ラッセル『宗教と科学』第5章 魂と肉体 n.26


 人格は,本質的に,組織化の問題である(注:荒地出版社刊の津田訳では「組織の問題」と訳出されているが,「organization」はここでは「組織化」の問題ととるべきであろう)。一定の関係によってグルーピングされた(ひとまとめにされた)一定の事象が,一人の人物(人格)を形作る。グルーピング(グループ化の実施)は記憶を含む習慣形成と結びついた因果律(causal laws 因果法則)によって行われ(is effected by),その(当該)因果律(因果法則)は肉体に依存する(依存している)。もしこのことが真理なら -またそう考える強力な科学的根拠がある- 脳の崩壊後にも人格が存続することを期待することは,クリケット・クラブがそのメンバーが全員死亡した後にも存続することを期待するようなものである(注:つまり愚かな考えである)。  私はこの議論(argument 論拠)が論争の余地のないもの(conclusive 決定的なもの)であると言うつもりはない。科学,特に科学的になり始めたばかりの心理学の将来を予見することは不可能である。(将来,)心理学の(精神の)因果作用(psychological causation)は現在の肉体依存(の状態)を脱することできるかも知れない。しかし,現在の心理学と生理学の状態では,不死への信仰は,いずれにせよ(at any rate),科学に支持を求めることは全く出来ず,また,この問題に関して今日可能な議論は,死に際して(死によって)人格が消滅することがありそうであることを指し示している(point to)。我々は死後は生存しないだろうという考えは残念に思うかも知れない。しかし,全ての迫害者や反ユダヤ主義者(Jewbaiters)や詐欺師たちが永遠に(for all eternity)存在し続けることはないだろうと考えることはひとつの慰めである。彼らは時が立てば良くなるだろうという人がいるかも知れないが,私はそのことを疑っている。

Chapter V Soul and Body, n.26
Personality is essentially a matter of organization. Certain events, grouped together by means of certain relations, form a person. The grouping is effected by means of causal laws – those connected with habit-formation, which includes memory – and the causal laws concerned depend upon the body. If this is true – and there are strong scientific grounds for thinking that it is – to expect a personality to survive the disintegration of the brain is like expecting a cricket club to survive when all its members are dead. I do not pretend that this argument is conclusive. It is impossible to foresee the future of science, particularly of psychology, which is only just beginning to be scientific. It may be that psychological causation can be freed from its present dependence on the body. But in the present state of psychology and physiology, belief in immortality can, at any rate, claim no support from science, and such arguments as are possible on the subject point to the probable extinction of personality at death. We may regret the thought that we shall not survive, but it is a comfort to think that all the persecutors and Jew-baiters and humbugs will not continue to exist for all eternity. We may be told that they would improve in time, but I doubt it.
 出典:Religion and Science, 1935, chapt. 5:
 情報源:https://russell-j.com/beginner/RS1935_05-260.HTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です