in manipulation even of human material. This is the very reverse of the scientific temper, but it cannot be denied that science has helped to promote it.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 10: Conclusion
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_10-010.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です