ラッセル『宗教と科学』第8章 宇宙の目的 n.22


(仮に地球が1億年後に消滅するとしても)一億年もあれば,終末への準備をする時間もしばらくあるので,その間に,天文学ロケット打ち上げ技術も両方ともかなり進歩していると期待してよいだろう(訳注:”gunnery” は「砲術」であるが,それでは意味がよくわからないので,宇宙への「ロケット打ち上げ技術」のことを言っていると思われる)。 天文学者(たち)は,(今後1億年以内のうちに)居住可能な惑星を伴った別の恒星(星)を発見しているかも知れないし,ロケット打ち上げ技術者は,光(光速)に近い速さで我々(人間)をその恒星(星)に向って発射できるかも知れない。その場合には(in which case),もし(宇宙船=ロケットの)乗組員が全員若ければ,年取って死ぬ前にその恒星(にある惑星)に到達する者もいるかも知れない(可能性はある)。これは心もとない希望であるが,我々はその機会を無駄にせずに最大限利用しよう(Let us make the best of it)。  けれども -たとえ宇宙を巡回することが最も完璧な科学技術によってなされるとしても- それは(人間の)命を永遠に延長することを可能にしない熱力学の第二法則は,全体的に見ると(on the whole),エネルギーは常により集中した形態から集中度のより低い形態へと移行しつつあり,最後には,それ以上の変化が不可能な形態へと全てのものを移行させてしまうだろうと言っている(告げている)。生命は -たとえそれ以前に死滅しなかったにしても(if not before)- そうした事態が起った時には,死滅せざるをえない。もう一度,ジーンズ(の言葉)を引用するならば,「死すべきものに関してと同様に,宇宙に関しても,その唯一の可能な人生は,墓場への前進(progress)である」(注:人間と同じく宇宙にも終わりは必ずある」と言ったニュアンスか?)。これは,彼を我々のテーマにとても関係の深い(次のような)ある内省へと導く. 「ジョルダーノ・ブルーノ(Giordano Bruno, 1548-1600:ドミニコ会の修道士。有限と考えられていた宇宙は無限であると主張してコペルニクスの地動説を擁護し,自説を撤回しなかったために火刑に処せられた。)が世界の多元性(注:国家などで複数の人種・宗教・政治信条などが同時に平和的に共存すること/多元的共存)を信じて殉教してから経過してきた三世紀間(に),宇宙に関する我々の考え方はほとんど筆舌に尽くし難いほど(almost beyond description)変化してきたが,しかし(その300年は)生命の宇宙に対する関係について,我々を目に見えるほど(appreciably 認めうるほどに),より理解させるところへ連れてこなかった。我々は,いまだ,どうみても(to all appearances)非常に稀な(希少な)この生命の意味を,ただ推測できるのみである。生命(と)は,全ての創造(作用)が向かって(めがけて)動いてゆく最終的な頂点であろうか? (つまり)幾億年もの間,生物の住まない星(恒星)や星雲で物質の変化がなされ,そうして,不毛の宇宙(空間)で無駄なエネルギー放出がなされ,信じがたいほど贅沢な(extravagant)準備のみがなされてきている最終的な頂点であろうか? あるいは,それ(注:生命現象)は自然の(諸)過程の(中の)単なる偶然かつ恐らく全く重要性のない副産物であり,その自然過程には何らかの他のもっと素晴らしい目的があるのだろうか? あるいは,もっと謙虚な考え方(line of thought)をするために(するべく),我々は,生命を,物質が高温及び高頻度のエネルギー放出能力 -より若くより活力のある物質ならただちに生命を殺してしまうであろう- を失った時に,年取った物質に影響を与える病の性質のようなものとして,見なさなければならないだろうか? あるいは,(逆に)謙虚さをかなぐり捨てて,それ(生命)は唯一の実在であり,(他のものによって)創造されたのでなく,星(恒星)や星雲の巨大な塊やほとんど想像できないほど長い天文学的時間を創造する唯一の実在だと,あえて思うべきだろうか?」

Chapter 8:Cosmic Purpose , n.22
A million million years gives us some time to prepare for the end, and we may hope that in the meantime both astronomy and gunnery will have made considerable progress. The astronomers may have discovered another star with habitable planets, and the gunners may be able to fire us off to it with a speed approaching that of light, in which case, if the passengers were all young to begin with, some might arrive before dying of old age. It is perhaps a slender hope, but let us make the best of it. Cruising round the universe, however, even if it is done with the most perfect scientific skill, cannot prolong life for ever. The second law of thermodynamics tells us that, on the whole, energy is always passing from more concentrated to less concentrated forms, and that, in the end, it will have all passed into a form in which further change is impossible. When that has happened, if not before, life must cease. To quote Jeans once more, “with universes as with mortals, the only possible life is progress to the grave.” This leads him to certain reflections which are very relevant to our theme : “The three centuries which have elapsed since Giordano Bruno suffered martyrdom for believing in the plurality of worlds have changed our conception of the universe almost beyond description,almost beyond description but they have not brought us appreciably nearer to understanding the relation of life to the universe. We can still only guess as to the meaning of this life which, to all appearances, is so rare. Is it the final climax towards which the whole creation moves, for which the millions of millions of years of transformation of matter in uninhabited stars and nebulae, and of the waste of radiation in desert space, have been only an incredibly extravagant preparation? Or is it a mere accidental and possibly quite unimportant by-product of natural processes, which have some other and more stupendous end in view? Or, to glance at a still more modest line of thought, must we regard it as something of the nature of a disease, which affects matter in its old age when it has lost the high temperature and the capacity for generating high-frequency radiation with which younger and more vigorous matter would at once destroy life? Or, throwing humility aside, shall we venture to imagine that it is the only reality, which creates, instead of being created by, the colossal masses of the stars and nebulae and the almost inconceivably long vistas of astronomical time?”
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 8: Cosmic Purpose  
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_08-220.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です